慶應義塾大学

慶應義塾大学とは

前身は日本円の1万円札ですっかりお馴染みの福沢諭吉が創立した蘭学塾で、1868年の慶応4年に移転された事をきっかけとし現在の慶應義塾大学と命名されました。
1868年は芝新銀座に移転したのですが、その後1871年に三田に移転をし現在に至っており、昭和23年に大学という形式で設置が行われ、翌年の昭和24年に新制大学へと移行が行われています。
そして、平成2年に総合政策学部と環境情報学部が設置され、平成13年には看護医療学部が設けられました。
ペンは剣よりも強いという有名な名言を重んじているため、校内にあるステンドグラスなど様々なシーンで目にする事ができ、重んじている名言がラテン語という事も相まって校内の随所で異国情緒を感じられます。

慶應義塾大学のオススメポイント

起業家の中には慶應義塾大学の出身者が多い傾向にありますが、必ずしも卒業後に起業するわけではなく在学中から既に校内での勉学と並行して郊外でも活動を行っている学生が多いです。
具体例としては遊学して間もない時期からボランティアを目的にカンボジアに何度も出かけるようになり、そうした活動の延長線上として卒業後はカンボジアで学校の創立を行った学生なども居ます。
決して稀有な事例ではなく在籍している多数の学生が一人ずつ明確な目標や目的、夢を持っているためそのような環境下に身を置いていると、目標に向かって突き進む気持ちを強く持ちやすくなります。
考え方が変化していき物事が理論的に見られるようになりますし、慶應義塾大学にはそういった特色があるとよく知られているため就職活動にも有利に働きます。

慶應義塾大学の入試のポイント

慶應義塾大学の入試は他校に比べた時に独自性が感じられる要素が多々あり、中でも英語の出題形式にて選択問題などがほぼ見られず記述式がメインに据えられているというものです。
つまり記述式の試験内容と言えば国公立で見る様式なのですが、慶應義塾大学の場合は私立大学であっても国公立と同じく記述の対策を万全にしておかなければならない事になります。
そして、記述の対策の中でも慶応ならではなのが、内容と構造の双方を正しく理解する精読力が求められる点です。
語彙と構造はあまり難しくなくても、抽象性が高い内容になっている上にネイティブが用いる表現方法がそのまま使われているので、直訳をしても意味が通じなかったり異なる意味合いになるため、複雑な構造に対応できる読解力と知識を得ておくことが重要です。

    受験情報

    慶応義塾大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    慶應義塾大学キャンパス所在地

    【三田キャンパス】文学部2~4年次・経済学部3~4年次・法学部3〜4年次・商学部3~4年次(東京都港区三田2-15-45)
    【日吉キャンパス】文学部1年次・経済学部1~2年次・法学部1~2年次・商学部1~2年次・医学部1年次・理工学部1~2年次・薬学部1年次(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)
    【矢上キャンパス】理工学部3~4年次(神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1)
    【信濃町キャンパス】医学部2~6年次・看護医療学部3~4年次(東京都新宿区信濃町35)
    【湘南藤沢キャンパス】総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部1~2,4年次(神奈川県藤沢市遠藤5322)
    【芝共立キャンパス】薬学部2~4年次,2~6年次(東京都港区芝公園1-5-30)