同志社大学

同志社大学とは

1920年に京都に設けられた同志社大学は、元来キリスト教の組合が1875年に創設した学び舎であり、その後同志社大学へと名を変えて現在に至りますが、キリスト教の布教を主な目的にしている大学ではないと公表しています。
ただし建学の精神は良心というキリスト教の精神に基づいたものになっており、創設者は建学する目的は、良心を用いてあらゆる運用を行う人物の育成です。
そのため、学部の中には他の大学ではあまり見られない神学部も併設されており、特定の教派の牧師を育成する事のみに留まらず、一神教を主とし宗教学が幅広い見地で学べるようになっています。
また、必ずしも卒業後は牧師になるとは限らず、他の学部と同様に民間企業に就職する学生が多いです。

同志社大学のオススメポイント

同志社大学は私立大学の中で突出して世界各国から外国人留学生が学びに来ているため、キャンパス内を歩いているだけでも常にあらゆる人種の方々とすれ違います。
当然、各講義やゼミなどでは近い距離感で外国人留学生と接する機会がありますし、仲が親密になればプライベートでも共にする時間が長くなっていきます。
外国人留学生は日本人学生と同年齢の方が多いですが、同年齢でも著しく考え方や価値観が違うため強い刺激を受けられますし、将来を模索している学生にとっては目指すべき道が見定められるきっかけ作りにもなります。
そして、日々の勉学の励みになるのが食事ですが、同志社大学は全国的に見ても美味しく雰囲気もお洒落だと評判なレストランがあり、尚且つランチが千円以下なので昼時はこぞって学生が飲食を楽しみ一時の息抜きをしています。

同志社大学の入試のポイント

同志社大学への入学の合否が直接的に影響すると言っても過言ではないほど重大なのが国語であり、苦手科目としている学生はもちろん得意としている学生でもテーマが幅広く、長文が出題されるため一筋縄ではいかないと感じさせられます。
ただし、手探りではなく長文ではありつつもしっかりと本文に記述されている内容を理解し、読み取れると正解を出す事ができるため、長文対策と読解力の能力を高めるようにすれば手堅く合格が引き寄せられます。
そして、同志社大学の入試の現代文は毎年変わらぬ形式で問題の出題が成されているため、過去問をスピーディーかつ正確に解けるようにしておく事も必要です。
さらに、落としてはならないのが40字程の記述問題なのですが、出来の良し悪しにより全体を覆す程の結果に繋がるので注意が必要です。

    受験情報

    同志社大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    同志社大学キャンパス所在地

    ◯今出川校地
    神学部・文学部・社会学部・法学部・経済学部・商学部・政策学部・グローバル地域文化学部
    【今出川キャンパス】(京都府京都市上京区今出川通烏丸東入 )
    【新町キャンパス】(京都府京都市上京区新町通今出川上ル近衛殿表町159-1 )
    【烏丸キャンパス】(京都府京都市上京区烏丸通上立売上る相国寺門前町647-20 )
    【室町キャンパス】(京都府京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103 )
    ◯京田辺校地
    文化情報学部・理工学部・生命医科学部・スポーツ健康科学部・心理学部・グローバルコミュニケーション学部
    【京田辺キャンパス】(京都府京田辺市多々羅都谷1-3 )
    【多々羅キャンパス】(京都府木津川市木津川台4丁目1-1 )
    【学研都市キャンパス】(京都府京田辺市多々羅西平川原39-16 )
    【継志館】(京都府京都市上京区新町今出川下ル徳大寺殿町345 )