コラム

高2から勉強時間を確保すれば難関大学に十分合格できます!

難関国公立に合格するためには4000時間必要

高2で難関国公立に合格するための勉強時間ですが、4000時間は必要と言われています。もちろん目指す大学によっても異なりますが、この勉強時間を目安にすることで、自分の目標としている難関国公立に合格することが出来るかどうか判断することが可能です。

高2でも毎日勉強を積み重ねる事で、4000時間の勉強をすることは難しくはありません。個人差もありますので、毎日勉強をするのが難しい方も居られますが、スケジュールを上手く組み立てて勉強をするが可能です。

長期的な休みを利用したり、休日を利用したりする事で、難しい大学でも合格することが出来る可能性があります。無理だと諦めずに勉強をすることが非常に大切になります。

 

早慶上理に合格するためには3500時間必要

早慶上理に合格をしたいと考えている場合の勉強時間は3500時間が必要です。早慶は高2から勉強しても十分合格出来る学校ですので、早慶を目指している場合には3500時間を意識しながら勉強をするのがおすすめです。高2からでも早慶上理を目指すことは出来ますし、勉強時間は隙間時間を上手く活用することで勉強に利用することが出来るようになります。

通学中の隙間時間を利用したり、休みの日の時間を利用したりと様々な方法があるのでおすすめです。自分なりに時間を作る方法を見つけることで、3500時間でも長く感じることはなくなります。その為、自分自身の努力次第では合格をすることは難しい事はありませんので安心して目指すことが出来ます。

 

MARCHに合格するためには3000時間必要

MARCHに合格するためには3000時間の勉強時間が必要と言われています。3000時間の勉強時間は毎日の積み重ねで消化することが出来る時間にもなるので、高2からでも十分MARCHを目指すことは可能です。

高2では勉強することのできる時間を取りやすい時期でもありますので、部活などと両立させつつ勉強に取り組む事が出来るように調整することが出来ます。

夏休み・冬休みなど長期休暇も残っている時期になりますので、焦らずに勉強をすることで合格をすることは難しくありません。書店などで販売されている参考書や問題集を利用したり、独学で勉強をするのにモチベーションが続かない場合は塾を利用したりする方法もありますので安心です。

 

高2のうちからどれだけ勉強時間を稼げるかが大切

高2のうちは自由に勉強にする時間を取れる時期でもあります。この高2のうちに多くの勉強時間を稼ぐことが出来るかどうかが非常に大切です。

時期やタイミングを間違ってしまうと勉強をするのが難しくなりますので、勉強をする時間を作ることができる時期に稼げるかどうかが非常に大切になります。遊ぶことは大学に合格してから出来るので、この時期に関してはプライベートな時間を優先するよりも勉強に多くの時間をあてる事が必要です。

毎日積み重ねて行く方法が一番確実でもあり堅実的になります。休日だけ勉強をする方法にするとストレスを感じることにもなりますので、注意が必要です。ストレスを解消しながら自分のペースでする事が大切です。

 

高2のうちは最低でも1日2~4時間を目指す

高2のうちは毎日勉強時間を作ることが必要であり、最低でも1日の間で2時間から4時間を目標にする事が大切です。1日に勉強をする勉強時間の目標を立てるとその目標に合わせたスケジュールを組むことが出来るようになります。高2の場合はスケジュールが組みやすい時期にもなりますので、この時期を逃さないようにすることが大切です。

最低の2時間をクリアすることが出来れば、4時間をクリアする事も難しくなくなります。徐々に時間をのばして行くことが出来るようになるので、ストレスを感じることもありません。自宅で勉強をする場合には時間配分もとりやすくなりますし、朝起きてからと帰宅してから分けて勉強を行なうことも出来るのでおすすめです。

 

高2のうちに勉強時間を確保し、勉強する癖付けをすることが大切

高2のうちから勉強時間を確保して毎日勉強をする癖付けをすることで、難関大学にも合格することが出来るようになります。勉強時間を作ることが出来る内から勉強をする癖付けをする事で、毎日の習慣にすることが出来るためおすすめです。

