コラム

これでゼロから早慶まで!おすすめ英語の参考書

英語の対策をしなければいけないけど、適切な勉強方法がわからない。

参考書を調べても多すぎてどれが自分に合っているのかわからなくてこまった。。。

そんな悩みを抱えている高校生の皆さんのために、この記事では英語の参考書ルートを紹介していきます!

  • どのレベルの時にその参考書を使えばいいのか
  • その参考書を終えたらどれくらいのレベルに到達することができるのか

などゼロから早稲田・慶応大学の難易度まで対応できるルートになりますので、今の自分のレベルと志望校のレベルに合わせて、使う参考書を選んでみてください

目次

おすすめ英語の参考書ルート 単語・熟語・構文編

中学英単語をひとつひとつわかりやすく

基本データ

前提レベルなし
到達レベル中学レベル終了程度
ページ数303
目安時間20h

37Unit×25分

テスト
対象中学英語を完璧にしたい生徒

特徴

中学英単語を、その品詞や意味ごとにユニット化して載せており、また赤シートで隠しながらの学習もできるため、覚えることを意識したレイアウトとなっている。

ほぼ全ての単語にイラストがついてい るので、視覚的にも覚えやすい。

Sectionごとに単語を覚えていく。この際、赤シートを使うと効率的に覚えることができるだろう。

大学受験をするにあたり本書に載っている単語、意味は1つもはず せないので、完璧に覚えるまで繰り返し取り組んでほしい。

使い方と注意点

Sectionごとに単語を覚えていく。

この際、赤シートを使うと効率的に覚えることができるだろう。

大学受験をするにあたり本書に載っている単語、意味は1つもはず せないので、完璧に覚えるまで繰り返し取り組んでほしい。

 英単語ターゲット1200 改訂版(大学JUKEN新書)

基本データ

前提レベル中学レベル

「中学英単語をひとつひとつわかりやすく」終了

到達レベル高校基礎レベル完了
ページ数496
目安時間40h

5section×480分

テスト
対象基本的な英単語から学習したい生徒

特徴

時間がない生徒に向けて一語一義主義で構成されている。

単語の持つ最も重要な意味から覚えていくことで効率的に単語を覚えていくことができるだろう。

左ページに単語、発音、意味(派生語)が載っ ており、右ページに例文とその意味が載っている。

単語の最重要の意味、例文中のその単語、例文の和訳中の意味を赤シートで隠すことができるため、様々な暗記方法に赤シート1つで対応できる。

使い方と注意点

まずは単語を見て最重要の意味が出てくるように何度も学習する。

最重要単語の意味を覚えられたら黒字で書いてある意味、派生語や熟語なども覚えていく。

また発音記号が読めない、発音がわからない単語 については web からダウンロードできる音声を聞いてその単語の発音も確認する。

単語の暗記を終えたら翌日と翌週に復習し、記憶の定着を図る。一語一義主義なので、最終的には赤字でない意味もしっ かり覚えること。

鉄録会 東大英単語熟語 鉄壁

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ターゲット1200」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数666
目安時間75h

50section×90分

テスト
対象英単語を完璧にしたい生徒

特徴

とにかく情報量が多く、書いてある内容を全て覚えれば受験で単熟語に困ることはないはずだ。

また文字だけでなくイラストも使って単語の説明をしているため、似た意味の単語のニュアンスの違いや、 その単語の持つイメージを視覚的に捉えることができる。

経済、化学といったテーマごとにセクションを組み、関連する単語を1度に覚えることができるという特徴がある。

また覚え方ごとに組まれたセク ションもあるため、通常の学習では混同しやすい単語も接頭語や接尾語の意味も同時に覚えながらはっきりと区別して覚えていくことができる。

使い方と注意点

単語の意味を繰り返し覚えていく。

この際最初は赤字の 意味を覚えていき、繰り返していく中で黒字の部分も覚えていくと、一気に全ての意味を覚えるよりも覚えやすいだろう。

Sectionが終わったらReview Testをおこない、定着度を計る。ここで満点を取る つもりで学習に取り組んでほしい。

 英単語ターゲット1400 5訂版(大学JUKEN新書)

基本データ

前提レベル中学レベル

「中学英単語をひとつひとつわかりやすく」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数400
目安時間30h

14section×125分

テスト
対象少ない時間で基礎的な単語を覚えたい生徒

特徴

時間がない生徒向け。

左ページに単語、発音、意味(派生語)が載っており、右ページに例文とその意味が載っている。

ひたすら単語を覚えていきたい生徒は左ページを、例文とあわせて丁寧に単語学習 をしたい生徒は右ページも合わせて学習するとよい。

単語の最重要の意味、例文中のその単語、例文の和訳中の意味を赤シートで隠すことができるため、様々な暗記方法に赤シート1つで対応できる。

 

使い方と注意点

単語を見て最重要の意味がすぐに出てくるように何度も学習する。

最重要単語の意味を覚えられたら黒字で書いてある意味、派生語や熟語なども覚えていく。

また発音記号が読めない、発音がわからない単 語については web からダウンロードできる音声を聞いてその単語の発音も確認する。

単語の暗記を終えたら翌日と翌週に復習し、記憶の定着を図る。一語一義主義なので、最終的には赤字でない意味もし っかり覚えること。

 英単語ターゲット1900 6訂版(大学JUKEN新書)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ターゲット1200」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数528
目安時間40h

19section×120分

テスト
対象最難関レベルの英単語まで学習したい生徒

特徴

時間がない生徒向け。

左ページに単語、発音、意味(派生語)が載っており、右ページに例文とその意味が載っている。

ひたすら単語を覚えていきたい生徒は左ページを、例文とあわせて丁寧に単語学習 をしたい生徒は右ページも合わせて学習するとよい。

単語の最重要の意味、例文中のその単語、例文の和訳中の意味を赤シートで隠すことができるため、様々な暗記方法に赤シート1つで対応できる。

 

使い方と注意点

単語を見て最重要の意味がすぐに出てくるように何度も学習する。

最重要単語の意味を覚えられたら黒字で書いてある意味、派生語や熟語なども覚えていく。

また発音記号が読めない、発音がわからない単 語については web からダウンロードできる音声を聞いてその単語の発音も確認する。

単語の暗記を終えたら翌日と翌週に復習し、記憶の定着を図る。一語一義主義なので、最終的には赤字でない意味もし っかり覚えること。

速読英単語 必修編[改訂版7版](Z会文章の中で覚える大学受験英単語シリーズ)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ターゲット1200」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数464
目安時間50h

70題×60分

テスト
対象長文を読みながら単語を覚えたい生徒

特徴

最初に長文が載っており、次のページからその長文中に出てきた単語の意味が載っている。

一般的な英単語帳の覚え方をすることもできれば、長文を先に読んで単語の意味を推測してから暗記することも 可能。

長文で扱っているテーマは入試頻出のものや、読んでいて興味をそそられるものが多く、良質な長文が選定されている。

本書は単語帳部分の意味だけでなく、長文中の単語の意味も赤字になっている ため、長文を読みながら対応する和訳を読み、意味を推測する学習がしやすいレイアウトとなっている。

使い方と注意点

まず長文を読み、日本語文を赤シートで隠しながら学習する単語の意味を推測する。

この際文脈 や知っている単語の派生語ではないかなど何かしら理由を持って推測するようにしよう。

長文が読み終わったら実際にその単語の意味を覚えていく。

長文中では出てこなかった意味も合わせて覚えていき、 最後にもう1度英文を読んで総復習にあてよう。

速読英単語2 上級編[改定第4訂版]

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル

「速読英熟語 必修編」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数452
目安時間45h

48題×55分

テスト
対象長文を読みながら単語をぼ得たい生徒

特徴

最初に長文が載っており、次のページからその長文中に出てきた単語の意味が載っている。

一般的な英単語帳の覚え方をすることもできれば、長文を先に読んで単語の意味を推測してから暗記することも 可能。

長文で扱っているテーマは入試頻出のものや、読んでいて興味をそそられるものが多く、良質な長文が選定されている。

本書は単語帳部分の意味だけでなく、長文中の単語の意味も赤字になっている ため、長文を読みながら対応する和訳を読み、意味を推測する学習がしやすいレイアウトとなっている。

 

使い方と注意点

まず長文を読み、日本語文を赤シートで隠しながら学習する単語の意味を推測する。

この際文脈 や知っている単語の派生語ではないかなど何かしら理由を持って推測するようにしよう。

長文が読み終わったら実際にその単語の意味を覚えていく。

長文中では出てこなかった意味も合わせて覚えていき、 最後にもう1度英文を読んで総復習にあてよう。

英単語の語源図鑑

基本データ

前提レベル
到達レベル
ページ数288
目安時間10h

Chapter12×45分

テスト
対象通常の単語帳では覚えづらい生徒・単語の理解を深めたい生徒

特徴

各Chapterにひとつずつ、計12の重要な接頭辞が解説されている。

次のページから同じ接頭辞を持つ語と、その語源が掲載されているため、接頭辞と語源の組み合わせによるネットワークが構築され、 単語の意味を引き出しやすくなる。

1単語1イラストとなっているため、接頭辞・語源・単語のイメージが想像しやすくなる。

視覚的なイメージと共に単語を覚えていくため、記憶に残りやすい。英語学習 初心者の人でも、中級以上の人でも有効的に使うことができる。

 

