青山学院大学

青山学院大学とは

青山学院大学とは東京都渋谷区に本部がある私立大学です。
文系も理系も人気が高く、古くからのブランド校でもあります。
もともとアメリカのメソジスト監督教会から派遣された宣教師が明治時代の初期に設立した学校が母体で、ミッションスクールとして有名です。
青山学院大学は10学部24学科が設置され、日本の大学の中でも大規模な大学のひとつになります。
東京都渋谷区の青山キャンパスのほかに相模原キャンパスがあります。
相模原キャンパスには理工学部と社会情報学部、地球社会共生学部があります。
相模原キャンパスは2003年に開設された新しいキャンパスで、敷地内にチャペルがあり礼拝の時間が設けられています。
大学出身者には有名ミュージシャンや俳優、アナウンサーなど著名人も多いです。

青山学院大学のオススメポイント

青山学院大学のおすすめポイントのひとつが利便性です。
青山キャンパスの中には学食だけでなくファーストフード店があるのでランチの選択肢が広がります。
大学の近くにはコンビニがあり、大学敷地内のベンチに座ってランチを食べる人もいます。
相模原キャンパスのカフェテリアも人気が高いです。
青山キャンパスは都心の一等地に建っているので交通のアクセスもよくショッピングや外食にも困ることがないです。
近代的な校舎も美しいですが、古い木造の建物も根強い人気があります。
最寄り駅は表参道駅で、歩いて3分くらいなので通学に便利です。
青山キャンパスの中央にも礼拝堂があり、訪れた人の多くが素晴らしいステンドグラスに魅了されます。

青山学院大学の入試のポイント

青山学院大学の入試ポイントは英語です。
英語の難易度が高く、他の教科の難易度はそれほど高くないです。
青山学院大学を第一志望に考えている場合は、英語以外の科目で点数を稼いでおくことが重要になります。
英語は非常に難解ですが、国語は比較的難易度が低めです。センター試験の国語と同じくらいのレベルで、簡単な問題が出されるので合格最低点も高いです。
数学は基礎レベルで、それほど難しくないため数学が得意な学生はできるだけ満点を狙った方が受かりやすくなります。
政治経済は問題数が多く広い知識が求められます。
センター試験利用入試は4科目型と3科目型の2種類あります。最も難しい文学部英米文学科や法学部、国際政治経済学部では3科目型で9割程度の得点が必要になります。

    受験情報

    青山学院大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    青山学院大学キャンパス所在地

    【青山キャンパス】文学部・教育人間科学部・経済学部・法学部・経営学部・国際政治経済学部・総合文化政策学部(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
    【相模原キャンパス】理工学部・社会情報学部・地球社会共生学部(神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1)