コラム

高2の今から早慶に合格する勉強法

高2から大学受験勉強を始めれば早慶に十分合格できます!

大学受験で出題される範囲は、高2までの内容が多くなっているのが特徴になります。高3になってから受験勉強をスタートする人もいますが、早慶を志望校とする場合は少し遅くなるので注意が必要です。

その点、高2から受験勉強をスタートさせれば、早稲田や慶應といった難関大学でも十分に合格することが可能になります。早稲田大学レベルになると、受験で出題される内容は非常に難しくなるのが大きな特徴です。問題内容が難しくはなりますが、この時期までの勉強法として大切になることは基礎学力の確保になります。

中学校の学習はもちろん、高1までの基礎的な内容をきちんと理解さえておくことが重要です。基礎的な学力を定着させ、少しずつ早慶などに合わせて問題内容を難しいものにしていく勉強法を進めるようにします。

 

始めるときに早稲田か慶應かのどちらを志望するか決めよう

高2から受験勉強をスタートさせる場合は、早稲田大学と慶應大学のどちらを受験するのかを決めることが重要になってきます。早慶のどちらの学校も、日本を代表するような難関大学です。入試で出題される問題も、大変難しいものが多くなるのが特徴になります。

入学大学によって将来の就職先なども変わってくるため、自分の希望する会社やなどに採用されやすい方を選ぶことも必要です。早稲田や慶應に限らず、受験する大学によって出題傾向が変わってくることが少なくありません。

第一志望とする大学に合わせて学習を進めることも、合格するためには大切になる勉強法です。志望校を決定しておくとモチベーションが上がってくるので、受験勉強に取り組みやすくなるのもメリットになります。

 

早稲田は一般受験がメインの対策

早稲田大学の一般入試は受験をする学部や学科によって異なりますが、入試科目は3教科になるのが大きな特徴です。入試科目が3教科になるため、得意不得意によって得点に大きな差が出てくるので注意が必要になります。

文系の学部を受験する場合は、外国語と国語に加えて社会と数学から選択するのが特徴です。理系の学部では、外国語と数学と理科の3教科で受験することになります。理系を受験する人ではなく文系を志望する場合も、数学を選択できるのが早稲田大学の特徴です。

社会が苦手な人でも数学が得意なら、高2までに基礎的な内容をしっかりとマスターしておくことが大切な勉強法になります。慶應大学の文系を志望する人も、数学を含めた3教科で受験できる学部が多くなるのが特徴です。早慶を両方とも志望する場合は、社会ではなく理系の学習を進めておく方が受験勉強を進めやすくすることができます。

 

慶應は小論文などの対策が不可欠

早稲田大学と慶應大学の両方を希望している場合は、小論文の対策をしっかりと進めておくことが大切な勉強法です。慶應大学には、早稲田大学にはない小論文が受験科目として設定されているのが特徴になります。

早慶を志望している人は、必ず小論文の対策をしておくことが重要です。特に文系の学部では小論文の配点が多くなっているため、合格するためには書く力を身につけておかなければいけません。

高2から学習をスタートする場合は、日頃から日常生活などで発生している事柄に興味を持つことが大切です。小論文のテストで重要になることは、他の教科とは異なり知識だけでは高得点を取ることが難しくなります。出題された論点からずれてしまわないように、日頃からニュースを見たり読書などをしておくことが勉強法として必要です。

 

こだわりがなければ早稲田大学を目指す方がつぶしがきく

慶應大学よりも在籍している学生が多様で、就職先にもそれが色濃く表れています。どちらの大学も日本を代表する学校として有名で、成績の優秀な学生が多く在籍しているのが特徴です。

一般的にはどちらの大学も成績がよいというイメージで、早稲田大学にはバンカラといったことを思い浮かべる人が多くなります。早慶の両大学を比較すると、お金持ちというイメージを慶應大学から受ける人が少なくありません。お金持ちで勉強ができるといったものに比べ、真面目で柔軟性がありそうだと思い浮かべる人が大勢いるのが特徴です。様々な職種に就職しており、柔軟性が高くなると言うことが可能になります。

高2から学習をスタートする時に希望する就職先などがしっかりと決まっていない場合、つぶしがきく早稲田を目指すのも大切な勉強法です。

 

最低MARCHには合格したいと考えるなら目指すのは小論文などがない早稲田一択

早慶のような私立トップ校あるいはMARCHへの合格を目指す高校生にとって勉強のやり方はつねに悩みの種です。私立上位大としてひとまとめにされがちなこれらですが、このレベルに受かっておきたいと考える方にとって狙い目なのは、実は「早稲田」になります。慶應と並んでトップ校であり、簡単でないイメージがありますが推薦やセンター利用入試など入試の形態が豊富なうえに小論文がないのが狙いやすい理由です。

