LINEでお問い合わせ 24時間受付中/年中無休
お問い合わせはこちら
AXIV ACADEMY YouTube予備校

1人1人のサポートがしっかりしてるアクシブに転塾したから合格できた

名 前ミツキさん
進学先関西大学

『意味あるのかな?』不安な時期もあった

 

―――合格おめでとうございます。一般での同志社と関西大学を受けましたが、最終的に合格した関西大学に進学することになりましたね。今の率直な気持ちはどうですか?

「合格して時間は経っているけど、周りに受験が終わっていない子が多いから、あまり実感がないです。家族が毎日何回も『すごいね、頑張ったね』って言ってくれるので頑張ったんだなって思います。合格して安心しました」

 

―――受験はどうでしたか?

「時間が経つのが早かったです。最初は長いと思ってたんですけど、夏休みぐらいからがメッチャ早くて。長いようであっという間でした」

 

―――つらかったことはありますか?

「夏休みが一番つらかったです。長期間だからこそ、ずっと同じことをしないといけなくて、勉強が流れ作業みたいになっちゃったんです。『この勉強をしていて意味あるのかな?』みたいな気持ちがずっとあって、不安がどんどん膨らみました。周りの子がどんな状況か分からないんですよね。でも、塾内で友達ができたので解決しました。

 

受験は団体戦って言われるけど、結局受けるのは自分なので個人戦だと思っています。でも、周りのサポートは必要です。特にメンタル的な面でのサポートは大事だと実感しました」

 

―――サポートのありがたさを実感したと話してくれましたが、モチベーションはどうやって保っていましたか?

「家族と仲がいいので、塾では勉強に集中して家で気持ちを休めていました。家にいるときは勉強の話もしますが、家族とその日にあった出来事の話をして楽しく過ごせたので、家族の存在は大きかったです。ストレスがあまり溜まらなかったのは本当に良かったと思います。家族の支えは大きかったです。受験は長い戦いなので、1人ではやっていけませんでした」

 

過去問を解いて自信に繋げる

 

―――これで成績が上がったなとか、ここですごく頑張ろうと思ったみたいなターニングポイントはありましたか?

「過去問を解き始めたことがターニングポイントです。夏休み辺りまでは基本的な勉強をずっと続けていたので、自分の実力が分からなくて不安になっていたんです。過去問を解いて実際に点数が出たときは『これくらい取れるんだ』っていう自信にもなりました。過去問は点数が目に見える形で出るので、自分の立ち位置を知るためにも大事ですね」

 

―――ラストスパートの勉強時間は200時間を超えていますね。本当によく頑張ったと思います。

「そんなふうに統計としてデータを取ってくれているのは、アクシブのいいところですよね(笑)。

 

公募が受かったからといって勉強時間が減るんじゃなくて、一般で同志社大学に合格したい気持ちが強くなりました。『ここでは終われない』っていう感じで、逆に燃えました。結果的にいい受験ができたので良かったです。気持ちの面でマイナスにいくことはありませんでした。人生の中で、今が一番賢いと思います」

 

志望校を国公立から私立へ

 

―――アクシブに入塾したのはいつですか?

「高校2年生の2月です。アクシブに入る前、志望校は国公立でした。でも、アクシブの最初の面談で、数学が心配だから私立のレベルの高いところに行った方がいいっていう話になりました。なので、入塾のときに私立に転換しました。アクシブに入らなかったら、そのまま無理に国公立を目指しています。大きな分岐点になりました」

 

―――アクシブと一緒に志望校を改めて決めたということですか?

「そうです。受験戦略的な考え方は兄弟がいるわけでもないので、自分も家族も何も分かっていませんでした。戦略面は塾に頼るしかなくて、いろいろ勧めてもらえて良かったと思います。前の塾は生徒1人1人に対してのサポートがちゃんとしていませんでした。私は計画的に決めてそれどおりに進めていくタイプなので、アクシブで面談をして合格までのルートを最初から決めてもらったのはいいなと思っています。

 

大学についての知識が本当になくて、分からないことがありますかって聞かれても何が分からないか分からない状態で。どうしていいのか分からないことが多くて手に付かないみたいな感じでした。そこをいろんな角度から情報を教えてもらえたので良かったと思っています」

 

自習室で有意義な時間を過ごす

 

―――他にアクシブで良かったことはありますか?

「自習室の環境がちゃんと整っていて、メインになっています。一般的な塾では授業がメインで、あまり自分で勉強する気になれないこともあると思うんですけど。アクシブは自習室の環境が充実しているので、自分で勉強する気になれます。定期的に面談をしながら、過去問を解いて実力を確認することができます。勉強に気持ちが向く有意義な時間になるのでオススメです」

 

―――先生はどんな感じでしたか?

「先生とは仲良くできたと思います。フレンドリーで大学生活の話とかも教えくれました。身近に考えてくれる、寄り添ってくれるのがすごく良かったです。自分がどれくらい進んでいるのか自分で整理できなかったのを一緒にしてくれるところがいいと思います」

 

受験生にメッセージ

 

―――これから受験していく子たちに対して、どんなアドバイスをしたいですか?

「頼れるものには頼った方がいいです。1人で抱え込むのではなく、家族や学校でも自分が話せる人を作っておくべき。情報量は大事なので、いろんな人に頼っておいた方がいいと思います。

 

勉強してないときも周りの環境は大事です。勉強ばかりになるとしんどいので、気持ちがリラックスできる時間を絶対に持っておくべきだと思います。勉強以外の居場所を作っておくことをオススメします。

 

大学受験は大変だと前から知っていたけど、自分の身になってみて、やっぱりすごく大変だなって思いました。周りの環境も自分の意思も全部重要なんですよ。周りの環境も大事ですが、最終的に受けるのは自分です。『自分、頑張ったな』って思えて、後悔なく終われたことは本当に良かった。塾を変えて、アクシブで自分に合った勉強スタイルを確立できたから最後まで続けてこれたと思います」

 

―――ありがとうございます!受験お疲れさまでした。これからも応援しているので頑張ってくださいね!

変わりたい。を叶える

学習時間と学習効率を飛躍的に伸ばしたい方は、無料体験にお越しください。
担任コーチと専属トレーナーのサポートで、あなたの努力とその効果を拡張していきます。

まずは無料体験へ