使い方と注意点

本書はメインの単語帳と併用する形で使用すること。

接頭辞や語源関連の単語のみ掲載されているため、その他の重要単語や基本単語が 載っておらず、メイン本にするのは難しい。

メインの単語帳の参考書や辞書、自身の英語力の発展のための本として使用しよう。

続 英単語の語源図鑑

基本データ

前提レベル
到達レベル
ページ数320
目安時間10h

Chapter12×45分

テスト
対象通常の単語帳では覚えづらい生徒・単語の理解を深めたい生徒

特徴

各Chapterにひとつずつ、計12の重要な接頭辞が解説されている。

次のページから同じ接頭辞を持つ語と、その語源が掲載されているため、接頭辞と語源の組み合わせによるネットワークが構築され、 単語の意味を引き出しやすくなる。

1単語1イラストとなっているため、接頭辞・語源・単語のイメージが想像しやすくなる。

視覚的なイメージと共に単語を覚えていくため、記憶に残りやすい。英語学習 初心者の人でも、中級以上の人でも有効的に使うことができる。

 

使い方と注意点

本書はメインの単語帳と併用する形で使用すること。

接頭辞や語源関連の単語のみ掲載されているため、その他の重要単語や基本単語が 載っておらず、メイン本にするのは難しい。

メインの単語帳の参考書や辞書、自身の英語力の発展のための本として使用しよう。

核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑

基本データ

前提レベルなし
到達レベル高校基礎レベル
ページ数159
目安時間5h

30Unit×10分

テスト
対象様々な使い方のある動詞のニュアンスがつかめない生徒

特徴

幅広い意味を持つ動詞をキャラクターとして紹介。

見やすいレイアウトと漫画ページで説明されている。

楽しく学習できる仕様だが、しっかり要点はまとまっているので、今後の学習効率を上げられるだろう。

使い方と注意点

本書を初めから読んでいく。

たびたび登場する例文は、音読したり書いたりして覚えてしまうつもりで学習するとより効果的である。

熟語に関しては、この参考書の後に熟語帳で確認していくの で、暗記も重要だが理解が最優先である。

核心のイメージがわかる!前置詞キャラ図鑑

基本データ

前提レベルなし
到達レベル高校基礎レベル
ページ数159
目安時間5h

30Unit×10分

テスト
対象オーソドックスな説明では前置詞の違いがピンと来ない生徒

特徴

使い方を間違えやすい前置詞をキャラクターとして紹介。

見やすいレイアウトと漫画ページで説明されている。楽しく学習できる仕様だが、しっかり要点はまとまっているので、今後の学習効率を上げられるだろう。

 

使い方と注意点

本書を初めから読んでいく。

たびたび登場する例文は、音読したり書いたりして覚えてしまうつもりで学習するとより効果的である。

熟語に関しては、この参考書の後に熟語帳で確認して いくので、暗記も重要だが理解が最優先である。

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「動詞キャラ図鑑」「前置詞キャラ図鑑」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数406
目安時間30h

55Unit×30分

テスト
対象熟語がなかなか覚えられない生徒、前置詞が苦手な生徒

特徴

前置詞のイメージが、熟語や文の例と一緒に覚えられる。

文章量は多くなく、イラストとともに簡潔な説明がなされている。

曖昧なまま頻出の使い方だけ覚えている受験生も多い中、前置詞を理解してマ スターできれば周りに差をつけられるだろう。

使い方と注意点

本書を初めから読んでいく。

例文や熟語が多く紹介されるため、理解を深めた後に書き出しながら音読するとより定着するだろう。

この参考書の後に熟語 帳で確認していくので、暗記も重要だが理解が最優先である。

英熟語 Always1001(河合塾SERIES)1、4章

基本データ

前提レベル中学レベル終了

「動詞キャラ図鑑」「前置詞キャラ図鑑」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数336
目安時間10h

2章×300分

テスト
対象基礎的な英熟語を学習したい生徒

 

英熟語 Always1001(河合塾SERIES) 1,4章以外

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「Always1001 1・4章」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数336
目安時間30h

4章×300分

テスト
対象基礎的な英熟語を学習したい生徒

特徴

1~3章に熟語、4~6章に構文・文法を載せている。

1~3章はその英熟語の難易度別にセクションが分けられており、4章では必須の構文、5章では同じ前置詞を取る熟語、6章では口語表現というよう に分けられている。

自分のレベルにあったセクションの勉強を重点的に学習することができるだろう。

同義語や似た形の熟語が並んで掲載されているため、同時に覚えて意味を混同しないようにすることが できる。

また全ての熟語・構文に例文がついているため、英文中での使われ方をイメージしながら覚えることができる。

使い方と注意点

複数の意味を持つ熟語・構文は全ての意味を言えるように覚えていこう。

並びや 正しい形を覚えることが必須。

英語→日本語だけでなく、日本語→英語の学習も忘れずに行うこと。

解体英熟語 改訂第2番[ブック版]

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「前置詞使い分けブック」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数688
目安時間30h

18型×90分

付録180分

テスト
対象応用的な英熟語を学習したい生徒

特徴

本書は表が問題集、裏が参考書という特徴的なレイアウトとなっている。

また別冊例文集や別売りの暗記カードを用いることでコンパクトに学習することも可能である。

生徒好みの学習ができる自由度の 高いレイアウトとなっている。本書は1語に対する説明が豊富であるだけでなく、収録されている語数にも目を見張るものがある。

この1冊を完璧にすることで英熟語問題はスラスラと回答することができ るようになるだろう。

使い方と注意点

本書に収録されている英語構文を全て覚えていく。

特徴的なレイアウトを活かし問題から覚えていく方法、普通に英語構文の意味を覚えていく方法、別冊の暗記カードを用いて移 動時間や隙間時間にサッと覚える方法など、自分に合った覚え方を採用してほしい。

特に、必修と書いてある単語については重点的に暗記してほしい。収録語数は多いが、細かい難易度の記載がないため、 初学者や中堅以下のレベルを目指す生徒は覚えなくてもよい英語構文まで覚えてしまうことになってしまう。

解体英語構文 改訂第2番[ブック版]

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「前置詞使い分けブック」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数432
目安時間15h

7章×120分

テスト
対象構文をしっかり覚えたい生徒

特徴

本書は表が問題集、裏が参考書という特徴的なレイアウトとなっている。

また別冊例文集や別売りの暗記カードを用いることでコンパクトに学習することも可能である。

入試に出る重要構文を網羅。解体 熟語と併用することで文法問題や長文問題を解くヒントをたくさん得ることができる。

構文もタイプ別にまとめられているため、暗記しやすい構成となっている。

使い方と注意点

本書に収録されている英語構文を全て 覚えていく。

特徴的なレイアウトを活かし問題から覚えていく方法、普通に英語構文の意味を覚えていく方法、別冊の暗記カードを用いて移動時間や隙間時間にサッと覚える方法など、自分に合った覚え方 を採用してほしい。

細かい難易度の記載がないため、初学者や中堅以下のレベルを目指す生徒は覚えなくてもよい英語構文まで覚えてしまうことになってしまう。

おすすめ英語の参考書ルート 文法編

やさしい中学英語

基本データ

前提レベルゼロ
到達レベル高校基礎レベル
ページ数563
目安時間30h

26章×60分

テスト
対象中学英語から学びなおしたい生徒・中学レベルが身についていない生徒

特徴

初歩的な部分から語り口調、イラスト付きで初歩的な部分から丁寧に説明されているため、英語が苦手な生徒でも取り掛かりやすい。

重要なポイントはまとめられているため覚えやすく、わからなくなっ た時には本書を活用することができる。

使い方と注意点

基礎は非常に大切だが、なるべく早く本書の学習を終わらせて高校レベルの文法に取り組んでほしい。

問題数は少ないが、別冊にまとまっている。そのため、ま ず問題を解いてみて分からなかった分野だけ取り組んでもよい。

また、学年別に学習した順序で進んでいくため、自分がつまずいた学年や苦手な分野から取り掛かってもよい。

成川の「なぜ」がわかる英文法の授業(大学受験Nシリーズ)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「やさしい中学英語」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数269
目安時間15h

