英語

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『灘高キムタツの センター試験 英語リスニング 合格の法則[実践編]』(アルク)

こんな生徒におすすめ

・センターリスニング対策をしたい生徒

特徴

センター試験後半部分に特化

本書はセンター試験のリスニングの中でも、ニュースや空港のアナウンス、留守電など一人だけが話すもののみを収録している。Chapter1がセンター大問4A、Chapter2がセンター大問4Bを意識して作られており、それぞれの学習ポイントが設定されている。

3S*

本書はStructure(構造)・Sense(意味)・Sound(発音)の3つの理解を核に置いている。和訳問題と違ってリスニング問題は話された英語をリアルタイムで理解していかなくてはならないので、3Sのマスターがカギとなってくるだろう。

使い方と注意点

はじめにその日の学習ポイントを確認し、それを意識した上で問題を解いていく。解き終わったらスクリプトを確認して自分が聞き取れなかった部分を確認し、3Sの解説も丁寧に読む。すべての問題が終わったら、ディクテーション、シャドーイングなどで必ず復習しよう。

データ

No

17002

科目

英語・セ英語

タイプ

問題集

レベル

2次● 58-70 セ● 58-100

目安時間

10単位×60分

1周突破時間

標 10h 速 10h 遅 10h

最低周回数

1

 
英語の参考書一覧を見る