筑波大学の学部別合格最低点・平均点・倍率

 

人文・文化学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021人文学類一般選抜・前期日程270017263.3
2021人文学類一般選抜・後期日程110076011.8
2021比較文化学類一般選抜・前期日程180012072.8
2020人文学類一般選抜・前期日程13509063.6
2020人文学類一般選抜・後期日程140098011.8
2020比較文化学類一般選抜・前期日程180012293.2
2020比較文化学類一般選抜・後期日程150016
2020日本語・日本文化学類一般選抜・前期日程9005853.8
2019人文学類一般選抜・前期日程13508754
2019人文学類一般選抜・後期日程1400105513.1
2019比較文化学類一般選抜・前期日程180012513.1
2019比較文化学類一般選抜・後期日程150019
2019日本語・日本文化学類一般選抜・前期日程9005845.5

人文・文化群は人文学類・比較文化学類・日本語・日本文化学類の3つの学類が設置されています。前期日程では3倍〜5倍ぐらいの倍率が多くなっています。後期日程は場合によっては10倍以上の学類もありますので、注意が必要です。合格最低点については、前期後期どちらも7割前後が多くなっています。高い得点率が必要になるので、早い段階から対策を進めることが重要です。

 

社会・国際学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021社会学類一般選抜・前期日程12509469
2021国際総合学類一般選抜・前期日程13009413.6
2020社会学類一般選抜・前期日程12509245.4
2020国際総合学類一般選抜・前期日程13009642.9
2019社会学類一般選抜・前期日程12509507.3
2019国際総合学類一般選抜・前期日程13009814.8

社会」・国際学群については社会学類・国際総合学類は2つの学類が設置されています。社会学類前期日程は5.4倍〜9.0倍程度の倍率となっており、他の学類と比較してもかなり高めの倍率となっています。国際総合学類は2.9倍〜4.8倍と比較的低めな数字です。合格最低点はどちらの学類も7割以上必要となっていますので、難易度が高い学類の一つと言えるでしょう。そのため、対策も早い段階から進めて他の受験生より多くの点数を取れるようにしましょう。

 

人間学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021教育学類一般選抜・前期日程10007433.8
2021教育学類一般選抜・後期日程5509.3
2021心理学類一般選抜・前期日程10007645.8
2021心理学類一般選抜・後期日程55016.3
2021障害科学類一般選抜・前期日程10006691.9
2021障害科学類一般選抜・後期日程5504.3
2020教育学類一般選抜・前期日程8005853.5
2020心理学類一般選抜・前期日程8005874.4
2020障害科学類一般選抜・前期日程8005914.6
2019教育学類一般選抜・前期日程8006074.8
2019心理学類一般選抜・前期日程8006145.4
2019障害科学類一般選抜・前期日程8005813.3

人間学類は教育学類・心理学類・障害科学類の3学類に分かれています。前期日程は教育学類4倍前後・心理学類5倍前後・障害科学類2.0倍〜4.6倍ぐらいの倍率となっています。特に心理学類が安定的な人気となっており難易度も高くなっています。合格最低点はどの学類も毎年7割ぐらいが多くなっています。どの学類もしっかりと情報を確認して対策を進めるようにしてきましょう。

 

生命環境学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021生物学類一般選抜・前期日程180012082.3
2021生物学類一般選抜・後期日程11008715.8
2021生物資源学類一般選抜・前期日程180011652.9
2021生物資源学類一般選抜・後期日程10007567
2021地球学類一般選抜・前期日程200013663.8
2021地球学類一般選抜・後期日程12008.3
2020生物学類一般選抜・前期日程180012142.5
2020生物学類一般選抜・後期日程11008393.4
2020生物資源学類一般選抜・前期日程9006433.2
2020生物資源学類一般選抜・後期日程10007485.8
2020地球学類一般選抜・前期日程1006732.4
2020地球学類一般選抜・後期日程55010.6
2019生物学類一般選抜・前期日程180012402.7
2019生物学類一般選抜・後期日程11008785.9
2019生物資源学類一般選抜・前期日程9006603.4
2019生物資源学類一般選抜・後期日程10007445.3
2019地球学類一般選抜・前期日程10006692.4
2019地球学類一般選抜・後期日程5507.4