15項目×45分

テスト
対象原理から文法を理解したい生徒・高校英語がちんぷんかんぷんな生徒

特徴

本書は原理から理解できるため、覚えることが苦手な生徒でも忘れにくく、忘れてもすぐに思い出せるだろう。

丁寧な語り口調、豊富なイラスト、項目ごとに変わるテーマ色など、受験生が飽きずに読み 進めるための工夫がなされていて、要点も非常に分かりやすい。

文型・時制・仮定法・準動詞・関係詞・比較といった章立てとなっており、多くの生徒が苦手とする分野を解説している。

さらに、誤った暗 記をしがちなポイント、間違えやすいポイントの解説も豊富である。

使い方と注意点

参考書の片方では全ての受験英文法を収録していないため、2冊セットで行う。

深めて解ける!英文法INPUT (大学受験Nシリーズ)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「やさしい中学英語」完成

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数506
目安時間30h

162項目×10分

テスト
対象固い文体が苦手な生徒・文章よりイラストで覚えたい生徒

特徴

記憶に残りやすくするための効果的なイラストや単語のニュアンスの違いを表現するイラストなど、内容理解に役に立つイラストが豊富である。

丁寧な語り口調で飽きずに読み進めることができる。別冊 で要点ハンドブックがついていて、本書で扱いきれなかった重要表現が載っている。

使い方と注意点

本書を頭から読んでいく。

前日に読んだ内容をサッと目を通すことで復習しながら進めていくとより定着するだろう。

アトラス総合英語 英語のしくみと表現ーATLAS English Grammar and Expressions

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数638
目安時間25h

25UNIT×60分

テスト
対象文法・構文のインプットをしたい生徒・文法の理解を深めたい生徒

特徴

大学受験に必要な文法事項が、基本問題から発展問題まで色分けして収録されている。

受験において最初から最後まで本書を使って勉強することができる。IntroductionやTarget例文を図やイラストで わかりやすく説明している。

日本語では説明のしにくい微妙なニュアンスの違いを感覚的に理解することができる。

また、各Unitの最後に用意された英語の長文も有用である。会話・ディベート・日記など 様々なタイプの文章を掲載しており、各ユニットで学んだ文法事項が実際にどのように使われているかを確認することができる。

使い方と注意点

問題演習や過去問演習でわからない文法事項が出たり、文法問題を間違え たりした際に、辞書のような使い方をする。

間違えた問題だけでなく、その分野のUnitを読むことで文法知識が深まる。

中学英語をもう1度ひとつひとつわかりやすく。

基本データ

前提レベルゼロ
到達レベル高校基礎レベル
ページ数327
目安時間20h

30章×40分

テスト
対象中学英文法を完璧にしたい生徒

特徴

本書では、中学校で習う英文法がまとめて1冊に収録されている。

文法項目がポイントごとに的確な解説とイラストでわかりやすく説明されているため、中学レベルの英文法に苦手意識がある生徒でも明 確に理解していくことができる。

使い方と注意点

各ポイントの文法事項を理解したら問題を解いて復習をし、しっかりと知識を定着させよう。

本書には章ごとの復習テストと章の中で分けられたポイントごとの練習問 題が収録されているため活用しよう。

また、高校英文法を学ぶ過程でわからないことがあった時は、本書の該当する章に戻って復習すること。

基礎からのジャンプアップノート英文法演習ドリル

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「中学英語をひとつひとつわかりやすく」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数144
目安時間15h

(49Unit+入試問題チャレンジ10題)×15分

テスト
対象文法の基礎を固めたい生徒

特徴

解説が丁寧なだけでなく、chapterの最初に扱う内容やUnitでの例文もイラストを使って説明されているため、視覚的に理解ができる。

問題形式で進行し、chapterごとに確認問題があるため、理解で きているかの確認がしやすい。

 

使い方と注意点

chapterごとの確認問題で間違えた問題、自信のなかった問題はUnitに戻って復習する。

時間のない場合は苦手分野から取り掛かってもよい。

英文法・語法SWing

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「ジャンプアップ英文法」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数373
目安時間25h

348問×4分

テスト
対象基礎ができている生徒・英作文を必要とする生徒・レベルの高い大学を目指している生徒

特徴

文法要素の根本理解に重点を置いた参考書。各文法の重要事項が簡潔にまとめられている。

暗記事項は別冊にまとまっており、文法知識も問題なく定着させることができる。問題を通して理解を深めるこ とができ、空所選択問題がないため自分で考察する力をつけられる。

文法を自分で使いこなすことが最終的な目的となっている。

使い方と注意点

まずは各項目の解説を通読し、そのまま Inputに移行する。

各 Unit が 終わったらOptionも同じ要領で進める。

なお、IntakeとOutputは英作文問題が中心に構成されているため、どちらもInputのみで周回するのがよい。

さらに、この参考書での理解度の確認と十分な演習 量確保のために、修了後は、得た文法知識を正誤問題集や整序問題集で体系的に整理すると、十分な効果が得られるだろう。

入門英文法問題精講 4訂版

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ジャンプアップ英文法」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数224
目安時間20h

600問×2分

テスト
対象標準レベルの英文法を徹底的に繰り返したい生徒

特徴

無理のない問題数で演習に取り組んだあと、別冊の解説で文法の理解を深めることができる。

また、問題が難易度ごとに分かれているため段階的な学習ができる。

使い方と注意点

基本的な文法知識が頭に入っている 前提なので、いきなり問題を解いても問題ない(基礎→標準でワンセット)。

問題を解いていてつまずいた際は、別冊の対応する範囲を読み込んで理解する。それでも十分な理解ができない場合は『アトラス 総合英語』などの理解本に立ち戻って解決するとよいだろう。

また発展問題の和訳と英訳は文法以外の力が必要になるため、無理に取り組む必要はない。

 

スクランブル英文法・語法 4th Edition

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「ジャンプアップ英文法」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数504
目安時間50h

1443問×2分

テスト
対象最難関レベル英文法問題を取り組みたい生徒

特徴

問題に、基本や頻出、発展といったマークがついており、その問題のレベルや重要度がわかりやすくなっている。

そのため自分がどの問題から優先的に理解するべきか把握しやすい。数問ずつ問題を解い た後のPower Up!コーナーで重要なテーマをまとめている。

問題を解いた後にそのコーナーを確認してより理解を深めたり、復習で活用したりと自分に合った使い方をしてほしい。

 

使い方と注意点

本書の全問題を解い ていく。

間違えた問題や自信を持って解答できなかった問題は必ず復習して2回目以降は必ず正答できるようにしよう。

英文法解説

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数548
目安時間
テスト
対象難関大受験で英語を武器にしたい生徒・多くの例文を読んで理解したい生徒

特徴

本書は高校生向けの文法書には載っていないような難しい内容、細かい内容についても解説している。

とにかく例文が多く、解説が非常にハイレベルであるが、例文も合わせて読むことでより深い理解に つなげることができる。

また練習問題も掲載しており、解説されている英文だけでなく、理解した内容を用いて実際に英文を訳すアウトプットもできる。

練習問題の解説では、他の章で解説してある内容に 対してその章番号を記載しているため、すぐにその解説を読むことができる。そのため、どの章から読み始めても問題がないだろう。

使い方と注意点

本書を頭から読んでいく。前日に読んだ内容にサッと目を通すこと で復習しながら進めていくとより定着するだろう。

短期で攻める再頻出問題発音・アクセント300

基本データ

前提レベルなし
到達レベル早慶
ページ数128
目安時間10h

2部×300分

テスト
対象発音アクセント問題が苦手な生徒

特徴

本書のように発音アクセント問題だけを扱った問題集は相当珍しい。

本書は、第1部が発音・アクセントのルールと演習問題、第2部が実力チェックテストといった構成になっている。

発音・アクセント 問題にもきちんとした解法があり、それを修得することで安定した得点源とすることができる。

使い方と注意点

第 1 部のルールを頭に入れ、意識しながら演習問題と実力チェックテストに取り組む。正誤を確認した 後、必ず声に出して数回読み、頭と耳で発音を覚えるとより効果的に学習ができる。

また、本書には別冊付録に頻出語500個が載っているため、空いた時間などに見直すことで復習に活用するとよい。

英語整序問題200-短期で攻める

基本データ

前提レベル高校基礎レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数95
目安時間20h

2Part×600分

テスト
対象英語整序問題が苦手な生徒

特徴

本書は、Part1が整序問題を解く5つのルールの解説、Part2がジャンルごとの例題とチェック問題、Part3が演習問題という構成になっている。

Part2,3の解説には、Part1のどのルールを適用すれ ば解けるのかが記載されている。整序問題に特化した問題集が少ない中、解き方から演習問題まで詰まっている本書は大変有用である。

使い方と注意点

まずはPart1の5つのルールを覚える。このルールを意識しなが らPart2、Part3の問題演習に取り組む。

Part2に取り組む際は着眼点と整序のコツをしっかりと理解し、checkを解くようにしよう。

英語整序問題精選600(河合塾シリーズ)

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数108
目安時間20h

600題×2分

テスト
対象英語整序問題を完璧にしたい生徒

特徴

最頻出項目を含んだ整序問題が精選されていて、解法を効果的に学習できる.

