中央大学

中央大学とは

就職の動向や偏差値を考慮し構成された大学群の事をMARCHと呼び、5つの大学の大学名の頭文字を取って命名されています。
そのようなMARCHという名称のCの部分にあたるのが中央大学であり、2万5千人もの学生が在籍していて取り分けて規模が大きく、キャンパスの数も2つ用意されている様子です。
分類分けは文系もしくは理系により大きく分けられており、文系に属している方々は多摩キャンパスに通学していて、理系に属している方々は後楽園キャンパスに通学しています。
そうした中央大学において顔と言っても過言はないのが法学部であり、偏差値としての数字では他校に比べ低いものの、知名度や入学の難易度が最も難しく多くの優秀な法律のプロが通っていました。

中央大学のオススメポイント

大学は高等学校で学んだ事を尚一層深く学んでいく事を目的にしていますが、並行して一人の人間として視野を広げるべく様々な面に顔を出し活躍の場を広げていくという事も行われる事例が多いです。
そのような中、中央大学は高等学校から学んできた事柄を基礎にして学びを深めていくという大学生の基本が忠実に守られている印象が強く持たれており、校内の校風としても一人一人の学生が非常に勤勉な印象が感じられます。
そのように勉強熱心な学生が多いからこそ、大学側も学生のバックアップを入念に行っている様子が要所要所で感じられ、特に図書館に所蔵されいる書物の数や自習スペースの利便性は学生にとって大変重宝するものです。
また、比較的郊外にあるため静かな環境で学べますし、遠方から進学してくる方も安心して東京の生活に慣れていく事が可能です。

中央大学の入試のポイント

中央大学は文系と理系で分かれているため入学を目指す方向性により力を入れるべき教科を見定めていく事がポイントになりますが、文系とは言っても要になる英語や国語は難易度が高いものではありません。
英語はレベルとしては標準であるため、高校生活で学んだ事を基本として復習に徹するように心がけ、一歩踏み込んで学ぶ必要は特にありません。
ただし、油断してはならないのは入試ならではのスタイルが挙げられ、英作文の問題がマークシートで入力する様子になっているので、初めから基礎レベルでさほど難しくないと捉えていると得点を得る事に苦労してしまいます。
一方の理系において要になる数学も突出して難しい事はなく、教科書の応用問題や章末にある若干難易度が高い問題が難なく解けるようなら入試でも躓きません。

    受験情報

    中央大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    中央大学キャンパス所在地

    【多摩キャンパス】法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部(東京都八王子市東中野742-1)
    【後楽園キャンパス】理工学部(東京都文京区春日1-13-27)
    【市ヶ谷キャンパス】(東京都新宿区市谷本村町42-8)
    【市ヶ谷田町キャンパス】(東京都新宿区市谷田町1-18)
    【駿河台記念館】(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)