アクシブ本部ブログ

【最新】2019年度 関西大学英語 過去問分析とおすすめ参考書

「関大を受験したいです!でもどんな問題が出るかわかんなくて…」

 

「関大ってとっても人気って聞きます。どうやって勉強して対策すればいいでしょう…?」

 

あなたはこうお悩みではありませんか?

 

関西大学の人気学部でもある外国語学部では倍率が8倍にも跳ね上がる年もあり、合格のためには万全の対策をしたほうがいい学校の1つです。

 

また、関西大学の英語の特徴として、全日程・全学部で同一の形式で出題されています。

 

そのため、学部別に「関西大学の英語」のように入試対策をする必要がないのです。

 

この記事をよんで、関西大学の英語の傾向をつかみ万全の対策をしていきましょう。

【目次】

1 【最新】2019年 関西大学 英語編
2 関西大学の対策に適した参考書
3 まとめ
4 関西大学の学部ごとの偏差値

 

1 【最新】2019年 関西大学 英語編

 

それでは早速関西大学の英語についてお伝えしていきます。

関西大学の英語の特徴について簡単に伝えていきます。

 

①出題形式

出題形式は、会話文と読解問題の組み合わせた問題1問と、長文問題2題の計3題です。

 

②出題の難易度

関西大学の英語は、おおよそセンター試験前後のレベルの知識が必要になります。それぞれの大問すべてにおいて長文問題が出題されているため、一般的な私大同様読解のスピードと文全体に渡る広い内容理解が求められます。

また内容理解については、ディスコースマーカー(ThereforeやHoweverなど)の理解を意図した問題が多くありました。それらに印をつけるくせをつけると、文構造や内容理解に繋がります。常に各パラグラフを意識した読みを心がけましょう。

 

③試験時間

試験時間は90分です。速読が求められます。

 

それでは次に大問ごとの分析をみていきましょう。

 

大問ごとの分析

 

大問1  A:会話文

 

交換留学生と日本人学生の会話

 

適切な文章を選択肢の中から選ぶ空所補充問題です。

難しい単語は文章を通して使われておらず、容易に読み解けます。この文章が読めないという人は「ターゲット1400」など基本的な単語帳を覚えるところから始めると良いでしょう。文章は読めるけれど選択肢に迷うという人はチャート式などの文法参考書を使い疑問文のそれぞれの形を繰り返し読むと劇的に理解が進みます。後にオススメするスクランブルで知識の定着を確かめてからもう一度解けばかなり正答率は高くなります。

恐らく得点源なので、上を参考にしつつまずはここの対策から始めると良いでしょう。

 

大問1 B:段落整序

 

団塊世代の定年問題についての文章

 

上の内容についての段落整序問題です。

Aと同様読みやすい文章が出題されています。形式に慣れ、早く解けるようにしておきたいです。ディスコースマーカーに注意すると文構造が理解できるので、その読み進め方を強く推します。まずは逆説表現(But、However)に注目して、前後で主張が変わってる2文を見つけ出すことから始めると並び替えやすくなります。消去法で消していけば次第に選択肢が絞られ、予想しやすくなるでしょう。

 

大問2 長文読解  観光の増加による悪影響の解決策
A:空所補充

聞かれる問題は前置詞のもつ意味、時制などを中心とした文法、疑似単語の空所補充など多岐にわたりますが、いずれもセンター試験の大問2をこなせるレベルであれば対処できます。Bで、この長文の内容理解が問われるので、Aの補充だけでなく、文章を精緻に読みすすめると後々楽になります。

大問1と比べて難しい単語が多いと感じました。わからない単語は必ずあるので、その都度考えすぎてしまうと時間が足りなくなります。少し考えてわからなければ取り敢えず読み飛ばすか、少し余裕があれば自分の中で意味を仮定し読みすすめると良いでしょう。後の文章とあってなければまた候補を絞れますので、徐々に本当の意味に近づきます。

 

B:長文内容理解

分量も問題数も豊富なので、解かずに読み切ると時間のロスに繋がります。文章が87行、問題数は7問なので、大体13行に一度は問題文を読んでおくと良いでしょう。もちろんその通りに問題が配置されているとは限らないので、何年か問題を解いて感覚を掴むことが大切です。