レベルで分類されているため、段階的に学習することが可能である。

日本語と英語の対応関係が明快に示されていて、問題を 解くプロセスが分かりやすく理解できる。

使い方と注意点

問題を解いた後、解説を読んで整序問題の解法を身につける。

苦手な人は、レベルの低い問題のみ全分野解くこともできる。

大学入試 早稲田・早慶・上智 直前講習英文法・語法 正誤問題

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数104
目安時間10h

100問×5分

テスト
対象文法は完ぺきであり、早慶レベルを目指す生徒

特徴

早稲田大学・慶應大学・上智大学の問題を集めた、正誤問題に特化したレベルの高い本であり、5日間で効率的に学べる。

問題演習を重ねることで、正誤問題の間違いに反応する勘を養うことができる。

使い方と注意点

一般的な誤箇所選択問題を演習した後、短文全体の適・不適を判別する問題、そして読解型の誤箇所選択問題に進む。

最重要ポイントがまとめられているページを読み、より定着させる。

入試によく出る! 「英会話・口語表現」の徹底トレーニング(新装版)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数284
目安時間15h

30単元×30分

テスト
対象会話問題を徹底的に演習したい生徒

特徴

入試によく出る英会話の決まり文句を効率的に覚えることができ、30 日間で仕上げられるようになっている。

重要な口語表現や対話問題を解くための応答表現を修得できる。

使い方と注意点

まずは第1章で会話の 定型表現を覚える。全編を通して音読をすることが大事である。

おすすめ英語の参考書ルート 英文解釈・和訳編

基礎からのジャンプアップノート 英文読解演習ドリル

基本データ

前提レベル高校基礎レベル初歩

「中学英語をひとつひとつわかりやすく」

到達レベル高校基礎レベル
ページ数150
目安時間20h

19テーマ×30分

チカラだめし問題9題×45分

テスト
対象英文法は勉強したが英文解釈が解けない生徒・英語に苦手意識のある生徒

特徴

全19テーマに英文解釈の基礎が凝縮されている。

左ページにテーマの解説、右ページにドリル形式の練習問題の構造となっており、見開き1ページで1テーマが完了する。

英文解釈の基礎を効率よく学ぶことが できる1冊となっている。赤と黒のみのシンプルな色使いと、程よい余白のある見やすいレイアウトとなっている。

2テーマごとに「チカラだめし問題」が設置されている。すぐに実践する形なので身につきやすく、 つまずいたら前の2テーマに立ち返ることによってしっかり復習し、次に進むことができる。

使い方と注意点

最初からしっかり解いていき、つまずいても焦らず疑問点をその場で解消すること。

この参考書をしっかり理解・定 着させ、英文解釈の基礎力を身につけよう。

入門英文問題精講 4訂版

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ジャンプアップノート 英文読解」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数176
目安時間40h

72問×30分

テスト
対象英文解釈をしっかり学びたい生徒

特徴

①本書は訳す際のポイントや全文の構文解説といったように解説が詳しくされているので、自学自習しやすい参考書である。

また、文中に出てきた頻出単語はまとめて掲載されているため、知っている単語でも知ら ない意味で使われている場合もあるので、目を通すことで語彙力もつけることができる。

使い方と注意点

問題を解き、解説をしっかり読み込むということを72まで繰り返す。

問題を解く際は、主語や動詞といったように文構 造を意識しながら全訳をしていく。

単語の意味が分からない場合は次のページをめくって必ず確認しよう。

解説にポイントがわかりやすくまとめてあるため読み込んでしっかり理解をしよう。

ポレポレ英文読解プロセス50-代々木ゼミ方式

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「入門英文問題精講」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数129
目安時間35h

50問×30分

テスト
対象すでに英文解釈の基礎力がついており最難関レベルの英文解釈に取り組みたい生徒

特徴

本書は50の「例題」に取り組むことで、英文解釈の力を高める問題集である。

使い方と注意点

英文解釈に集中したいので、分からない単語は辞書や単語帳で調べるようにする。左ページの左上の部分に「ライオンマーク」 がある問題はかなりの難しい英文になっているが、諦めずに自分の英文解釈の力を出し切って取り組むようにする。

『入問英文』よりかなり難しいく、序盤から歯が立たない場合は『入問英文』の復習や『ハイトレ』 シリーズで英文解釈の経験値を積んでから再び取り組む。

合格へ導く英語長文 Rise 構文解釈 1.基礎~難関編(高2~難関国公立・難関私立レベル)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ジャンプアップノート 英文読解」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数176
目安時間50h

74題×40分

テスト
対象間違えやすいポイントを知りたい生徒

特徴

導入部で受験生がつまずきやすいポイントを述べ、簡単に解説した後に問題、解説と続く。

解説の直前にFOCUS ONという、問題の着眼点が記載されており、問題のポイントがわかりやすい。

Unitごとに2題問題があり、それぞれ問題のポイントはほぼ同じである。1つのポイントにつき2題ずつ演習をすることができるため、定着度も上がるだろう。

全ての問題について詳しい解説と、和訳の難しい文の構文解説が行われ ている。また、その構文解説ではFOCUS ONの内容について触れているため、より理解が深まるだろう。

使い方と注意点

頭から進めていく。必ず導入部の内容をはっきり意識しながら問題を解いてほしい。

また、間違えた問 題はなぜ間違えたのかを必ず解説を読んで理解しよう。

 

合格へ導く英語長文 Rise 構文解釈 2.基礎~難関編(難関国公立・難関私立~東大・京大レベル)

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「Rise 構文解釈 1」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数196
目安時間45h

62題×40分

テスト
対象間違えやすいポイントを知りたい学生

特徴

導入部で受験生がつまずきやすいポイントを述べ、簡単に解説した後に問題、解説と続く。

解説の直前にFOCUS ONという、問題の着眼点が記載されており、問題のポイントがわかりやすい。

Unitごとに2題問題があり、それぞれ問題のポイントはほぼ同じである。1つのポイントにつき2題ずつ演習をすることができるため、定着度も上がるだろう。

全ての問題について詳しい解説と、和訳の難しい文の構文解説が行われ ている。また、その構文解説ではFOCUS ONの内容について触れているため、より理解が深まるだろう。

使い方と注意点

頭から進めていく。必ず導入部の内容をはっきり意識しながら問題を解いてほしい。

また、間違えた問 題はなぜ間違えたのかを必ず解説を読んで理解しよう。

「Part2」で長文の解法を扱っている。

 

英文読解入門 基本はここだ!ー代々木ゼミ方式 改訂版

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「ジャンプアップノート 英文読解」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数165
目安時間10h
テスト
対象英文解釈に苦手のある生徒

特徴

本書は中学や高校の教科書レベルの短い英文を用いて、英文解釈の基本をわかりやすく解説している。

語り口調で解説がされているため、文章を読むことが苦手な生徒にも読み進めやすい参考書になっている。

使い方と注意点

②例題と説明を順に読み進めていき、『入問英文』の補助教材として活用していってほしい。

例文の文意がわかったとしても、説明されているルールはレベルの高い文に応用可能であるため、説明を読み飛ばすことない ように注意しよう。

おすすめ英語の参考書ルート 長文読解編

英語 4 技能 ハイパートレーニング 長文読解(3)標準編

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「入門英文問題精講」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数256
目安時間15h

20Unit×45分

テスト
対象解釈の基礎が終わり長文読解に入る生徒

特徴

本シリーズは長文読解の問題集ながら全文和訳だけでなく全文の構造解説があり解説がとても詳しく、精読による英文解釈の学習にも適している。

また、文中に出てきた頻出単語はまとめて掲載されているため、 単語の確認を行うことができる。

付属のCDを利用することでリスニング対策も行うことができる

使い方と注意点

まずは長文読解の設問を制限時間通りに解く。

その後全文の構文に括弧などをつけて分解し全文和訳をする。

その後、CDを用いてサイトトランスレーションで区切られた単位ずつ音読することでリスニング対策を行う。

英語 4 技能 ハイパートレーニング 長文読解(4)中級編

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「英語4技能 リーディング ハイパートレーニング3」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数256
目安時間20h

20Unit×60分

テスト
対象長文読解をしっかり伸ばしたい生徒

特徴

本シリーズは長文読解の問題集ながら全文和訳だけでなく全文の構造解説があり解説がとても詳しく、精読による英文解釈の学習にも適している。

また、文中に出てきた頻出単語はまとめて掲載されているため、 単語の確認を行うことができる。

付属のCDを利用することでリスニング対策も行うことができる

使い方と注意点

まずは長文読解の設問を制限時間通りに解く。

その後全文の構文に括弧などをつけて分解し全文和訳をする。

その後、CDを用いてサイトトランスレーションで区切られた単位ずつ音読することでリスニング対策を行う。

英語で読む力。54のサンプル・リーディングで鍛える!

