明治大学

 

明治大学とは

明治や明大と略される明治大学は東京都千代田区に本部を置いている私立大学ですが、本部を置くという表現からも理解できるようにキャンパスが広い上に各所に点在しているのもこの大学の特徴の一つです。
創設されるきっかけになったのは1881年にフランスの自由民権における思想について学んだ青年法律家が、近代の市民社会を担うべく優れた若者を育みたいと考えたためで、当初は小規模な学び舎が現在では東京都内に3つのキャンパスを構え、神奈川県の川崎市にも1つのキャンパスを有する程になりました。
2017年度に明治大学に出願書類を提出した出願者の数は11万3千507人にものぼり、国内に数ある大学の中で4位に位置し、学生達の間での人気ランキングでは堂々たる1位です。

明治大学のオススメポイント

創設者が若者将来を担う若者達を全面的にバックアップしたいという思想を強く抱いていた事もあり、明治大学には学業はもちろん学生生活を支えるための支援策が多数用意されています。
そうした思想を裏付けるのが、レポートや課題の提出の他に日頃から知識を得るために利用する図書館が挙げられ、所蔵されている書籍数が多い上に建物自体も見直され非常に快適な空間で利用できるようになりました。
気になった書物をすぐに閲覧できるよう椅子やテーブルの位置に工夫がされている他に、一切邪魔をされずに黙々と自習に励む事ができるスペースもあります。
また、明治大学は学生の数が多い事から必然的にOBの数も多く、社会に出て仕事をしている際に同じく明大の出身であるというように話が弾みます。

明治大学の入試のポイント

学部によっても差異がありますが、明治大学の入試でポイントになる事柄は記述と論述のバランスが良く出題される上に、選択肢から選択する問題も少量ながら見られる事です。
選択肢から選択する問題は記述や論述に比べると難易度が低いように感じられる事が多いのですが、全容を把握していなければ正解を見つけ出せないですし、途中の加点が認められないのでミスをした時のダメージは大きいです。
中でも難しいのは法学部で70字以下の論述問題が出題され、記述されている事は19世紀のドイツで起こっていた法治主義での思想の特徴や、世界人権宣言が成された時の日本の留保に纏わる内容です。
さらに、経済分野も絡めて出題されるので憲法や時事問題はテキスト以外もチェックしておきましょう。

    受験情報

    明治大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。


    明治大学キャンパス所在地

    【駿河台キャンパス】法学部・商学部・政治経済学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部(各学部3・4年次)(東京都千代田区神田駿河台1-1)
    【和泉キャンパス】法学部・商学部・政治経済学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部(各学部1・2年次)(東京都杉並区永福1-9-1)
    【生田キャンパス】理工学部・農学部(神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1)
    【中野キャンパス】国際日本学部・総合数理学部(東京都中野区中野4-21-1)