東京大学の学部別合格最低点・平均点・倍率

 

文科一類・二類・三類の合格最低点・平均点・倍率

学部年度方式満点合格最低点倍率
文科一類2020一般選抜・前期550343.94442.91
文科二類2020一般選抜・前期550337.61112.91
文科三類2020一般選抜・前期550338.86672.98
文科一類2019一般選抜・前期550351.83332.95
文科二類2019一般選抜・前期550358.06672.91
文科三類2019一般選抜・前期550342.72222.97
文科一類2018一般選抜・前期550354.97782.91
文科二類2018一般選抜・前期550350.63332.93
文科三類2018一般選抜・前期550343.57782.95

文科一類〜三類までの倍率をみてみると、どの科類も毎年3倍程度の倍率となっていることが特徴的です。また、合格最低点も同様に毎年同じような点数になっているため、2次試験対策の目安にできます。最終的に合格最低点よりも付近よりも高い点数を取れるように対策することが重要となります。

 

理科一類・二類・三類の合格最低点・平均点・倍率

学部年度方式満点合格最低点倍率
理科一類2020一般選抜・前期550320.72222.43
理科二類2020一般選抜・前期550313.02223.36
理科三類2020一般選抜・前期550385.61113.4
理科一類2019一般選抜・前期550334.66672.44
理科二類2019一般選抜・前期550330.37783.35
理科三類2019一般選抜・前期550385.37783.41
理科一類2018一般選抜・前期550319.18892.43
理科二類2018一般選抜・前期550310.96673.36
理科三類2018一般選抜・前期550392.34443.86

理科一類〜三類の倍率をみてみると、理科一類は2.4倍・理科二類三類は3.4倍と科類によって差があることがわかります。ただし、各科類ごとにみると毎年そこまで大きな変化はありません。合格最低点も同様に、科類別でみると差はありますが、年度別のはそこまでないというのが特徴的です。

 

関連リンク:東京大学の対策方法

 

他大学の合格最低点

  • 東京外国語大学 合格最低点
  • 一橋大学 合格最低点
  • 筑波大学 合格最低点
  • 千葉大学 合格最低点

 

東京大学対策におすすめのコース

アクシブアカデミーでの東京大学対策にオススメコースを紹介します。難関国公立コース」では基礎から合格できるレベルまで学力を上げることができるコースとなっています。また、各大学に合わせた対策も行っています。気になる方は下記リンクをご確認ください。

▼アクシブアカデミーの教室情報はこちらから