関西学院大学

関西学院大学とは

関西学院大学は兵庫県西宮市にある大学で、1932年に設置、創立年度は1889年です。
大学の略称は関学や関学大、K.G.などでいずれも商標登録が行われています。
学部は文学部や法学部、理工学部や教育学部など11学部が設置されており、研究家には文学研究科や法学研究科など14の研究科の設置が行われています。
また、この大学はキリスト教主義に基づく大学であることから、キリスト教に関連した行事が開催されるなどの特徴を持ちます。
4月中下旬に行われるイースターを祝う礼拝は、西宮上ヶ原キャンパスにある関西学院会館内で開催される復活祭です。
クリスマス礼拝は12月中下旬にそれぞれのキャンパスにあるチャペルで行われるもので、毎月第2・第4日曜日の午前中に関西学院会館内で行われるのは日曜礼拝で、この礼拝は一般市民にも開放されています。

関西学院大学のオススメポイント

関西学院大学のオススメポイントは実際に大学に通っている学生さんからの意見を聞くのが最適ですが、神戸三田・西宮聖和・大阪梅田・東京丸の内・西宮北口の5つのキャンパスに分かれている点です。
この中でも自動車の運転免許を持っている人に朗報と言えるのが神戸三田キャンパスです。
こちらのキャンパスは郊外型で、他のキャンパスとは異なり自動車通学が許可されているなどの特徴を持ちます。
西宮聖和は聖和大学と合併により誕生した場所で、現在ではヴォーリズ建築が多く残ると言われている神戸女学院大学と隣接している、門で直接行き来が出来るなどの特徴があります。
大阪梅田は経済学研究科や商学研究科などの研究科がある場所で、多用途商業ビルのアプローズタワーの14階に教室があるなど、眺望が良いおすすめの場所です。

関西学院大学の入試のポイント

関西学院大学の入試内容は、標準レベルの問題が出題されるのが特徴で、難問奇問が出題されることはないと言われており、受験生間の学力差が顕著に生じる試験問題です。
合格最低点はどの学部でも60~70%などからも、7割以上が合格レベルです。
ちなみに、問題の難易度が極端に高い場合、素点が上がることもありますが、素点は合格最低点よりも数10点ほど高いことが必要です。
尚、入試形式には推薦や内部進学を除いて4形式があるのが特徴です。
主な形式には全学や学部個別、関学独自方式、センター試験利用の4種類になります。
全学日程はすべての学部が2月1日もしくは2日、学部個別日程は2月3日と4日、6日と7日に行われ、日程は学部により異なります。
関学独自方式はすべての学部が2月5日に試験が行われます。

    受験情報

    関西学院大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    関西学院大学キャンパス所在地

    【西宮上ケ原キャンパス】神学部・文学部・社会学部、法学部・経済学部・商学部・人間福祉学部・国際学部・言語コミュニケーション文化研究科・司法研究科・経営戦略研究科(兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
    【西宮聖和キャンパス】(教育学部(兵庫県西宮市岡田山7-54)
    【神戸三田キャンパス】総合政策学部・理工学部(兵庫県三田市学園2-1)
    【大阪梅田キャンパス】(大阪府大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー10階、14階)
    【東京丸の内キャンパス】(東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階)