世界史

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『詳説世界史 改訂版』(山川出版社)

こんな生徒におすすめ

・教科書のコンパクトな記述が好きな生徒
・2次試験で論述がある生徒

特徴

コンパクトにまとまった文章

本書のような教科書の文体は初見ではとっつきにくく感じられるかもしれないが、実はコンパクトにまとま っていて優れたものである。実際の入試の論述でそのま ま使えるような表現もあり、学習が進めば進むほど本書の素晴らしさに気づくであろう。

センター試験から2次試験まで対応可能

受験で出題される問題はほとんどすべて本書に載っている事柄であり、本書は受験世界史のスタンダードと言って差し支えない。そのため本書は、世界史をセンター試験で使うだけの生徒から難関大学の2次試験で高得点を狙う生徒まで、あらゆる層の受験生に適した教材である。

使い方と注意点

本書を初めて読む生徒はまず因果関係を意識しながら読み進める。本書はよく読むと因果関係がしっかり書かれているが、適当に読み流してしまうと全く理解できないので注意が必要である。またわからない単語を「世界史用語集」で調べたり、「ヒストリカ」を見て図を確認したりするなど、様々な面から学習を進めてほしい。
学習が進んだ生徒は教科書の一文一文が頭に入るようにじっくり読み進めてほしい。上記したように論述で本書の表現がそのまま使えることもあるので、表現を盗むつもりで何度も繰り返し読んでほしい。

⚠どうしても本書がとっつきにくいという生徒は「ナビゲーター世界史」を使用してもよい。

データ

No

51003

科目

世界史・セ世界史

タイプ

理解本

レベル

2次○ 60-100 セ○ 60-100

目安時間

16 章×150 分

1周突破時間

標 40h 速 35h 遅 45h

最低周回数

2

 
世界史の参考書一覧を見る