今回の内容

学歴ロンダリングの内容と活用シーンを解説します。

チャンネル概要

アクシブYouTube予備校は全国に教室のある「逆転合格できる塾・予備校No1」に選ばれたアクシブアカデミーが運営するYouTubeチャンネルです。毎日18時に更新していきます。

文字で読みたい方はこちら!

鈴木
鈴木
こんにちは、アクシブの鈴木です。
こんにちは、アクシブの朝倉です。ゆうじ先生、突撃LINE受験相談っていうのをしておりますが、やっていきましょう今日も。高校生からですけどね、学歴ロンダリングって何?っていう質問が来ておりまして。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
学んじゃったんですね。
学んじゃったんでしょうね。ちょっとなんか届かないなと思ったんでしょうかね、行きたい大学に。編入とか大学院とか色々あると思うんですけど、大学受験で志望大学に行くっていうところは目指しながらも、第二志望に行った、第三志望に行ってしまった時に、まだ学歴ロンダリングってこと、マネーロンダリングの悪いイメージありますけど。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
そうですね、悪いイメージありますね。
大学受験には届かなかったけど、編入だったり大学院で、行きたかった大学の大学院だとか、大学に行けるようにするっていう制度。制度というか、あるんですけど。どうですか?
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
まず、これ現役生聞かないでいただきたい。
聞かない方がいい。じゃやめときますか?
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
違う違う。そう言ったらもう、この動画よく意味が分からないです。まずは大学受けるところまでは頑張って、合否出ました、そこから見ていただきたい。
そこから。じゃ3月に出さないといけないね。まだいつ出すか分からないですけどね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
ということですけど。
現役生が考えるものじゃないと。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
考えるものじゃない。現役生はもう、現状受けると思った大学を死ぬ気で頑張る。死ぬ気で頑張った後ですね、第二志望行くのか、浪人するのかとか色々考えるじゃないですか。その中で、やっぱり学歴を変える方法として、大学院に行くという方法と、編入をするという方法があると思うんですよ。大学院に行くという方法からいきますと、例えば私たち東大生たくさん、東大とか大学院がたくさんいるんですけど、やっぱり色んな優秀な、早稲田とかが特に多いんですけど、早稲田から編入して東大に入ってくるっていうケースがあるんですね。編入っていうか、大学院に入ってくるっていう風な形で、大学院に行くタイミングで学歴を上げるっていうことはできます。これは、使う科目少ないじゃないですか。論文とTOEICとかっていう形になってきたりするので、まあ英語の試験とかあったりするんですけど。なので、院試と呼ばれるものに関しては、そこでステップアップっていうことは可能ではあります。もちろん勉強するんですよ。ただ大学、結構みんな勉強するんですけど、相当しましたっていうような声はたくさんもらってはいるんですけど、大学受験と比べるとしてなかったよね、っていう話が多いです。東大から東大の大学院に行った学生たちに話を聞いていても、確かに相当やったけれども、いや受験の頃と比べると大したことないですわと。ただ、ブランクがあったんで、遊びきってからのっていうのがあるらしいんで、その辺の大変さはあるという話はしてました。で、もう一つ、編入なんですけど。
これは、3年生の時に編入とか。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
そうですね。2年次編入っていうのも稀にあるんですけど、基本は3年次編入ですね。例えばある大学に行ってました、そこから旧帝大に編入するとか。偏差値50くらいから旧帝大入るとかっていうこともできますし、ほんとに私立から私立っていうことも全然できるんですよ。何がすごいかというと、国公立って、現役の時って、センター試験受けてから、試験日が一緒じゃないですか。なので、前期であれば一個しか受けられないってことが多いと思うんですよ。ただ、編入試っていうのは、試験日が異なってくるんですよ、国公立。なので、国公立でもたくさん受けられるんです。
おお、そうなんですね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
はい。そして試験の科目が、自分のやってきた学部の入試になってくるので、例えば経済学であれば、経済学を勉強しての入試なんですよ。と、英語とかもちろん使います。TOEICとかは使うんですけども。これ、普通の受験と考えると、旧帝大入ろうと思うとですよ、全部の科目勉強して、二次試験の勉強して入るわけじゃないですか。それが国公立一発勝負なんですけど、複数の大学で狙えるというのと、科目が少なくなってくるのと、そもそも編入したいっていう人は、1年生からそういう思いを持ってるはずなので、そこの科目、皆が1年生からよーいドンの科目じゃないですか。専門の科目ね。それを勉強するっていうことができるわけなので、受かりやすいんですよ。ただ定員があったりなかったりっていうのはあるので、その辺のバランスはありますけど。僕としては編入はやりやすいと思っていて。これ私立も一緒で。
どこでもあるんですか?けっこう編入。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
基本はあります。ただ、この学部がなかったりっていうのはあったりします。そこはよくホームページ見てもらって。なので、本当に学歴を一気に変えることができますので。浪人するかどうかっていうような議論にもなってくるんですけど、浪人するか、または仮面浪人していくかっていうような話とも重なってくるんですけど。僕としては、仮面浪人とかする大変さ、もう一回勉強してもダメというケースもある。やっぱり、1年やってダメだったら2年やってもっていう思いも、リスクとして背負うと思うんですよ。だったらしっかりと進級して、3年の段階で編入するという方が、科目を絞っていけるのでいきやすいのと、ライバルが少ない。
これは、今の行ってる大学は関係ないんですか?
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
関係ないです。
関係ないんですね。ここだから受かりやすい、受かりにくいっていうのはなく。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
通ったか通らないかですね。
じゃ本当に今、行こうと思った学部の勉強をしっかりしていければ、そういうチャンスがあると。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
そうです。やっていただきたいのは、ホームページを調べて、どういうような試験問題が出るのかというところと、後は過去問をチェックしにいってほしいんですよ。過去問って出てないんですよ。買えない、入手できないので、大学に問い合わせをして。で、閲覧だけできますよとかいうのがあったりするので、行って書き写すとか。
書き写せるんですね。写真はダメなんですね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
っていうのが、そう写真はダメだったりっていうのは。色んな大学によってもちろん違いますけど、あったりするので。まずは大学受験よりも問題がバラバラなので、それを最初に入手するっていうところから入っていく。
一緒ですね、大学受験と。違いは多いのがあるんですけど。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
そうすると、やっぱり科目が少ないという分、可能性としては広がる。ただ入試が早かったりするので、その辺は注意してほしいですね。
そういう形で行きたかった大学に行くっていうところは、チャンスがあるっていうことですね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
そうですね。で、編入すると就職大丈夫ですか?みたいな話もよくされるんですけど、実際今僕の身近なところで言うと、自分の家族が編入で入ってるんですよ。で、就職先も別に普通だったので。
普通だった。普通って何ですか?
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
変わらなかった。編入だからどうこうっていうのは、特になかった。っていうのもあって、身近な体験っていうのがあるんですけど。
編入もそうでしょうし、浪人とかも全く何も聞かれませんから。そんなところは。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
だって能力あるって証明してるわけですからね。そもそもが。
そうですね。編入でも浪人でも、合格したっていうのはできてますから。全然問題ないかなというので。こういうのは、編入や大学院というところで、最終学歴を変えるっていうので学歴ロンダリングって言われて、何か悪いイメージありますけど、それも一つ。正直大学一年生、二年生で頑張るなんか、僕には全くできる気がしません。っていうのが、そこで頑張れるっていう子は、それはそれで一つの能力だと思いますので。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
できれば予備校行ってほしいです。
予備校があるんですね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
編入専門の予備校があったりするので。うちやってませんけど。
やれませんか、うちは?
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
うちはやらない。できなくはないですよ、ただ経済学とか教えないといけないんですよ。
やめましょう。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
やめた方がいいです。
はい。そういう予備校があるんですね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
ありますね。英語を教えたりっていうところも多かったりするんですけど。
そうですね、TOEICとか資格試験がいるのでね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
英語の出方も全然違うので。国公立に近い部分が多いと思いますので。
それくらいね。資格取るのに予備校行く子もいますし、編入するのに行くっていうのもありですので。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
なので、色んな可能性をしっかりと視野に入れて、色々調べた上で選択していただきたい。やっぱり大学入ると、高校の時って、受験生の時ってスカウターはめるじゃないですか。
はめませんね。スカウターははめません。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
偏差値スカウターはめますよね。
はめませんね。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
あいつ偏差値高いからすげえぞみたいな、変な偏りが生まれてくるんですよ。やっぱり大学入ると、うわーこの大学行っちゃったみたいなのがあって、自分失敗したみたいに思っちゃうことがあるんですけど、そういうところをどうしても変えたいっていうところを持ち続けるのであれば、編入というのも一つ選択肢としてありで、可能性としては学年とか下げずに、そのまま進級していきながら変えるっていうこともできますんで。例えば私立から国公立行けば、学費下がりますし。
ああ、確かに。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
っていうこともできます。
この辺は、親御さんにも納得してもらいやすいところだと思いますので。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
ぜひ調べていただきたい。非常に複雑ですんで。
複雑ですね。予備校行くなり、相談してもらえたらと思います。じゃこの動画は以上にさせてもらいます。有難うございました。
朝倉
朝倉
鈴木
鈴木
有難うございました。

