京都大学

京都大学とは

京都府の京都市に位置しているのが京都大学であり、1897年に設置されて以降東大に並ぶ日本屈指の国立大学と認知されています。
大学全体の雰囲気としては日本国内にて2番目に設置された帝国大学を重んじている様子であり、学生達に対し掲げている基盤は自由な思想や学風です。
そのような京都大学が現在位置しているのは京都の繁華街から離れていて、昔ながらの風情が残っている静かで落ち着いた環境下であるが故に、勉学に励む環境として絶好なのですが、常日頃勉学に励み続けるというわけではなく、遊ぶときにはしっかりと遊ぶというようにメリハリがきっちりと感じられるのが特色です。
また、国内でも屈指の国立大学という事もあり世界を代表する科学者や研究者も多数輩出されています。

京都大学のオススメポイント

自分が得意としている分野をより一層伸ばしていき、将来に向けて力を付けたい事柄の能力をしっかりと高めていくことができるのが京都大学の特色です。
そのため、一般的な大学の場合であれば1年生や2年生は必修科目が固定化されている事例が多く、自分の好きなように自由度が高く時間割を組む事が可能になるのは3年生以降なのですが、京都大学については1年生の入学して間もない頃から時間割の組み方に際し自由度が高いです。
しかも、勉強をするためには必ずしも教授が教鞭を執る講義に参加しなければならないというわけではなく、同学年の方々や先輩などが自主的に開催している勉強会に参加して知見を広げ知識量を増やしていく事も可能です。

京都大学の入試のポイント

京都大学は東京大学と引き合いに出される事が多いのですが、入試の傾向については各々で根本的な違いが存在しています。
東京大学はできるだけ速く解きつつ正解を導き出す事を重要視しているのに対し、京都大学は緻密かつ正確性を重要視しています。
そうした根本的考え方の違いを理解しつつ、まず入試対策をすべきなのは英語であり、その理由は近年大学の英語の出題形式に変化が起き始めているためです。
中でもこれまではあまり見られる事が無かった段落の要約が出題される事例が増えた様子があり、要約文を解く事を苦手としている学生は前もって意識的に対策をし始めなければなりません。
一方、数学は小問の絶対数が少ない上に採点についても途中段階での加点が認められない事例が多いため、最後まで解けるようになるのがポイントです。

準備中

    受験情報

    京都大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

    京都大学キャンパス所在地

    【吉田キャンパス】総合人間学部・文学部・教育学部・法学部・経済学部・理学部・医学部・薬学部・工学部・農学部(京都市左京区吉田本町)
    【宇治キャンパス】(京都府宇治市五ケ庄)
    【桂キャンパス】(京都市西京区京都大学桂)