立命館大学

 

立命館大学とは

立命館大学は1869年に京都に創設された伝統ある大学です。
1869年、西園寺公望が私塾立命館を創設しますがすぐに閉鎖に追い込まれます。
その後、西園寺の秘書官だった中川小十郎が1900年に夜間学校として京都法政学校を設立し、すぐに閉鎖を余儀なくされて悔しい思いをした西園寺もその設立に全力を尽くしたことで大きな発展を遂げます。
1922年に立命館大学が発足し、法律学科や経済学科を中心とする組織が誕生します。学部は増えていき、キャンパスも京都だけでなく滋賀や大阪などにもでき発展を遂げていきます。
スポーツも盛んであり、アメフトや野球、サッカーにラグビー、駅伝などで幅広い活躍を見せたりと、文武両道の大学としても有名です。

立命館大学のオススメポイント

立命館大学のおすすめは多様性にあります。
勉学の場ではあるものの、体育会系だけでなく文科系の発展も盛んです。
例えば将棋では多くのアマチュア強豪を輩出し、女流棋士も参加するなどかなりの発展を見せています。
クイズ研究会も大変有名であり、多くの有名人がここから飛び立つなど、様々な分野で輝く学生が多いのも立命館大学の多様性の象徴です。
全国から学生が集まることも多様性を支える要素になっています。
就職に強いことも特徴です。
これは東京にキャンパスがあるため、関東圏でも就職活動に強いことがその要因としてあります。
関西圏だけで強いのではなく、関東でも強いことは学生からすればありがたい話であり、視野が広がりやすいです。

立命館大学の入試のポイント

立命館大学の入試には様々な方式がありますが、基本的にはすべての学部で同じような入試問題を受けることになるため、対応に関してもこれまでの過去問を徹底して解くような形が求められます。
英語関係の学部では英語に力を入れるといったことが必要であるとともに、立命館大学を受ける人は他の大学とセットで受けていることが多いために受験慣れしていることもポイントです。
取るべきところで取ることが求められるだけでなく、問題形式に慣れて戸惑わないようにすることが大事です。
そして現代文であれば読解の効率性を上げていくことが英語でも活用されていくため、そのあたりの訓練も欠かせません。
英語と国語を得点源にするぐらいの感覚が必要です。

    受験情報

    立命館大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

     

    立命館大学キャンパス所在地

    【衣笠キャンパス】法学部・産業社会学部・国際関係学部・文学部・映像学部(京都府京都市北区等持院北町56-1)
    【びわこ・くさつキャンパス】経済学部・理工学部・スポーツ健康科学部・食マネジメント学部・情報理工学部・生命科学部・薬学部(滋賀県草津市野路東1丁目1-1)
    【大阪いばらきキャンパス】経営学部・政策科学部・総合心理学部(大阪府茨木市岩倉町2-150)
    【朱雀キャンパス】(京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1)
    【東京キャンパス】(東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階)
    【大阪梅田キャンパス】(大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階・14階)