小論文は勉強に時間がかかり、苦手な人にはなかなか伸びにくいため現在高2の方であればよほどぴったりの勉強法を見つけないと難しものですから、これを避けて他の教科に注力するほうが効率的です。「ものすごく小論文が得意だ」という方でなければ早稲田のほうがおすすめと言えます。

 

早稲田と慶應は受験科目が違うため一緒に目指しにくいことは知っておくこと

「早慶」とまとめられるように、早稲田と慶應は日本の私立大学のトップとして知名度や難易度ともに高いものを誇り卒業生もそうそうたる顔ぶれです。しかしながら、純粋に受験ということを考えるとこの二つを同時に志望するのは意外に難しいというのはあまり知られていません。

早稲田にしても慶応にしても各教科のレベルが高いと同時に独自色(歴史で非常にマニアックな出題が多い、英語の文法の比率が低いなど)があるため、レベルが同じくらいだからと早慶を一緒に目指すのはあまり効率が良くないのです。

現在高2の方であれば、メインをどちらか一方にきちんと絞って勉強法を見直し、本番に向けて準備を進めるのが賢いやり方と言えるでしょう。

 

早慶に合格することは簡単ではないため、早めの対策が重要

ほぼ全入時代となり、一部のエリートのみのものではなくなった大学ですがそれでも一部の難関校は決して簡単に入れるわけではありません。私立のトップに君臨する早慶は国公立に比べ教科数は少ないものの、難易度も高く一般受験は依然として狭き門のままです。勉強法によって効率に差は出るものの、やはり早めの対策をしておかないと間に合わない部分は出てきます。

早稲田にしろ慶應にしろ、ほぼ「英語」は全学部で避けることができませんし英文法は積み重ねが大切ですから詰め込み式ではなかなか通じません。理系の学部志望であれば「数学」も同じように積み重ねの教科なので、遅くとも高2くらいまでには自分に合った勉強法で対策を始めておく必要があります。

 

早慶は日本最難関の私大であるが高2からの受験勉強を始めれば逆転合格は十分可能!

早慶に一般受験で合格するには膨大な知識量と、英語や数学などの小中学校時代からの地道な積み重ねが必要です。とはいえ、ごく普通に学校の授業を受けていた方であれば高2からしっかりと受験に向けた準備を始めれば間に合わないということはありません。そもそも、高2までの全国模試の結果などはまだ皆が「受験モード」に入っていないだけにそれほど参考にならないもので、その成績が悪くてもあきらめることはないのです。

早稲田でも、慶應でも、それぞれの学校や学部に焦点を合わせた勉強法を見つけて一段ずつステップをのぼっていけば十分に逆転合格の目はあります。大切なのは、目標をしっかりと決めてから専門のノウハウを持ったところの力を借りることです。

 

高2から早慶に合格するための勉強法のまとめ

現在の全国模試の結果早慶はE判定だったとしても、決してあきらめることはありません。早稲田も慶應も入学者をかなり大量にとりますし、それぞれの学部で入試の傾向ははっきりしていますので専門家のアドバイスの力を借りながら対策をとることで高2からでも十分に合格の実力を身につけることができます。

注意したいのは、早稲田も慶應も両方狙ってしまうことで、対策が異なるため学習の効率が落ちてしまう危険もありますので可能な限り第一志望を絞り込んでそこに時間と集中力をつぎこむほうが良いでしょう。

志望校に合った勉強法によって、漫然と勉強している何倍もの効率で合格に近づくことができます。高2であればまだ間に合うので、勉強法をしっかりと固めるところから始めましょう。

大学受験の受験相談はこちら

来校しての受験相談は下記をクリック

大学受験の塾ならアクシブアカデミー

会社名 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
教室所在地 千川校
〒171-0043東京都豊島区要町3丁目9–7千川三原ビル2F
詳細はこちら
梅島校
〒121-0816 東京都足立区梅島1丁目12−6 高橋ビル2F
詳細はこちら
東陽町校
〒135-0016 東京都江東区東陽3丁目27−32 玉河ビル6階
詳細はこちら
田原校
〒441-3421 愛知県田原市田原町新清谷 田原町新清谷102−1 田原プラザ 2階
詳細はこちら
宝塚校
〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町3丁目6-7栄ビル
詳細はこちら
学園前校
〒631-0036 奈良市学園北1-15-26 ニューロータリー一番館2階
詳細はこちら
アクシブオンライン校
〒113-0033 東京都 文京区 本郷4-1-3-明和本郷ビル4F
詳細はこちら
TEL 0120-542-250
校舎mail 【千川校】senkawa@axiv-academy.com
【梅島校】umejima@axiv-academy.com
【東陽町校】toyocho@axiv-academy.com
【田原校】tahara@axiv-academy.com
【宝塚校】takarazuka@axiv-academy.com
【学園前校】gakuenmae@axiv-academy.com
【アクシブオンライン校】axiv-online@axivision.co.jp
URL  https://axivacademy.com/