毎日少しずつ時間を確保することによって、高2からでも難関大学に合格することは難しくありません。癖付けをしないままタイミングを逃してしまうと直ぐに時間が過ぎてしまい、難関大学に合格をするのが困難になるため注意が必要です。

合格をする為には日々の頑張りが必要になるため、勉強をする事に対して習慣化する事が大切になります。少しずつでも時間を確保することで机に向かう時間を増やすことが出来るようになります。

 

高3になれば平日6時間、土日10時間は勉強しよう

高2の間は勉強時間を確保することに慣らすための期間でもあるので、高3になった際には勉強時間を増やす必要があります。高3になると大学受験をする事が目の前の問題になってくるため、平日でも6時間は勉強をする事がおすすめです。学校から帰ったら遊びに出かけるのではなく、真っ先に勉強をする事が大切になります。

高2の頃から勉強をする事を習慣化していれば、勉強をする時間が長くなっても辛く感じる事もありません。また土曜日や日曜日は学校もないので、平日よりも多く勉強をする事が必要です。

一日を通して10時間程度を目安にすることで、難関大学に合格することも難しくなくなります。
多くの時間を費やすほど、合格率を高めることが可能です。

 

部活をやっているから勉強時間が確保できないは言い訳でしかない

高2の頃は部活をされている方も多いですが、部活があるから勉強時間を確保することが出来ないのは言い訳にしかなりません。両立をさせて勉強時間を確保している高2の方も沢山居られます。

一人一人で事情は違うので、言い訳を考えて勉強をしないのではなく、上手く時間を使って勉強に取り組む事が大切です。休日を利用したり、はやめに切り上げて帰宅をすることで時間を確保することが出来る方法は沢山あります。時間を作るための方法を考えることで、勉強をする事が出来るようになります。

言い訳を考えてばかりでは、難関大学に合格をすることもできませんので、できるだけはやい時期から時間を確保するための対策を考えることが非常に大切です。

 

学校の授業をしっかり聞くことも勉強時間確保には大切

学校の授業は必ずしっかりきくことが大切です。学校の授業をきかない状態では勉強時間を上手く確保することが出来ません。ノートをしっかりととって高2に必要な知識をみにつける事が大切です。

自宅に帰ってから復習をしつつ勉強時間を作ることで、より内容を覚えていくことが出来るようになります。特に高2の時期は授業内容も範囲が広く、授業をきいている事で大学で出題される範囲も覚えることが可能です。自宅で問題集などをしていても授業範囲から出てくる問題も多いため、授業の必要性を理解することが出来るようになります。昼間の授業をきちんときいていないと問題集を解くことも難しくなりますし、難関大学に合格する事も難しくなるので注意が必要です。

 

高2の勉強時間についてのまとめ

高2の頃は比較的自由にする事が出来る時間が多いので、プライベートに利用するのではなく、できるだけ勉強時間にあてて行くことが非常に大切です。高2の頃から勉強時間を作ることを習慣化しておくと高3になった時でも困ることが無くなります。遊んでばかりいると勉強をする事が難しくなりますので注意が必要です。

難関大学を目指している場合には、毎日勉強をするための時間作りを行う必要があります。一夜漬けの方法で勉強をしても結果を出すことは出来ませんので注意が必要です。一夜漬けの方法では、直ぐに頭から抜け落ちてしまい、自分の知識として身につけることが出来ません。
少しでも合格率をあげるために毎日勉強をする事が大切です。

大学受験の受験相談はこちら

来校しての受験相談は下記をクリック

大学受験の塾ならアクシブアカデミー

会社名 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
教室所在地 千川校
〒171-0043東京都豊島区要町3丁目9–7千川三原ビル2F
詳細はこちら
梅島校
〒121-0816 東京都足立区梅島1丁目12−6 高橋ビル2F
詳細はこちら
田原校
〒441-3421 愛知県田原市田原町新清谷 田原町新清谷102−1 田原プラザ 2階
詳細はこちら
アクシブオンライン校
〒113-0033 東京都 文京区 本郷4-1-3-明和本郷ビル4F
詳細はこちら
TEL 【千川校】03-6909-5093
【梅島校】03-5888-6526
【田原校】0531-37-5166
【アクシブオンライン校】axiv-online@axivision.co.jp
URL  https://axivacademy.com/