アクシブアカデミー東陽町校

ブログ

スマホゲーム依存症part10

こんにちは!

アクシブアカデミー 東陽町校の及川です!

今回はスマホゲーム依存症についてお話していこうと思います。

スマホゲーム依存症part9の続きとなりますので、まだ読んでいない人はそちらを先にお読みください。

樋口進さんの著書 ”スマホゲーム依存症” を参考にお話します。

 

モニタリングのコツ

モニタリングとは、自分の現状を見つめて、依存から抜け出すきっかけを見つけていくために行うものです。

モニタリングを継続させるコツと、スマホゲーム依存と向き合うヒントを、次にいくつかご紹介します。

 

続けるコツは「◎」「◯」「×」

自分が設定した目標を守れたかどうかを、「◎」「◯」「×」の三段階で評価します。

できるだけシンプルに評価する方が長く続きます。

ちなみに、「◎」は全くゲームをしなかった、「◯」はゲームをしたが、自分が決めた時間内に収まっている、「×」は自分が決めた時間よりも長くゲームをしてしまった、です。

 

やってはいけない時間を作る

プレー時間を把握することができたら、「食事中はスマホゲームをしない」「ベットに入ったらスマホゲームはしない」といったように、「スマホゲームをやってはいけない時間」を決めます

最初は短時間からで構いません。

「この時間だけは絶対にプレーしない」と決めたら、まずはそれだけを守る努力をしましょう。

 

プレー時間の上限を設定する

プレーしない時間と同様に、次はプレー時間の上限を決めていきます

これについても、まずは無理がないと思える範囲で設定してください。

 

やりやすいことから始める

例えば、あなたが「今日から通勤(通学)時間にスマホゲームをしない」と決めたとしましょう。

でも、これまで数ヶ月間、あるいは数年間にわたり、電車内でほとんど欠かさずスマホゲームをプレーしてきたあなたが、週5回・往復10回の通勤(通学)のなかで、いきなり「スマホゲーム断ち」にチャレンジし、それを成功させることは、実現可能な目標でしょうか。

同じ車両の中には、スマホゲームに興じる多くの乗客が乗り合わせています。

これほどキュー(きっかけ)に満ちあふれた環境で、あなたはスマホゲームをプレーしたいという誘惑に耐えることができますか?

モニタリング成功のカギは、あくまでも現実可能性が高いところから削っていくことです。

ご自分のライフスタイルを考慮しながら、やりやすく、無理のないことから始めていきましょう。

 

スマホゲームを別の行動に置き換える

スマホゲームをプレーしない時間帯を設定した時には、「スマホゲームの代わりになる何か」が必要になります。

読書や音楽鑑賞、健康維持のためのジョギングなど、どんなことでもかまいません。

置き換えた何かに十分な楽しみを見出すことができれば、スマホゲームのプレー時間は自然と少なくなっていきます。

 

日々、失いつつあるものが何かを考える

スマホゲームに興じるあまり、「自分が失いつつあるもの」が何かを考えることも有意義です。

「失いつつあるもの」とは例えば、家族や友人からの信頼や、ガチャに費やしてしまう生活費や貯金かもしれません。

また、スマホゲームに傾倒した結果として損なわれてしまう「自分らしさ」や、社会的な役割といったものかもしれません。

 

スマホゲームをやらずにいれば、実現できたかもしれないことを考える

スマホゲームに費やしていた1日数時間もの時間を有効に使っていれば、きっと実現できただろう、と思うことはありませんか?

それは例えば、「パートナーや子供と会話や団らんができた」「資格試験のための勉強かできた」「健康のためにジョギングができた」「”積読”になっている本が読めた」「洗濯物が畳めた」「仕事のメールを1本送ることができた」「忙しさにかまけて延期になっていた、女子会を実行できた」「ゆっくり休んで疲れをとることができた」といったことです。

普段から「忙しい」が口癖の方は、「時間が取れたら、こんなことをしてみたい」と思うこともあるでしょう。

スマホゲームに夢中になる以前に目標としていたことがあれば、是非それを思い出してください。

また、そのようなイメージをノートに書き出しておくと、後で振り返ることもできます。

 

2週間経ったら振り返る

記録をつけ始めたら、2週間ごとに振り返りましょう

スマホゲームに費やす時間は減りましたか?

もし、目標が達成できなかったとすれば、目標設定に無理があったのかもしれません。

そのような場合は、目標値を下げてみましょう。

 

周囲に吹聴する

自分がスマホゲーム時間を減らす努力をしていることを、積極的に周囲に吹聴しましょう

そうすることで、自分自身がこの問題に真剣に取り組んでいるという、前向きな感覚を持つことができます。

また、周囲に伝えることで、自分自身の行動をモニターする意識が強まります。

吹聴は、患者さんの治療の場面でも成果を上げています。

 

オフラインの時間を作る

いかがでしたでしょうか?

今回はモニタリングのコツについてお伝えしました。

次回 ”スマホゲーム依存症part11” では今回の続きで「依存かな?と思った時に自分でできる対処法」についてお話していきます。

 

アクシブアカデミー はスマホ体質を学習体質に変えることで成績アップ、難関大学合格を目指していきます。

アクシブアカデミーではYouTubeで受験や参考書、就職後の給料についても解説しております。

アクシブYouTube予備校

また、各学校学部学科に対応した対策、さらに一人一人に合わせた計画を作成しています!

対策を深く掘り下げ一人一人の特徴に合った対策、それを実行するための計画を一人一人と対話をしながら作り上げていきます!

この世に2つとないあなただけの対策・計画です!

詳しくはアクシブアカデミーのHPをご覧ください!

ぜひアクシブアカデミーで一緒に頑張っていきましょう!

 

 

「変わりたい」を叶えるなら

無料受験相談はこちら

短期間で圧倒的に、学習時間と学習効率を飛躍的に伸ばしたい方は
各校舎で実践している無料受験相談にお越しください。
受験のプロであるコーチがあなたの受験勉強を様々な角度からアドバイスします。