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル

「英語4技能 リーディング ハイパートレーニング 4」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数364
目安時間35h
テスト
対象ある程度読解力が安定していて、さまざまなタイプの問題に触れたい生徒

特徴

図表グラフ問題、お知らせ・広告、メール問題、エッセーといった様々なタイプの英文題材を取り扱っている。

「読解のポイント」、 「ボキャブラリーを確認」、 「機能フレーズを確認」で読解において必要な単語・熟 語がまとまっている。

使い方と注意点

エッセーにはサイトトランスレーションで読んでいく場合の日本語訳が書かれており、英文を読み、別冊の問題を解く。

その後に読解のポイント、ボキャブラリーを確認、機能フレーズを 用いて、日本語訳と照らし合わせながら復習していく。

別冊の問題の解答はないので、日本語訳を用いて自分で復習する必要があるので注意が必要。

合格へ導く英語長文 Rise 読解演習 1.基礎編(高2~センター試験基礎レベル)

基本データ

前提レベルなし
到達レベル高校基礎レベル
ページ数136
目安時間10h

12題×45分

テスト
対象長文読解の学習を始める生徒

特徴

各設問の解説、全文和訳と難しい文の構文解釈をしている。

各問題の最初にwords数、出題大学、制限時間を記載しており、その問題のレベルを意識しながら問題演習に取り組むことができる。

また、問題の難易 度も解き進めるほどに上がっていくため、無理なく長文読解力を上げることができるだろう。

記述式、選択式、抜き出し式等様々な問題形式を扱っているため、英語長文読解のために必要なものを総合的に鍛えるこ とができるだろう。

Riseシリーズの最初の1冊である。受験準備として取り組み、英文読解に必要な知識を学習してほしい。

使い方と注意点

出題大学や制限時間を意識して丁寧に解き、将来的にはどのくらいスピードアップし なければならないのかを把握しよう。

その後問題の正解不正解問わず全ての解説を読み問題の正しい解き方を把握する。最後に読解PLUS ONEを確認すること。

合格へ導く英語長文 Rise 読解演習 2.基礎~標準編(センター試験レベル)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「Rise 読解演習 1」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数184
目安時間15h

15題×60分

テスト
対象長文読解に苦手意識のある生徒

特徴

各設問の解説、全文和訳と難しい文の構文解釈をしている。

各問題の最初にwords数、出題大学、制限時間を記載しており、その問題のレベルを意識しながら問題演習に取り組むことができる。

また、問題の難易 度も解き進めるほどに上がっていくため、無理なく長文読解力を上げることができるだろう。

記述式、選択式、抜き出し式等様々な問題形式を扱っているため、英語長文読解のために必要なものを総合的に鍛えるこ とができるだろう。

Riseシリーズの最初の1冊である。受験準備として取り組み、英文読解に必要な知識を学習してほしい。

使い方と注意点

出題大学や制限時間を意識して丁寧に解き、将来的にはどのくらいスピードアップし なければならないのかを把握しよう。

その後問題の正解不正解問わず全ての解説を読み問題の正しい解き方を把握する。最後に読解PLUS ONEを確認すること。

合格へ導く英語長文 Rise 読解演習 3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル)

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「Rise 読解演習 2」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数192
目安時間15題
テスト
対象英文は読めても長文が読めない生徒

特徴

各設問の解説、全文和訳と難しい文の構文解釈をしている。各問題の最初にwords数、出題大学、制限時間を記載しており、その問題のレベルを意識しながら問題演習に取り組むことができる。

また、問題の難易 度も解き進めるほどに難しくなっていくため、無理なく長文読解力を上げることができるだろう。

記述式、選択式、抜き出し式等様々な問題形式を扱っているため、英語長文読解のために必要なものを総合的に鍛え ることができるだろう。

本書は、各英文は読めても長文問題は苦手という生徒向けのため、内容把握問題や文脈把握問題が多くなっている。

使い方と注意点

出題大学や制限時間を意識して丁寧に解き、将来的にはどのくらいス ピードアップしなければならないのかを把握しよう。

その後問題の正解不正解問わず全ての解説を読み問題の正しい解き方を把握する。最後に読解PLUS ONEを確認すること。

合格へ導く英語長文 Rise 読解演習 4.最難関編(東大・早慶上智レベル)

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル

「ポレポレ英文読解プロセス50」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数208
目安時間30h

15題×115分

テスト
対象より難易度の高い長文攻略に向けて力をつけたい生徒

特徴

各設問の解説、全文和訳と難しい文の構文解釈をしている。各問題の最初にwords数、出題大学、制限時間を記載しており、その問題のレベルを意識しながら問題演習に取り組むことができる。

また、問題の難易 度も解き進めるほどに難しくなっていくため、無理なく長文読解力を上げることができるだろう。

記述式、選択式、抜き出し式等様々な問題形式を扱っているため、英語長文読解のために必要なものを総合的に鍛え ることができるだろう。

最難関大学を目指す生徒向けに執筆されており、難解な長文読解は精読だけでなくパラグラフリーディングも必要になってくる。

読解PLUS ONEではパラグラフ展開を確認し、要約を記載 している。

使い方と注意点

出題大学や制限時間を意識して丁寧に解き、将来的にはどのくらいスピードアップしなければならないのかを把握しよう。

その後問題の正解不正解問わず全ての解説を読み問題の正しい解き方を把握 する。最後に読解PLUS ONEを確認すること。

やっておきたい英語長文500

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数139
目安時間20h

20題×60分

テスト
対象基礎的な長文をたくさん解きたい生徒

特徴

入試問題を長文のwords数で選択していることが特徴である。

words数が増えるほど難易度や出題大学のレベルも上がっていく。

本書は1題の長文問題に対して選択、和訳、記述形式の問題を取り入れており、 どの問題形式も満遍なく取り組むことができる。

また解説の最後には問題文の要約も記載されているので、要約対策にも使うことができる。

アドバイスコーナーを設けており、設問を解く際の着眼点や考え方、論旨 の展開を読み解くうえで知っておくべきことがまとめてある。

使い方と注意点

制限時間を意識して問題に取り組み、この際制限時間を越えても全ての問題を解き切ること。

問題を解き終わった後は解説を見ながら、どこが理解 できていなかったのかを必ず把握すること。決して正誤確認のみにしないことを心がけてほしい。

本書はほかの参考書に比べ構文解説や設問解説が少ないため、問題演習確保用に使うことを推奨する。

やっておきたい英語長文700

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「やっておきたい英語長文500」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数192
目安時間20h

15題×90分

テスト
対象英文は読めても長文が読めない生徒

特徴

入試問題を長文のwords数で選択していることが特徴である。

words数が増えるほど難易度や出題大学のレベルも上がっていく。

本書は1題の長文問題に対して選択、和訳、記述形式の問題を取り入れており、 どの問題形式も満遍なく取り組むことができる。

また解説の最後には問題文の要約も記載されているので、要約対策にも使うことができる。

アドバイスコーナーを設けており、設問を解く際の着眼点や考え方、論旨 の展開を読み解くうえで知っておくべきことがまとめてある。

使い方と注意点

制限時間を意識して問題に取り組み、この際制限時間を越えても全ての問題を解き切ること。

問題を解き終わった後は解説を見ながら、どこが理解 できていなかったのかを必ず把握すること。決して正誤確認のみにしないことを心がけてほしい。

本書はほかの参考書に比べ構文解説や設問解説が少ないため、問題演習確保用に使うことを推奨する。

やっておきたい英語長文1000

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル

「やっておきたい英語長文700」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数142
目安時間20h

10題×120分

テスト
対象応用的な長文を学びたい生徒

特徴

入試問題を長文のwords数で選択していることが特徴である。

words数が増えるほど難易度や出題大学のレベルも上がっていく。

本書は1題の長文問題に対して選択、和訳、記述形式の問題を取り入れており、 どの問題形式も満遍なく取り組むことができる。

また解説の最後には問題文の要約も記載されているので、要約対策にも使うことができる。

アドバイスコーナーを設けており、設問を解く際の着眼点や考え方、論旨 の展開を読み解くうえで知っておくべきことがまとめてある。

使い方と注意点

制限時間を意識して問題に取り組み、この際制限時間を越えても全ての問題を解き切ること。

問題を解き終わった後は解説を見ながら、どこが理解 できていなかったのかを必ず把握すること。決して正誤確認のみにしないことを心がけてほしい。

本書はほかの参考書に比べ構文解説や設問解説が少ないため、問題演習確保用に使うことを推奨する。

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編 河合塾SERIES

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数200
目安時間20h

3パート×360分

テスト
対象パラグラフリーディングをこれから勉強する生徒

特徴

パラグラフリーディングの理解本であり、論理チャート、論理マーカーといった道具を使って英語の評論の特徴や構成把握の仕方を柔らかい喋り口調で解説していく。

パート1ではパラグラフリーディングの基本 ストラテジーを、パート2では論理マーカーの働きを、パート3では長文問題の解法ストラテジーを解説している。

パート1で現代文にも見られるような論理展開について学び、パート2でその論理展開の見つけ 方を学び、パート3で実際の長文でのパラグラフリーディングの仕方を学ぶことができる。

