アクシブアカデミーが教えたいもの

アクシブアカデミーが教えたいもの

アクシブアカデミーは塾生には自分の限界が思っている以上のところにあることを知ってもらいたいと考えています。ほとんどの生徒は自分や学校の先生、保護者様の意見で限界を決めてしまいます。しかし、本当に眠っているその生徒の力はもっともっと高いケースがほとんどです。それを大学受験というチャレンジできる場で自分の限界を破って自分の中での世界を変えてほしいと思っています。

人生を変えるために必要なこと

大学受験を通して人生を変えることはできます。偏差値の高い大学に行くことが良いことかどうかはわかりません。しかし、現在の日本では偏差値が高い大学を卒業した方がそうでない大学を卒業した人より就職や将来の選択肢は広がります。低いより高い方が圧倒的に多いです。看護師になりたい、保育士になりたいなど夢が決まっている生徒はそのための進路を取ればいいですが、まだいろいろな進路で迷っている生徒はまず頑張って、大学受験で勝ち組と言われる大学に行くことで人生をよりよいものにしてもらいたいと考えています。今、受験生が人生を変えることで必要なことは、大学受験に本気で立ち向かうことなのです。

社会人になっても必要な力をつけたい

社会人になると大学受験より大変なことはたくさんでてきます。勉強もしなければいけないですし、会社に貢献するために結果を出さなければならなくなります。そんな中で、大学受験を本気でがんばった生徒はその時の記憶があり、自分はまだまだ頑張れると考えるようになれます。そうすると、仕事でも大切なところで踏ん張りがきき、よい結果をもたらすことができるでしょう。また、アクシブアカデミー校が教える逆算思考の考え方は社会人になって非常に重要な能力ですので、この大学受験を通じてしっかり身につけてもらいたいと思います。

逆算思考はなぜ、社会人になっても必要か?

逆算思考は目標を達成させるために必要な能力です。たとえば、営業の目標が1億円という会社の営業マンになったとしたら、その1億円を達成するためには何件の受注が必要なのか、そのためには何件のアポイントを取らなければならないのか、そのためには何件の電話をしなければならないのかなど1億円達成のために、今何するべきなのかを逆算して考える癖が必要です。この癖さえあれば社会人になったときに同期の中で頭一つとびぬけることができるでしょう。アクシブアカデミー校が教える大学受験の勉強法はこの逆算思考がベースです。アクシブアカデミーで一緒に大学受験に立ち向かっている間に勝手に将来必要な能力が身に付くため一石二鳥となります。ただ単に勉強だけ教える塾になりたくないという想いもアクシブアカデミーにはあるためそのようなことを意識しています。