世界史

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『段階式 世界史論述のトレーニング』(Z会)

こんな生徒におすすめ

・段階的に論述の字数を増やしていきたい生徒
・2次試験で論述が出題される生徒

特徴

序章で論述の基礎を解説している

本書は論述問題の基礎知識、入門編、実力養成編、実践演習編①、実践演習編②の5章構成になっている。序章である論述問題の基礎知識には論述問題の種類、解答作成の手順、解答のルールといった論述の基礎が解説されているため、論述初心者に限らずこの章をしっかり学んでから学習をスタートさせるとその後の学習がスムーズであろう。

論述の頻出テーマを網羅している*

本書は論述の頻出テーマを網羅しているため、入試でも似たような問題が出る可能性がある。本書をマスターすることが論述攻略への第一歩である。

小論述から大論述まで段階的に取り組める

本書は章を追うごとに字数が増えていくため、論述に初めて取り組む生徒でも無理なく論述力を磨くことができる。

使い方と注意点

まず序章を読んで論述の解き方を学ぶ。その後は50
~90字の論述で論述に慣れ、100~180字で論述力を養い、最終的には実戦演習編で200字を越える問題に取り組むことで本格的な論述力を磨いていく。
問題を解く際は何も見ずに自分の手で解答を書き上げる。そうすることで徐々に字数感覚や回答の書き方が身についてくる。問題を解いた後は答案作成のポイントを確認し、解答に必要な要素が自分の作成した解答にどれだけ不足していたかを把握しよう。その後は解答の文章を丸々暗記してみるのもよい。本書が扱っている問題はいずれも頻出テーマであるため、本書と似た問題が入試で出題される可能性もあるし、暗記することでそのテーマの知識を整理することにもなるからである。

データ

No

51009

科目

世界史

タイプ

問題集

レベル

2次● 82-100

目安時間

75 例題×30 分

1周突破時間

標 40h 速 35h 遅 45h

最低周回数

1

 
世界史の参考書一覧を見る