基本に忠実な問題が多く、悪問、奇問は少ないですが、質問文も英語となっていたので驚かされることのないよう慣れておきましょう。

文構造を掴めるディスコースマーカーに注意することが攻略の鍵となります。

 

大問3  長文読解

 

第一言語習得と第二言語習得の相違点

 

主題について一言。大問3は2019年現在3年連続で言語に関わる主題の長文が出題されています。今後もこの主題が取り上げられる可能性が大きいので、それらの知識は事前に調べ、身につけておくことを推奨します。

参考までに最近は以下のような題材が出題されています。

2018年:バイリンガルであることの意義

2017年:印欧祖語の起源

 

A:指示語の内容や下線部の意味に類した内容を選ばせる問題です。知識で解くことができればそれが1番簡単ですが、出題意図としては文脈を理解して推測することだと思われますので、パラグラフごとの理解を心がければ良いでしょう。また、1文が2行や3行まで続いている大変長い文もありますので、接続語を意識して文構造を把握することが大切になります。少し読みにくい文章もありますが、必ず左から読みすすめるようにして読解スピードを落とさないようにしましょう。

 

B:大問2と同様の対策をすれば良いでしょう。大問2を解き終えたあとという事もあり読む速度が落ちて来るので、意識して読む速度を早めること、時間を気にすることが大切です。

 

2 関西大学の対策に適した参考書

 

続いてに関西大学の英語の対策に適した参考書のご紹介をします。

 

関西大学の英語を突破するために必要な参考書

 

<単語>英単語ターゲット1900

速読力を上げるには膨大な単語量が必要になります。1単語に付き1つの和訳が対応しており、右側にはその単語を使った文章が用意されているのでとても覚えやすい仕組みになっています。関西大学はそこまで難解な単語が多くないので、これを完璧に覚えれば長文で知らない単語に詰まるということはなくなります。何周も繰り返し完璧に仕上げられるようにしましょう。

 

<熟語>英熟語Always1001

英語表現の授業でよく見る熟語から難関大学に出るような難しい熟語まで幅広くカバーしています。最初の方は多くの受験者が知っていると思うので、自分の知らない熟語が出た章からすると効率的です。熟語は覚える人が少ないのでやるかやらないかで大きな差が開きます。

 

<文法>スクランブル英文法・語法basicか4th Edition

関西大学の英語は、センター試験のように大問構成の中に文法の大問があるというわけではありません。しかし、大問2や3のA問題では文法の知識を問う問題が多く出題されており、長文を読む上でも文法知識は必要になってきます。この参考書は、分野関係なく問題がランダムに出されているので、より実践に即した勉強をすることが可能になります。

 

<長文> やっておきたい英語長文700 (河合塾)

関西大学は、700語前後の長文が2題出されます。同量の長文を読み込んでおくことでペースを確認することができ、入試の対策に直結します。文章の難易度もちょうど関関同立レベルの参考書として出版されているので、過不足のない程よい対策ができます。

 

3 まとめ

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

最後に今回の記事をまとめます。

 

①関西大学の英語は、センターレベルの出題であり、長文が多数出題するため、速読力が求められます。

 

②関西大学の英語の対策として、英熟語・英単語の対策をした上で、長文をたくさん読む機会をつくるとよいでしょう。

 

もし今の英語力に自信がなかったとしても、合格に必要な点数から逆算して計画的に勉強すれば、確実に合格へと近づくことができます。

 

一人で勉強するのは難しい、どう対策していいかわからない等でお困りでしたら、ぜひアクシブアカデミーまでお問い合わせください。

相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

アクシブアカデミー 大学受験向けの学習管理予備校

 

4 関西大学の学部ごとの偏差値

 

関西大学の学部と偏差値の一覧です。

    • 文学部      56
    • 外国語学部    58
    • 法学部      55
    • 政策創造学部   53
    • 経済学部     54
    • 商学部      54
    • 社会学部     52〜53
    • 総合情報学部   53
    • 社会安全学部   51
    • システム理工学部 51
    • 化学生命工学部  52〜54
    • 環境都市工学部  52〜53
    • 人間健康学部   51

入試情報の最新情報はこちら

 

 

大学受験の受験相談はこちら

来校しての受験相談は下記をクリック

大学受験の塾ならアクシブアカデミー

会社名 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
TEL 0120-542-250
URL  https://axivacademy.com/
教室