東京理科大学

東京理科大学とは

東京理科大学とは、東京都の新宿区に本部がある東京の私立大学です。
主に理系の学部が中心となって構成されており、理学部や工学部、薬学部や理工学部などが存在しています。
キャンパスは神楽坂だけでなく、葛飾と野田にも存在しており、そのほとんどが最近設立された校舎なので、一般的な私立大学と同様に施設は清潔です。
大学院も用意されており、理学や薬学などの修士課程だけでなく、博士課程も取得が可能になっています。
留学や奨学金などの制度が充実しており、学生が勉学に集中できるようにサポートしています。
東京理科大学の図書館では、大量の本が貸出可能になっており、所蔵されている書籍や貸し出し可能な書籍などは公式サイトから検索が可能です。

東京理科大学のオススメポイント

東京理科大学のおすすめポイントは、充実した教育の制度にあります。
単位の取得が厳しく、課題もしっかり行なっていかなければ、授業についていくことが難しいです。
さらに授業の内容も実験が中心となっているので、実技を正確に行うために必要な要素が数多くあります。
そのため卒業する頃には選考している分野の専門的な知識が身につく点が良いと言えるでしょう。
それだけでなく、企業や研究所と提携して研究を行っているプロジェクトもあるので、社会に貢献することが出来るだけでなく、就職先も豊富なので就職で困ることはありません。
施設や建物などのほとんどは新設で清潔になっているところから、快適に勉強することが出来る点も良いです。

東京理科大学の入試のポイント

東京理科大学の入試は、方式がたくさんある点で特徴的です。
一般的な推薦試験や通常の点数を取得することで合格できる試験の他に、センター試験を活用した方式などが用意されています。
募集人数は学科ごとに10人から50人程度になっており、学科によっては非常に倍率が高いので、かなり難易度が高いことが推測されます。
試験が実施されている科目は英語や数学、及び理科が中心となっています。
経営学部においては、上記の三科目に加えて国語と地理、歴史や公民などが出題されるので、対策をする必要があります。
配点は、理系の学部は数学や理科の点数が多くなっており、経営学部ではそれぞれの科目で均等に点数が振り分けられています。

    受験情報

    東京理科大学の科目・配点・偏差値・倍率・合格最低点・受験日程などの情報を学部別に記載しております。

    東京理科大学キャンパス所在地

    【神楽坂キャンパス】理学部第一部(数学科・物理学科・化学科・応用数学科・応用化学科)・理学部第二部・工学部(工業化学科)・経営学部
    [神楽坂校舎](東京都新宿区神楽坂1-3)
    [富士見校舎](東京都千代田区富士見1-11-2)
    【葛飾キャンパス】理学部第一部(応用物理学科)・工学部(建築学科・電気工学科・機械工学科・情報工学科)・工学部第二部・基礎工学部2~4年次(東京都葛飾区新宿6-3-1)
    【野田キャンパス】薬学部・理工学部(千葉県野田市山崎2641)
    【長万部キャンパス】基礎工学部1年次(北海道山越郡長万部町字富野102-1)