世界史

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『改訂第 2 版 センター試験 世界史 B の点数が面白いほどとれる本』(KADOKAWA)

こんな生徒におすすめ

・物語性ある記述が好きな生徒
・世界史の流れがなかなか掴めない生徒

特徴

物語性を重視している

世間に流布している世界史の参考書は、世界史をただの暗記と捉え、闇雲に用語を覚えさせようとするものばかりである。そういった学習を続けると、世界史の学習が嫌いになるためオススメできない。
翻って本書は物語性を重視した記述をしているため、歴史の流れが掴みやすく、用語も自然と頭に入ってくるようになっている。

センター試験以上のレベルにも対応できる

本書はタイトルに「センター試験」と入っているため、 センター試験までしか対応できないと思われがちである。しかし、中身を見てみると内容が充実しており、2次試験にも十分対応できることがわかる。そのため、上位の大学を受けるような生徒にも十分オススメできる1冊となっている。

使い方と注意点

上記した通り、物語性を重視して書かれていることに加え、図も適宜挿入されているので、スラスラ読み進められるだろう。まずは流れを掴めるように因果関係を重視しながら読んでいく。
流れが掴めた生徒は、赤字や太字になっている重要な語句や出来事を暗記していく。これらの事項は、センター試験はもちろん 2 次試験でも必須の知識である。
ある程度インプットを済ませた後は問題集でアウトプットを行い、覚えていなかったところや理解が曖昧だったところを中心に復習する。
このようにインプットとアウトプットを繰り返すことで、記憶を定着させていく。

データ

No

51005

科目

世界史・セ世界史

タイプ

理解本

レベル

2次○ 60-100 セ○ 60-100

目安時間

8 章×300 分

1周突破時間

標 40h 速 35h 遅 45h

最低周回数

2

 
世界史の参考書一覧を見る