使い方と注意点

最初から本書の内容を完璧に理解することは難しく、復習を繰り返しながら長文問題演習の際に本書の内容を意識して 解いてみるとよいだろう。

できればパラグラフ展開や論理チャートが載っている参考書を使って演習を重ねてほしい。

ロジカル・リーディング ~三角ロジックで英語がすんなり読める

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数224
目安時間30h

10章×180分

テスト
対象パラグラフリーディング・ロジカルリーディングの勉強をこれから始める生徒

特徴

ロジカルリーディングの理解本であり、長文の論理展開を分析し、そのパターンごとに論理の構造や読み進め方を解説していく。

本書の解説でパターンを理解し例題を解くことでロジカルリーディングを身につけ る事ができれば、応用力を要するレベルの高い長文問題において大きな武器となるだろう。

使い方と注意点

各章のパターンごとの論理展開の解説をよく読み込んだうえで例題を解く。

問題数は少ないので、ほかのパラグラフリ ーディングの問題集も解き、数をこなしてから普通の長文問題集で練習が必要である。

話題別英単語リンガメタリカ[改訂版]

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数392
目安時間25h

50題×30分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・単語以外の知識も取り組みたい生徒

特徴

単語を覚えながら背景知識や現在の問題点を理解する事ができるため、長文を読む際大きな助けとなるだろう。

経済・社会・心理などの文系の知識から医療・環境・科学などの理系の知識、また、インターネット・ 差別・テロなどの現在の社会問題に纏わる知識まで、非常に幅が広いテーマが掲載されている。

背景知識の解説や長文中の単語・連語・派生語・多義語など、覚えるべきものはほとんど赤シートで隠せるようになっ ているため、より覚えやすいだろう。

使い方と注意点

難易度の高い単語帳であるため、ターゲット 1900 レベルの単語帳を終え、より知識を深めたい生徒向けである。

背景知識の日本語文を読むだけでもよいし、文系なら文 系、理系なら理系のテーマに関する章のみに取り組んだり、自分の受ける学部のテーマに関する章のみピンポイントで取り組んだりするのもよい。

様々な使い方があるため、自分にあった取り組み方を見つけよう。

テーマ別英単語 ACADEMIC[初級]

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数296
目安時間25h

55問×20分

7テーマ×60分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・幅広い分野の教養を学びたい生徒

特徴

学問の世界の入門として扱われる教養に関する背景知識から現代の課題までの解説によるインプットと、それに関する英文を読むことで知識と英単語を身に付けられる。

文系・理系問わずに様々な分野が掲載され ている。

使い方と注意点

単語の難易度が高いため、ターゲット1900レベルの単語帳を終え、知識を深めて教養を学びたい生徒向けである。

設問は無いため、英語の読み物として扱う、日本語の背景知識解説だけを読むなど必 要に応じて自分なりの使い方で使おう。

テーマ別英単語 ACADEMIC[中級]01 人文・社会科学編

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数328
目安時間30h

64問×20分

7テーマ×60分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・幅広い分野の教養を学びたい生徒

特徴

学問の世界の入門として扱われる教養に関する背景知識から現代の課題までの解説によるインプットと、それに関する英文を読むことで知識と英単語を身に付けられる。

文系・理系問わずに様々な分野が掲載され ている。

使い方と注意点

単語の難易度が高いため、ターゲット1900レベルの単語帳を終え、知識を深めて教養を学びたい生徒向けである。

設問は無いため、英語の読み物として扱う、日本語の背景知識解説だけを読むなど必 要に応じて自分なりの使い方で使おう。

テーマ別英単語 ACADEMIC[中級]02 自然科学編

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数264
目安時間25h

51問×20分

6テーマ×60分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・幅広い分野の教養を学びたい生徒

特徴

学問の世界の入門として扱われる教養に関する背景知識から現代の課題までの解説によるインプットと、それに関する英文を読むことで知識と英単語を身に付けられる。

文系・理系問わずに様々な分野が掲載され ている。

使い方と注意点

単語の難易度が高いため、ターゲット1900レベルの単語帳を終え、知識を深めて教養を学びたい生徒向けである。

設問は無いため、英語の読み物として扱う、日本語の背景知識解説だけを読むなど必 要に応じて自分なりの使い方で使おう。

テーマ別英単語 ACADEMIC[上級]01 人文・社会科学編

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶
ページ数296
目安時間25h

48テーマ×20分

5テーマ×60分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・幅広い分野の教養を学びたい生徒

特徴

学問の世界の入門として扱われる教養に関する背景知識から現代の課題までの解説によるインプットと、それに関する英文を読むことで知識と英単語を身に付けられる。

文系・理系問わずに様々な分野が掲載され ている。

使い方と注意点

単語の難易度が高いため、ターゲット1900レベルの単語帳を終え、知識を深めて教養を学びたい生徒向けである。

設問は無いため、英語の読み物として扱う、日本語の背景知識解説だけを読むなど必 要に応じて自分なりの使い方で使おう。

テーマ別英単語 ACADEMIC[上級]02 自然科学編

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数264
目安時間20h

45問×20分

4テーマ×60分

テスト
対象テーマ別に単語を覚えたい生徒・幅広い分野の教養を学びたい生徒

特徴

学問の世界の入門として扱われる教養に関する背景知識から現代の課題までの解説によるインプットと、それに関する英文を読むことで知識と英単語を身に付けられる。

文系・理系問わずに様々な分野が掲載され ている。

使い方と注意点

単語の難易度が高いため、ターゲット1900レベルの単語帳を終え、知識を深めて教養を学びたい生徒向けである。

設問は無いため、英語の読み物として扱う、日本語の背景知識解説だけを読むなど必 要に応じて自分なりの使い方で使おう。

 

おすすめ英語の参考書ルート ライティング編

大矢復 英作文講義の実況中継(実況中継シリーズ)

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「中学英語をひとつひとつわかりやすく」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数282
目安時間25h

Paart1:Lesson50×20分

Paart2:単語63個×5分

Paart3:Lesson3×60分

テスト
対象英作文の学習を始める生徒・英作文が苦手な生徒

特徴

英作文の考え方がわかる。

時間がなければこれを一冊だけで最低限の英作文には対応できる。自由英作文にも対応している。

使い方と注意点

まずはPart1を通読していく。その際、問題は頭の中で5分ほど考え てから進めていく。

2周目は問題を実際に紙に解いてから進めていく。

Part1の通読及び演習に並行してPart2で英作文で使いやすい表現を理解していく

。必要ならばPart1.2が一通り終わればPart3(自 由英作文編)をPart1同様の方法で2周する。

基礎からのジャンプアップノート 英作文 演習ドリル

基本データ

前提レベル高校基礎レベル
到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数174
目安時間10h

20Unit×30分

テスト
対象基礎演習を通して英作文の力を強固にしたい生徒

特徴

文法事項を丁寧に確認しながら実際に英作文の力を養える。

『大矢復 英作文講義の実況中継』をこなした後に、一度易しい問題で力がついたかを確認したい場合に利用すると良い。

使い方と注意点

英訳問題か自 由英作文かを問わず全問題を解いていく。

その際、各Unit冒頭にまとめられているPointをしっかり確認する。

また、自由英作文が志望校で出題される場合には各Unitの「5文英作文」とUnit18~19 に収録されている各問題の解答を丸暗記することをオススメする。

頻出テーマを網羅しており、入試当日に威力を発揮するだろう。

大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「英作文の実況中継」終了

到達レベル日東駒専・産近甲龍レベル
ページ数216
目安時間30h

66Lessons×15分

復習問題9題×30分

例文暗記540分

テスト
対象英作文の演習量を詳しい解説で積みたい生徒

特徴

『大矢復 英作文講義の実況中継』で学んだ内容を復習しながら、関連知識を得ることができる。

使い方と注意点

まずは、各講冒頭の問題を考えた後に講義を読み進める。

文法事項を意識しながら進めよう。

解説されていることが一通り理解できたら、理解した内容を念頭に置きながら巻末付録の例文を暗記できるように努めよう。

大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「英作文ハイパートレーニング 和文英訳編」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数187
目安時間25h