生命環境学類は生物学類・生物資源学類・地球学類の3つの学類が設置されています。前期日程では2倍〜4倍ぐらいの倍率の学類が多くなっています。後期日程は年度や学類によってかなり差があり、3倍〜10倍ぐらい倍率となっています。合格最低点は日程や学類によって異なりますが、6割〜8割ぐらいの差があります。志望する学類の合格最低点を確認して、それ以上の点数を取れるように対策をしていきましょう。

 

理工学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021数学類一般選抜・前期日程240015723.1
2021物理学類一般選抜・前期日程240015213.7
2021物理学類一般選抜・後期日程100012.8
2021化学類一般選抜・前期日程240015333
2021化学類一般選抜・後期日程9506.3
2021応用理工学類一般選抜・前期日程240015052.3
2021応用理工学類一般選抜・後期日程10508887.6
2021工学システム学類一般選抜・前期日程240015832.9
2021工学システム学類一般選抜・後期日程80066410.4
2021社会工学類一般選抜・前期日程200013573.6
2021社会工学類一般選抜・後期日程1360109212.1
2020数学類一般選抜・前期日程10006963.1
2020物理学類一般選抜・前期日程10007123.9
2020化学類一般選抜・前期日程10006912.7
2020応用理工学類一般選抜・前期日程10007072.7
2020応用理工学類一般選抜・後期日程11509067.5
2020工学システム学類一般選抜・前期日程10007103
2020工学システム学類一般選抜・後期日程8006316.8
2020社会工学類一般選抜・前期日程7605773.8
2020社会工学類一般選抜・後期日程6805076.9
2019数学類一般選抜・前期日程10006833
2019物理学類一般選抜・前期日程10006943.7
2019化学類一般選抜・前期日程10006943.1
2019応用理工学類一般選抜・前期日程10006972.6
2019応用理工学類一般選抜・後期日程11509417.1
2019工学システム学類一般選抜・前期日程10007194.2
2019工学システム学類一般選抜・後期日程80066810.4
2019社会工学類一般選抜・前期日程7605445
2019社会工学類一般選抜・後期日程68054010.3

理工学類は数学類・物理学類・化学類・応用理工学類・工学システム学類・社会工学類の6つの学類が設置されています。前期日程の倍率は学類によって差がありますが、2倍〜4倍ぐらいが多くなっています。比較的社会工学類の倍率が高く4倍〜5倍ぐらいとなっています。合格最低点は6割ぐらいの学類が多くなっています。学類や日程、年度ごとの情報を確認してみましょう。

 

情報学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021情報科学類一般選抜・前期日程250017023
2021情報メディア創成学類一般選抜・前期日程170012163.7
2021知識情報・図書館学類一般選抜・後期日程11008868.6
2020情報科学類一般選抜・前期日程12509044.2
2020情報科学類一般選抜・後期日程80061610.3
2020情報メディア創成学類一般選抜・前期日程170012613.6
2020情報メディア創成学類一般選抜・後期日程140010.6
2020知識情報・図書館学類一般選抜・前期日程190013623.2
2020知識情報・図書館学類一般選抜・後期日程11008025.7
2019情報科学類一般選抜・前期日程12508854.9
2019情報科学類一般選抜・後期日程8005498.6
2019情報メディア創成学類一般選抜・前期日程170012334
2019情報メディア創成学類一般選抜・後期日程1400109811.1
2019知識情報・図書館学類一般選抜・前期日程190012963.5
2019知識情報・図書館学類一般選抜・後期日程11008587.7

情報学類は情報科学類・情報メディア創成学類・知識情報・図書館学類・の3学類に分かれています。前期日程では倍率3倍〜4倍程度の学類が多くなっています。特に情報科学類が人気があり、難易度が高いといえるでしょう。後期日程は高い年では10倍以上にもなるので注意が必要です。合格最低点は7割以上の必要になる学類が多くなっていますので、本番の試験でそれ以上の点数を取れるように対策をしましょう。

 

