世界史

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『流れ図 世界史図録 ヒストリカ 新訂版』(山川出版社)

こんな生徒におすすめ

・世界史を受験するすべての生徒

特徴

わかりやすい流れ図が載っている

本書は資料集でありながら、左のページに歴史の流れが一目でわかる流れ図が載っているのが最大の特徴である。この流れ図に、他の参考書や問題集で学んだことを集約させていくことが推奨する世界史学習の方法である。自分が学んだことを1冊に集約すると知識が整理され、なおかつ復習もしやすくなる。手間を惜しまず自分だけの1冊を作り上げてほしい。

イラストや地図が豊富

世界史学習においては地図やイラストも一緒に勉強することが必要である。なぜならセンター試験では地図やイラストを用いた出題があるし、何よりも文章だけでは内容が頭に入ってこないからである。地図やイラストも一緒に学習することで記憶の定着度合いが格段に変わってくるので、ぜひ試してみてほしい。

使い方と注意点

上記のように本書の流れ図に学んだことを集約させていくことが推奨する世界史学習法なので、目指す大学や現在の自分のレベルなどに関わらず、他の参考書や問題集で学んだことはどんどん本書に書き込んでいってほしい。
また文化史を学習する際は特に本書を参照してほしい。文化史は覚えることが多く、混乱してしまいがちな分野なので、本書のような資料集を用いて視覚的に勉強することが重要だからである。

データ

No

51011

科目

世界史・セ世界史

タイプ

理解本・資料集

レベル

2次□ 0-100 セ□ 0-100

目安時間

なし

1周突破時間

なし

最低周回数

なし

 
世界史の参考書一覧を見る