第1部 300分

第2部 18問×30分

第3部 8問×40分

第4部 5問×30分

テスト
対象英作文の基礎を習得した生徒で自由英作文の対策をしたい生徒

特徴

基礎から複雑なものまで様々な形式・テーマの自由英作文の考え方と演習を積むことができる。

使い方と注意点

まずは第1部を通読する。

完全に2周ほど行い理解できるまで読み込む。

その後、第2部と第3部 を実際に問題を解きながら進める。

問題を解くときも解答例を読むときも第1部の内容を念頭に置いて進める。

第2部の解答例は自分でも繰り返し書いて暗唱し暗記できるようにすると表現の幅が広がる。

第4部は必要な場合にのみ第2部、第3部同様に演習するとよいだろう。

大学入試 最難関大への英作文 ハイパートレーニング

基本データ

前提レベル日東駒専・産近甲龍レベル

「英作文ハイパートレーニング和文英訳編」終了(自由作文が出ない場合)

「英作文ハイパートレーニング自由作文編」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数312
目安時間 

35h

Chapter1:25問×15分

Chapter1:25問×30分

Chapter1:24問×30分

テスト
対象英作文の基礎は習得したうえで表現の幅を広げたい難関大志望の生徒

特徴

英作文の基礎がコンパクトにまとめられ、その知識をもとに有名大学の入試問題で演習を進めていく事ができる。

使い方と注意点

まずは Chapter1を通読し解答例を暗記していく。

その後、志望校の出題形式に 合わせて和文英訳編と自由英作文編を同様に演習し解答例を暗記していく。

CD付 英語で書く力。70のサンプル・ライティングで鍛える!

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル

「最難関大への英作文 ハイパートレーニング」終了

到達レベル早慶レベル
ページ数384
目安時間35h

46Function×10分

Section1:10unit×30分

Section2,3:20unit×40分

Section4:10unit×90分

テスト
対象ある程度エッセイを書く力があるが、論理的なエッセイがまだかけない生徒

特徴

写真・対話・テーマについての意見表明など、様々な問題形式に触れることができる。 「ボキャブラリーを確認」 ・「機能フレーズを確認」にて頻出表現を暗記できる。

使い方と注意点

1章はよく使うキーフレーズ とその意味、例文が書かれており、機能表現を学びつつよく使う言い回しを理解し、暗記する。

2 章の Section1 は写真を見て、それについて描写する。Section2 は対話を CD で聴き取り要約する。

Section3は身近な問題から社会問題まで幅広い分野についての意見を述べる。Section4は記事+スピーチを読み、それを英語で要約する。

模範解答はとてもよいが、型にはまった形ではないため初学 者にとってやや理解しづらいかもしれない。

「意見・要約の論理の流れ」だけでは英作文の方法論が足りず不親切かもしれない。『図式で攻略!英語スピーキング』の方はそこが丁寧に説明されてあるの で参考にしてほしい。

CD3枚付 英語で考える力。40のサンプル・シンキングで鍛える!

基本データ

前提レベル早慶レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数430
目安時間45h

27Function×10分

40Unit×60分

テスト
対象大学の講義レベルの英語を身に着けたい生徒・海外留学を検討している生徒

特徴

非常にレベルの高い参考書である。

問題1つ1つが難解。TOEFL iBT110点以上取りたい人向けである。CDはイギリス英語でスピードも速い。

使い方と注意点

1章はよく使うキーフレーズとその意味、例文が書 かれており、機能表現を学びつつよく使う言い回しを理解し、暗記する。

2章はまずMaterial(文やグラフ)を分析してCD音声を聞き取って内容を確認する。

その後Critical AnalysisでMaterialの 分析から判明した問題点に対する目標や解決策を勉強する。

次に Critical Q&A では CD 音声で聴いた音源がスクリプトで書かれているので Critical Analysis で分析した解決策と比較しながら学習す る。

Logical PresentationはCritical Q&Aをプレゼンテーション形式に変化させた模範解答例である。

CD音声を聴きながらそれを復習する。最後にThink for Yourself!で今までの内容を踏まえて自 分でCritical Analysis、Critical Q&A、Logical Presentationをやってみる。

おすすめ英語の参考書ルート リスニング編

英語耳[改定・新CD版]発音ができるとリスニングができる

基本データ

前提レベルなし
到達レベル高校基礎レベル
ページ数184
目安時間10h

7章×60分

巻末practice57題×3分

テスト
対象リスニングの勉強をはじめる生徒・リスニングが伸び悩んでいる生徒

特徴

本書は日本人が軽視しがちな英語の発音を矯正できるコンセプトとなっている。

発音できない音は聞き取ることができないのでリスニング力が底上げできる。

使い方と注意点

まずは第 1 章を通読する。

次に、第 2章~第4章を実際に音声を聞いて発音していく。

本文の説明を見なくても発音ができるようになれば、CDを通して毎日2周は発音して体に染み込ませていく。

すべての発音ができるようになるまで 続ける必要があり人によっては習得に時間を有することもある。

しかし、一回CDを全て流すのに20分ほどなので周回のハードルは低いので毎日コツコツ行おう。

周回演習に取り組み始めたら第5章 を通読すると良い。

第6章以降は空き時間に読めると英語学習の指針となるかもしれない。

15時間で速習 英語耳 頻出 1660語を含む英文+図で英会話の8割が聞き取れる

基本データ

前提レベル高校基礎レベル

「英語耳」終了

到達レベル大東亜帝国・接神追桃レベル
ページ数280
目安時間例文150題×5分

巻末全英文リスト180分

テスト
対象中学レベルの英文法を習得している生徒、発音はできるが文になるとうまく発音できない生徒

特徴

本書は『英語耳[改定・新CD版]』の続編であり、単語と単語のつながり(いわゆるリエゾン)を学ぶ。

収録CDのスピードがとても速いので、正しい発音でこのスピードで発音できるようになること を目標とする。

使い方と注意点

基本的には巻頭から巻末までCDを使って発音しながら進めていく。

発音できるようになるまで何度も繰り返し発音していく。全文発音の方法を理解したら、CDを通しで流して発音 出来るようにする。

文をCDと同じスピードで発音できるようになることを目標に進めていくことになる

CD3枚付  英語で聞く力。81のサンプル・リスニングで鍛える!

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「英語耳速習」終了

到達レベル
ページ数360
目安時間15h

26Function×10分

Section1、2:30Unit×15分

Section3:37Unit×20分

Section4:7Unit×60分

Section5:7Unit×90分

テスト
対象基本を押さえ、さらに上のレベルを目指す生徒

特徴

1章はよく使うキーフレーズとその意味、例文が書かれており、機能表現を学ぶことでよく使う言い回しを理解し、暗記する。

2章は「聞き取りのポイント」を参考にしながら、ダイアローグやモノロ ーグを音声CDで聞く。次に英文音声のトランスクリプトと日本語訳を確認する。

最後に2・3問ほどリスニング素材に関する質問に答える。

英検2級~1級、TOEFL iBT、TOEIC、TEAPと幅広い 問題に対応している。

使い方と注意点

ほどよい難易度だが問題の解説がないのが難点。

自分でトランスクリプトと日本語訳を見返し、復習する必要がある。

後半の方の単語レベルは1級レベルに引き上げられる。

キムタツの東大英語リスニングBASIC(英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

基本データ

前提レベル大東亜帝国・接神追桃レベル

「英語耳速習」終了

到達レベルMARCH・関関同立レベル
ページ数140
目安時間15h

Chapter1:10分

Chapter2:5exercise×30分

Chapter3:20test×30分

テスト
対象リスニングの二次試験対策をしたい生徒

特徴

Chapter1でリスニングの戦略を知り、Chapter2でディクテーションで英語に慣れ、Chapter3で実際の入試問題に即した問題を解く。

応用的なリスニング力を身に着けるために最適の構成となって いると言えるだろう。

本書はStructure(構造)・Sense(意味)・Sound(発音)の3つの理解を核に置いている。

和訳問題と違ってリスニング問題は話された英語をリアルタイムで理解していかな くてはならないので、3Sのマスターがカギとなってくるだろう。

使い方と注意点

Chapter2を解く際は、問題文は2回と書いてあるが無視して何度も聞いてよいので解答を完成させよう。

Chapter3は所定の回数 を守って問題を解いた後、解答を見る前に何度も聞いて全問答えるとよいだろう。

所定の回数内では聞き取れなかったのか、そもそも聞き取れないフレーズだったのかは大きな差である。

問題を解き終 わったら解説を読み、最後にもう1度聞いてみよう。最初に聞いた時とは違って聞こえるはずだ。

灘高キムタツの東大英語リスニング(英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

基本データ

前提レベルMARCH・関関同立レベル
到達レベル早慶レベル
ページ数252
目安時間20h

Chapter1:15分

Chapter2:3exercise×30分

Chapter3:10test×100分

テスト
対象ハイレベルなリスニングを求められる生徒

特徴

本書はStructure(構造) ・Sense(意味)・Sound(発音)の3つの理解を核に置いている。

和訳問題と違ってリスニング問題は話された英語をリアルタイムで理解していかなくてはならないので、 3Sのマスターがカギとなってくるだろう。

使い方と注意点

本書の指示通りに音声を流して問題に取り組もう。

その後解説を読み、正しく正解を導けたかどうかを確認する。

さらにスクリプトを読んで、自分の英文 の理解が合っていたかを確認する。

最後に問題文をもう1度聞き、ディクテーションやシャドーイングを行おう。

 