医学群の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021医学類一般選抜・前期日程230017313.6
2021医学類地域枠(全国)一般選抜・前期日程23002.7
2021医学類地域枠(茨城)一般選抜・前期日程23002.7
2021看護学類一般選抜・前期日程170011302.4
2021医療科学類一般選抜・前期日程170010963
2020医学類一般選抜・前期日程230018212.4
2020医学類地域枠(全国)一般選抜・前期日程23003
2020医学類地域枠(茨城)一般選抜・前期日程230017483
2020看護学類一般選抜・前期日程160010332.1
2020医療科学類一般選抜・前期日程160010662.3
2019医学類一般選抜・前期日程230018073
2019医学類地域枠(全国)一般選抜・前期日程23002
2019医学類地域枠(茨城)一般選抜・前期日程23001
2019看護学類一般選抜・前期日程160010792.8
2019医療科学類一般選抜・前期日程160011102

医学類は医学類・医学類地域枠(全国)・医学類地域枠(茨城)・看護学類・医療科学類の5学類が設置されています。医学類地域枠では特定の地域への従事を前提とした学類です。どの学類も3倍前後の倍率となっており、安定しているのが特徴的です。合格最低点は7割ぐらいの学科が多くなっています。医学部でも地域枠など選択肢が多くありますので、どの学類を受験するか検討できるとよいでしょう。

 

体育専門学群の合格最低点・平均点・倍率

年度方式満点合格最低点倍率
2021一般選抜・前期日程140010703.1
2020一般選抜・前期日程140010783.5
2019一般選抜・前期日程140011053.5

体育専門学類の前期日程は3.1倍〜3.5倍ぐらいの倍率となっています。毎年かなり近い倍率となっているので、安定的な人気がある学類といえるでしょう。合格最低点は1070点〜1105点となっており、毎年7割〜8割ぐらいの点数が必要となります。毎年同じぐらいの数値となっていますので、合格最低点を目安にしてそれ以上の点数が取れるように対策を進めていくことが重要です

 

芸術専門学群の合格最低点・平均点・倍率

年度方式満点合格最低点倍率
2021一般選抜・前期日程14009892.4
2021一般選抜・後期日程60023.4
2020一般選抜・前期日程14009813.3
2020一般選抜・後期日程120088613.3
2019一般選抜・前期日程140010013.6
2019一般選抜・後期日程120088914.4

芸術専門学類については、前期日程2.4倍〜3.6倍・後期日程13.3倍〜23.4倍ぐらいの倍率となっています。前期日程はかなり安定的な倍率となっていますが、後期日程は年度によってかなり差がありますので注意が必要です。合格最低点は毎年7割程度となっておりますので、これ以上の点数が取れるように早い段階から対策を進めていくようにしましょう。実技試験もあるので、しっかりと内容確認しましょう。

 

総合選抜の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2021文系一般選抜・前期日程240015492.3
2021理系Ⅰ一般選抜・前期日程240015622.8
2021理系Ⅱ一般選抜・前期日程240014794
2021理系Ⅲ一般選抜・前期日程240014792.7

筑波大学では学類別の入試の他に総合選抜が用意されています。入学後は特定の学類を学ぶのではなく、ある程度広い範囲で学んでから専門的な分野を決めることができるものとなっています。最近始まった形ではあるため、データが少ないですが2.3倍〜4.0倍ぐらいの倍率となっています。特に理系Ⅱが比較的人気です。合格最低点は6割〜7割程度が多くなっています。新しい形式ではあるため対策がしにくいですが、学類別の過去問などを参考に対策を進めていくとよいでしょう。

 

関連リンク:筑波大学の対策方法

 

他大学の合格最低点

  • 東京大学 合格最低点
  • 一橋大学 合格最低点
  • 千葉大学 合格最低点
  • 東京外国語大学 合格最低点

 

筑波大学対策におすすめのコース

アクシブアカデミーでの筑波大学対策にオススメコースを紹介します。難関国公立コース」では基礎から合格できるレベルまで学力を上げることができるコースとなっています。また、各大学に合わせた対策も行っています。気になる方は下記リンクをご確認ください。

▼アクシブアカデミーの教室情報はこちらから

▼オンラインコースなら全国どこでも受講可能