東京大学

東京大学とは

東京大学とは、東京都の文京区に拠点がある日本の国立大学です。
一般的な国立大学とは異なっており、施設に歴史のあるものが多いところが特徴的です。それだけでなく、日本の大学を代表する存在なので、学部数も多く設立されている学生のサークル活動なども多いです。
ただし、大学の入学試験は普通の国立大学よりも難易度が高く、教科書の基礎的な内容を理解していれば解答可能ですが、教科書の内容を応用した概念などを理解する必要があるので、単純に丸暗記しただけでは合格は難しいでしょう。
企業や機関、病院などとも数多くの繋がりがあり、卒業後の就職先は大量にありますが、学生の本人の行動力が学生生活や将来に影響することがあります。

東京大学のオススメポイント

東京大学のおすすめポイントは、一般的な大学よりも知名度が圧倒的に高く、繋がりがある機関や企業、病院などの組織がたくさんあることです。
繋がりがたくさんあるので、東京大学の名前を言うだけで採用されることも多く、卒業後の就職先には悩むことはないでしょう。
就職だけでなく大学院が用意されており、理系だけでなく文系でも修士課程や博士課程の取得が可能です。
存在している部活動やサークルの数も圧倒的に多く、学生の数も多いので、新たな人脈を作ることや、学生の段階で起業することも可能になっています。
キャンパスは理系と文系で分かれている点も特徴的です。教員のレベルも高く、海外の大学を卒業した経歴のある教員が多いです。

東京大学の入試のポイント

東京大学の入試は、センター試験を経由して二次試験を受ける必要があります。
このときセンター試験の点数で合否が決まることがあるので注意しましょう。
高校の授業で習う基礎的な勉強ができていれば、センター試験で8割以上を取得することは難しくありません。
最低限センター試験で8割以上の点数が取れていない場合は合格が厳しくなります。
二次試験は理科と文科のそれぞれ3種類に分かれており、希望する学部によって異なりますが、入学後に学部を進学振り分けで再選択することが出来るので、募集人数の多い理科一類を選択することが良いでしょう。
また、学部によっては三年次からの編入学なども認め得ているものも存在しています。

受験情報

東京大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

東京大学キャンパス所在地

【本郷キャンパス】法学部・医学部・工学部・文学部・理学部・農学部・経済学部・教育学部・薬学部(東京都文京区本郷7-3-1)
【駒場キャンパス】(東京都目黒区駒場3-8-1)
【柏キャンパス】(千葉県柏市柏の葉5-1-5)
【白金キャンパス】(東京都港区白金台4-6-1)
【中野キャンパス】(東京都中野区南台1-15-1)