アクシブアカデミー茨木校

ブログ

指定校推薦、公募推薦そして総合型選抜の利用について

指定校推薦、公募推薦そして

総合型選抜の利用について

 

まず、私大入試の大雑把な比率です

国公立は一般入試がメインになります

一般入試 44%

総合選抜型入試 12%(AO入試)

推薦入試 42%

※2020年文部省のデーターより

実は、一般入試の比率は半分もないのが現状です

 

一般入試と何が違うのか?

そして、指定校推薦が合格率も高く

一番良いと思っていませんか?

 

◆指定校推薦

将来○○の職業になりたい、その為に資格が…知識が…

必要で△△学部に入らないとダメなので…

または、□□大学に入りたいから…

など、明確な大学進学に対して明確な希望が有る場合で

 

通っている高校が、希望大学の指定校枠が有る場合には

指定校推薦での受験が出来るようなら、

合格可能性が限りなく高い受験方法なのでお勧めいたします

※指定校受験については、過去ブログにて詳しく記載が有ります

 

逆に、専願になるので

他に行きたい大学が有るけれど…、

高校3年途中からやりたい事が見つかっても

別の大学へ変更が出来ないので、

後で後悔する可能性も有ります

 

◆総合型選抜

必ずしも、学力優先のテストではなく、

学校が求めている人物像(受験要領等に記載)

何か高校で頑張っていた方、資格等を取得した方、将来に向けた

ビジョンを強くお持ちの方は、一般入試では若干難しい大学でも

受験をされてみるのは良いと思います

 

面接試験を多くの大学が採用しており、

学力以上に人物像を重視する大学が多いです

しかも、受験資格も推薦比較で緩い大学が多く

有効倍率も、大学によっては低い事も…

 

そして、1番の利点は、試験時期が早い大学が多く

不合格でも、他の試験方法・大学での

受験が受けられることです

 

◆公募推薦

指定校推薦と異なり、

誰でも受験資格(条件)さえ

有れば受験可能です

成績の評定平均値4.0以上とか、

英検2級以上取得とか、大学によって条件が異なります

 

公募推薦の良い部分は、指定校推薦と異なり

受験条件が合えば、好きな大学を受験できる事

 

一般入試と異なり

受験の申し込みに条件が有る為に

その為、受験者が絞られ(少なくなって)

大学によっては有効倍率がとても低い場合も有ります

 

過去の試験別の受験者数、合格人数等を記載している

大学も有りますので調べてみる事は重要です

 

倍率が低ければ、一般受験より試験日程も早い場合が多く

受験をお勧めします

 

まとめると、

大学により異なりますが

全国的に私大入試は一般入試と同じ位の人数が

それ以外の選抜方法例えば、

推薦、総合選抜等で合格している事実が有る

 

大学によっては試験別の過去の受

験者数、合格者数、倍率等が

HPにて参照できるので確認して

推薦等が有利ならまずは、

推薦(総合選抜)から受験する事

 

指定校推薦は、ほぼ合格する受験方法だが、

他の大学に変更は不可能なので

自分が行きたい大学/学部なのか?

学校に指定校の枠が有るのか?

自分は学校からその枠をもらう事が可能なか?

総合的に判断して受験するか決める事

 

本日は以上です

 

「変わりたい」を叶えるなら

無料受験相談はこちら

短期間で圧倒的に、学習時間と学習効率を飛躍的に伸ばしたい方は
各校舎で実践している無料受験相談にお越しください。
受験のプロであるコーチがあなたの受験勉強を様々な角度からアドバイスします。