おすすめ英語の参考書ルート スピーキング編

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

基本データ

前提レベル「英語耳」終了
到達レベル
ページ数205
目安時間15h

79題×10分

テスト
対象スピーキングの練習を始めるすべての生徒

特徴

中学 1 年から中学 3 年レベルの短くて簡単な日本語を素早く英語に直して発音していく作業を繰り返すことによって、スピーキングのトレーニングを行う参考書である。

使い方と注意点

『英語耳』を数回こな してから本書に取り組んでほしい。

CDのポーズ中に声に出すことが大切である。

『英語耳』と同様、本書も数回繰り返し学習してほしい。

ビジネスで一番よく使う英会話

基本データ

前提レベル「どんどん話すための瞬間英作文」終了
到達レベル
ページ数351
目安時間25h

62scene×20分

テスト
対象英語の会話文に慣れていな い生徒・リスニング対策をし たことがない生徒

特徴

会話文においてよく使われる表現やキーフレーズがまとまっている。

TOEIC、TOEFL、GTEC、英検など日常会話が出題されるどの試験でも使えるため汎用性は高い。

使い方と注意点

フレーズとその日本語訳が 書いてあるので暗記し、その後に音声を聴きながらフレーズを使った例文を読んでいく。

最後にそのフレーズ解説を読んで関連・予備知識をつけていく。

フレーズ練習でよく使われる表現を例文で勉強 し、その後ダイアログ練習で勉強したフレーズを使った会話文を音声で聴きながら勉強していく。

取り組み時間を多く要するため、完璧に暗記しようとすると時間がかかる。

まずは慣れてもらうことが 大事なため、音声を聴きながら参考書を読んで「慣らしていく」ことが重要。

4コマ漫画で攻略! 英語スピーキング

基本データ

前提レベル「ビジネスで一番よく使う英会話」終了
到達レベル
ページ数435
目安時間45h

100題×25分

テスト
対象イラスト説明問題の対策をしたい生徒

特徴

英検2級・準1級の3・4コマ漫画の説明問題である。

TOEFLのイラストの説明問題の対策に向いている。

単語レベルは英検準2級・2級程度。単語・文法の基本が身についていれば使用できる。

Step2の模範解答例が難しくなく、受験者が難なく本試験で発揮できるレベル。

Step4・5では、よく使う日常表現や単語がまとまっていて使い勝手がよい。

使い方と注意点

Step1では4コマ漫画のイラストをみ て、ヒントとして与えられているキーワードを用いながら英語でそのイラストを説明する。

次に Step2 の模範解答の英語スクリプト・Step3 の日本語訳を確認しながら、音声を聞いていく。

その後、 Step4で重要単語・熟語の確認、Step5で頻出な例文を確認。

最後にStep6で穴あき英語で定着を確認していく。

これを繰り返し行う。

模範解答例は全て1人称視点であるため、英検など3人称視点 で説明する試験を受験する際には過去問等で補う必要がある。

Step6は難易度高めなので100%できる必要はない。

大学受験対策 はじめてでも1発合格! 英検準1級スピーキング大特訓

基本データ

前提レベル「4コマ漫画で攻略!英語スピーキング」終了
到達レベル
ページ数264
目安時間45h

第2章20Unit×10分

第3章12Unit×60分

第4章14Unit×90分

テスト
対象英検準1級の面接対策をしたい生徒

特徴

「模範解答」というよりは、英語力があまりない生徒がもっている知識で「合格するための解答例」が載っており、最低限答えなければならないポイントが簡潔にまとめられている。

音声データも付属 しているため、基本的にはシャドーイングをしながら勉強をしていく。

第1章は面接の際の入退出の流れ・配点・よく出題される問題・よく使う表現がまとまっている。

第2章「短文練習」では、日常 生活からビジネスまで幅広い状況においてよく使う表現がUnit1~20にまとまっている。

使い方と注意点

第2章は左ページの日本語訳のみをみて英訳できるか試みる。

この時、ヒントを参照してもよい。

その後、 右ページの解答を照らし合わせながら音声を聴いて勉強していく。

第3章「模擬テスト」では、実際の英検準1級のスピーキングの問題が12題収録されており、音声を聴きながら、本番の想定で問題 を練習していく。

あくまでも合格見本例は合格するための最低限の解答を提示しているため、満点解答ではないので注意が必要である。

CD付 図式で攻略英語スピーキング

基本データ

前提レベル「英検準一級 スピーキング 大特訓」終了
到達レベル
ページ数360
目安時間40h

第1部30テーマ×60分

第2部20テーマ×30分

テスト
対象スピーキングに限らず、英語 で論理的に意見を述べるの が苦手な生徒

特徴

英検2級~1級、TOEFLの社会問題について自分の見解を述べる際の設問の対策に向いている。賛成、反対意見の両方の模範解答が書かれていて、論理展開の作り方がしっかりしている。

この著書で 紹介されている「コンセプトマップ」の考え方は、ライティング(エッセイ)にも必要な考え方であるため、ライティング対策にもなる。

特にダイアローグ編はリスニング対策にもなる。

Words and phrasesでは重要単語・表現がまとまっていてよい。

Tipsにはよく利用するキーフレーズがまとまっていてよい。

使い方と注意点

スピーチ編では問われているテーマについての「背景知識とヒント」を用いてスピ ーチの土台となるコンセプトマップを作成し、スピーチにチャレンジする。

その後賛成・反対意見の模範例を CD で聴き、ディクテーションすることで復習する。

ダイアローグ編ではスピーチ編同様に 「背景知識とヒント」を用いる。その後自分の意見をまとめた後、CDを聞きそれについてのダイアローグを聴く。

ダイアローグ編の使用方法が明確ではないのが難点である。

模範解答例が満点解答のた め、受験生がその解答例を実際に面接で実施するのは難しい。

 

参考書は学力に合わせて選ぶことが重要

近年では様々な参考書が発売されており、どの参考書を選ぶべきか悩む受験生も多くなっています。多くの人が使っている人気の参考書を使うだけでなく、受験生が足りない内容を補える参考書を選ぶということが重要です。また、志望する大学や学部の入試形式によってもやるべき参考書が異なります。そのため、一人ひとりに合わせた参考書を選ぶということが重要です。

アクシブアカデミーでは、1:1の個別授業でそれぞれに合わせた学習計画を提供しています。さらに、出願や願書提出時のサポートも行っています。

・一人ひとり合わせた学習計画
・推薦入試での志望理由書を添削指導
・受験の願書提出サポート
・夢や目標に合わせた受験校提案

受験生が勉強に集中できるよう徹底的なサポートを実施しているアクシブアカデミー。無料の受験相談も実施しておりますので、志望校選びに悩んでいる方はぜひ一度お問い合わせください。

アクシブアカデミーの無料受験相談はこちらから!!

◆ AXIV ACADEMY(アクシブアカデミー)の概要

「生徒の人生を真剣に考え、全力でサポートする」

「変わりたい。」を叶えるを実現するために、今までの常識にとらわれない、新しい形態の予備校を運営しています。私たちは、生徒自らが夢や目標を定め、なぜ勉強が必要かを理解できるように正しい情報を提供し、進路指導に時間をかけて受験戦略を立ち上げ、受験で必要な全科目に対して学習計画を練り、進捗管理を行っています。最高の「環境」「指導」「ツール」を提供すべくWebやiPadを活用し、全国のどの地域からでも受講できるように遠隔での指導を行っています。東大の隣にオフィスを構えており、指導チームを中心に、受験に精通した経験豊富な専属スタッフが受験まで1:1でサポートします。

https://axivacademy.com/axiv_lp

◆ AXIV ACADEMY(アクシブアカデミー)へのお問い合わせこちら

私たちといっしょに「質の高い学習時間」を伸ばしませんか?

30秒で簡単!まずは資料請求・お問合せくださいお問い合わせ&資料請求はこちら

【無料】受験相談と2週間体験授業も実施中無料受験相談&無料体験授業に申し込み

●アクシブアカデミー公式LINE登録で書籍無料プレゼント!! →LINE友達登録はこちらから

 

変わりたい。を叶える

学習時間と学習効率を飛躍的に伸ばしたい方は、2週間無料体験にお越しください。
担任コーチと専属トレーナーのサポートで、あなたの努力とその効果を拡張していきます。

まずは2週間無料体験へ