立教大学

立教大学とは

立教大学は1874年に創設されたキリスト教系のミッションスクールです。
宣教師が聖書や英学の教育のために外国人居留地に作った立教学校がルーツとされています。
当時は築地にありましたが、関東大震災の影響で被災し、現在の池袋へ移転します。その後戦争が発生し、外国人の教員が国外退去になるなど波乱の時期もありましたが、戦後に復活し、様々な学部を創設していきます。
戦争によって一時は閉鎖されてしまった文学部は、英文科、哲学科など多岐にわたり、最初は商学部としてスタートした経済学部は文学部同様長い歴史を誇ります。
スポーツでは野球部が有名であり、多くのプロ野球選手を輩出するほか、国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄さんも卒業生です。

立教大学のオススメポイント

立教大学がおすすめなのはここ最近の偏差値の伸びです。
早稲田や慶応、上智といったいわゆる早慶上智の偏差値に追いつく学部が出てくるなど、これまでのイメージを覆す状況になっています。
特に経営学部はまだ出来て日の浅い学部であるにもかかわらず、名門大学の名門学部にあっさり追いつく成長力を見せています。
この背景には経営学部の新入生を対象にしたウェルカムキャンプなど、経営学部で学ぶことに誇りを持ってもらう施策を行っていることです。
新しく出来た学部では積極的に行われており、これにより全体のレベルが上がっていき、大学全体のブランド力アップにつながっています。
大学は学びの場であり、それを最大限に実感できるのが魅力です。

立教大学の入試のポイント

立教大学では偏差値が上がっており、入試のレベルもある程度難しくなってきています。
ミッションスクールという性質上、英語にかなりの力を入れていることから英語対策はかなり万全にしておかないと大変です。
長文問題もあり、何ページも英文を読まなければならないケースもあることから、いかに効率的に英文を読んでいくかが重要です。
また合格最低点が出ていないことから、自己採点である程度の点数がとれたと思っていても落とされてしまうこともあります。
ケアレスミスを防ぐことは当たり前として、得意な科目を作り、そこでは満点を獲得するだけのハイアベレージを常に出し続けていくことも求められます。
過去問をたくさん解き、傾向と対策をしっかりと立てることが重要です。

    受験情報

    立教大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    立教大学キャンパス所在地

    【池袋キャンパス】文学部・異文化コミュニケーション学部・経済学部・経営学部・理学部・社会学部・法学部(東京都豊島区西池袋3-34-1)
    【新座キャンパス】観光学部・コミュニティ福祉学部・現代心理学部(埼玉県新座市北野1-2-26)
    【富士見総合グラウンド】(埼玉県富士見市下南畑1343-1)