◆ AXIV ACADEMY(アクシブアカデミー)の概要

「生徒の人生を真剣に考え、全力でサポートする」

「変わりたい。」を叶えるを実現するために、今までの常識にとらわれない、新しい形態の予備校を運営しています。私たちは、生徒自らが夢や目標を定め、なぜ勉強が必要かを理解できるように正しい情報を提供し、進路指導に時間をかけて受験戦略を立ち上げ、受験で必要な全科目に対して学習計画を練り、進捗管理を行っています。最高の「環境」「指導」「ツール」を提供すべくWebやiPadを活用し、全国のどの地域からでも受講できるように遠隔での指導を行っています。東大の隣にオフィスを構えており、指導チームを中心に、受験に精通した経験豊富な専属スタッフが受験まで1:1でサポートします。

https://axivacademy.com

◆ AXIV ACADEMY(アクシブアカデミー)へのお問い合わせこちら

私たちといっしょに「質の高い学習時間」を伸ばしませんか?

30秒で簡単!まずは資料請求・お問合せくださいお問い合わせ&資料請求はこちら

【無料】受験相談と体験授業も実施中無料受験相談&無料体験授業に申し込み

●アクシブアカデミー公式LINE登録で書籍無料プレゼント!! →LINE友達登録はこちらから

変わりたい。を叶える

学習時間と学習効率を飛躍的に伸ばしたい方は、無料体験にお越しください。
担任コーチと専属トレーナーのサポートで、あなたの努力とその効果を拡張していきます。

まずは無料体験へ