名古屋工業大学の学部別合格最低点・平均点・倍率

 

工学部第一部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2020高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜前期14508943.27
2020高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜後期13007863.14
2020高度工学教育課程物理工学科一般選抜前期1450861.52.36
2020高度工学教育課程物理工学科一般選抜後期1300822.33.67
2020高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜前期14509483.19
2020高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜後期1300813.32.86
2020高度工学教育課程情報工学科一般選抜前期1450952.53.68
2020高度工学教育課程情報工学科一般選抜後期13008373.14
2020高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜前期1450956.53.84
2020高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜後期1300791.74.68
2020高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜前期1450927.51.64
2020高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜後期13008092.41
2020高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜前期1450907.53.16
2020高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜後期1300743.72.88
2020創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜前期1450893.52.19
2020創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜後期1300770.72.19
2020創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜前期14509401.67
2020創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜後期1300811.33
2019高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜前期1450868.42.4
2019高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜後期1300788.72.41
2019高度工学教育課程物理工学科一般選抜前期1450869.33.54
2019高度工学教育課程物理工学科一般選抜後期1300782.43.4
2019高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜前期1450853.52.68
2019高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜後期1300812.43.05
2019高度工学教育課程情報工学科一般選抜前期1450881.63.42
2019高度工学教育課程情報工学科一般選抜後期1300800.43.57
2019高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜前期1450882.22.87
2019高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜後期1300835.14.69
2019高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜前期1450722.44.04
2019高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜後期1300724.54.45
2019高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜前期1450845.14.2
2019高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜後期1300764.23.94
2019創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜前期1450792.13.57
2019創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜後期1300728.32.6
2019創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜前期1450765.64.13
2019創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜後期13003.36
2018高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜前期1450861.62.83
2018高度工学教育課程生命・応用化学科一般選抜後期1300831.82.87
2018高度工学教育課程物理工学科一般選抜前期1450866.93.6
2018高度工学教育課程物理工学科一般選抜後期1300866.33.66
2018高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜前期1450892.63.52
2018高度工学教育課程電気・機械工学科一般選抜後期1300851.42.89
2018高度工学教育課程情報工学科一般選抜前期14508702.9
2018高度工学教育課程情報工学科一般選抜後期1300863.23.04
2018高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜前期1450872.74.07
2018高度工学教育課程社会工学科(建築・デザイン分野)一般選抜後期1300861.14.97
2018高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜前期1450884.83.48
2018高度工学教育課程社会工学科(環境都市分野)一般選抜後期1300834.82.43
2018高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜前期1450888.84.06
2018高度工学教育課程社会工学科(経営システム分野)一般選抜後期1300847.45.64
2018創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜前期14508635.05
2018創造工学教育課程(材料・エネルギーコース)一般選抜後期1300789.12.87
2018創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜前期1450855.84.33
2018創造工学教育課程(情報・社会コース)一般選抜後期1300766.53

工学部第一部については、様々な学科・コース・分野に分かれています。倍率が高い学科は5.0倍〜5.5倍・倍率が低い学科では2.5倍〜3.0倍ぐらいとなっています。ただし、同じ学科でも年度によってはかなり倍率に差がある場合もあるので、注意が必要です。前期試験・後期試験とありますが、こちらも学科によって傾向が異なります。合格最低点も含めて志望する学科に情報をしっかりと確認するようにしましょう。

 

工学部第二部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻方式満点合格最低点倍率
2020物質工学科一般選抜14504.17
2020機械工学科一般選抜14504.4
2020電気情報工学科一般選抜14505.4
2020社会開発工学科一般選抜14503.17
2019物質工学科一般選抜前期14503.57
2019機械工学科一般選抜前期14504.5
2019電気情報工学科一般選抜前期14505.67
2019社会開発工学科一般選抜前期14503.17
2018物質工学科一般選抜前期14503.5
2018機械工学科一般選抜前期14503.33
2018電気情報工学科一般選抜前期14505.5
2018社会開発工学科一般選抜前期14504.5

工学部第二部は物質工学科・機械工学科・電気情報工学科・社会開発工学科の4学科に分かれています。倍率については3倍〜5.5倍程度となっています。特に人気の学科は電気情報工学科で5.5倍前後の倍率となっています。工学部第二部については、合格最低点が公開されていませんが、6割〜7割以上の点数が本番で取れるように対策を進めることが重要です。

 

関連リンク:名古屋工業大学の対策方法

 

他大学の合格最低点

  • 名古屋大学 合格最低点
  • 大阪大学 合格最低点
  • 神戸大学 合格最低点
  • 京都大学 合格最低点

 

名古屋工業大学対策におすすめのコース

アクシブアカデミーでの名古屋工業大学対策にオススメコースを紹介します。難関国公立コース」では基礎から合格できるレベルまで学力を上げることができるコースとなっています。また、各大学に合わせた対策も行っています。気になる方は下記リンクをご確認ください。

▼アクシブアカデミーの教室情報はこちらから