現代文のおすすめ参考書

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『入試漢字マスター1800+ 三訂版』 (河合出版)

こんな生徒におすすめ

・入試で現代文を受験するすべての生徒

特徴

受験に必要十分な漢字力が身につく

問題数が豊富で、書き取り、読み取り問題に加えセンター試験対策問題や四字熟語なども収録されており、本書をマスターすれば大学合格に十分な漢字の力が身につくだろう。また、すべての語に意味が明記されているので、漢字力と一緒に語彙力アップも見込める。

使い方と注意点

使い方① ~基本的な使い方~
本書では重要な順に章が並べられているため、最初から順に学習するとよい。その際漢字だけでなく併記されている意味や派生語も確認すること。書き取りの学習においては正確に書けるようにすることが大切であるため常に手を動かして学習すること。また、読み取り問題のうち常用漢字のものは、書き取りとして出題されることも多いので、書けるようにしておこう。漢字の学習においては反復が最も重要である。チェック欄をうまく活用しながら何度も繰り返し学習してほしい。
使い方② ~センター試験対策重視~
センター試験対策のために使用する生徒は、下記の順で進めるとよいだろう。
①書き取り A・B ②センター試験対策問題 ③書き取り C
④読み A・B および四字熟語 A・B
特にセンター試験対策問題においては、正解の漢字を選べるようにするだけでなく、他の選択肢すべての漢字を書けるようにしておきたい。前述のように、漢字学習は反復が大切なので、書けない漢字や読めない漢字はチェックしておいて、完璧に覚えるまで繰り返し学習してほしい。

データ

No

31018

科目

現代文・セ現代文

タイプ

インプット

レベル

2次● 30-82 セ ● 40-100

目安時間

第1 章 11 時間 第 2~4 章 各3 時間

1周突破時間

標 20h  速 15h  遅 20h

最低周回数

1

 
現代文のおすすめ参考書の参考書一覧を見る