立命館大学の学部別合格最低点・平均点・倍率

 

index

法学部
産業社会学部
国際関係学部
文学部
映像学部
経営学部
政策学部
総合心理学部
経済学部
スポーツ健康科学部
食マネジメント学部
理工学部
情報理工学部
生命科学部
薬学部

 

法学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度法学科全学統一方式(文系)226206.33.4
学部個別配点方式(文系型)256238.72.7
2019年度全学統一方式(文系)221197.93.9
学部個別配点方式(文系型)255237.72.8
2018年度全学統一方式(文系)206186.33.7
学部個別配点方式(文系型)286250.94.7

法学部については3倍〜4倍程度の倍率となっています。年度による倍率の差はあまりなく比較的安定しているのが特徴的です。2018年度は個別配点方式の方が倍率が高くなっていますが、近年は全学部統一方式の方が高くなっています。

 

産業社会学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度現代社会専攻全学統一方式(文系)216193.73.9
現代社会専攻学部個別配点方式(文系型)2742239.4
メディア社会専攻全学統一方式(文系)216195.33.4
メディア社会専攻学部個別配点方式(文系型)274221.56.7
スポーツ社会専攻全学統一方式(文系)213196.33.3
スポーツ社会専攻学部個別配点方式(文系型)270225.28.4
子ども社会専攻全学統一方式(文系)221193.54.9
子ども社会専攻学部個別配点方式(文系型)274222.112.3
人間福祉専攻全学統一方式(文系)216189.94.9
人間福祉専攻学部個別配点方式(文系型)270212.411.7
2019年度現代社会専攻全学統一方式(文系)221186.86.6
現代社会専攻学部個別配点方式(文系型)290230.115.9
メディア社会専攻全学統一方式(文系)221190.75.3
メディア社会専攻学部個別配点方式(文系型)281230.47.8
スポーツ社会専攻全学統一方式(文系)221183.38.3
スポーツ社会専攻学部個別配点方式(文系型)278225.16.6
子ども社会専攻全学統一方式(文系)208180.54.4
子ども社会専攻学部個別配点方式(文系型)256204.38.5
人間福祉専攻全学統一方式(文系)208181.54.4
人間福祉専攻学部個別配点方式(文系型)281228.97.3
2018年度現代社会専攻全学統一方式(文系)195178.33.4
現代社会専攻学部個別配点方式(文系型)274238.55.3
メディア社会専攻全学統一方式(文系)2021784.8
メディア社会専攻学部個別配点方式(文系型)300235.117.8
スポーツ社会専攻全学統一方式(文系)202173.36.4
スポーツ社会専攻学部個別配点方式(文系型)283227.39.3
子ども社会専攻全学統一方式(文系)196173.24.5
子ども社会専攻学部個別配点方式(文系型)282222.514
人間福祉専攻全学統一方式(文系)2001726.3
人間福祉専攻学部個別配点方式(文系型)274230.89.3

産業社会学部は現代社会・メディア社会・スポーツ社会・子ども社会・人間福祉の5つの専攻に分かれています。年度によって人気の専攻が異なっており、人気の専攻では15倍まで高くなる場合があります。他の学部と比べても倍率が高めなのが特徴的です。

 

国際関係学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度国際関係学専攻全学統一方式(文系)252238.12.7
学部個別配点方式(文系型)209189.94
2019年度全学統一方式(文系)250231.73.3
学部個別配点方式(文系型)221189.69.6
2018年度全学統一方式(文系)247219.95.5
学部個別配点方式(文系型)228194.49.4

国際関係学部は特に学部個別配点方式の倍率が高くなっており、年度によっては9倍程度まで高くなる場合があります。ただし、2020年では倍率が下がってきており、易化の傾向が見られます。

 

文学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度人間研究学域全学統一方式(文系)228200.44.4
人間研究学域学部個別配点方式(文系型)262223.64.9
日本文学研究学域全学統一方式(文系)224202.53.4
日本文学研究学域学部個別配点方式(文系型)271239.43.9
日本史研究学域全学統一方式(文系)232207.84.1
日本史研究学域学部個別配点方式(文系型)275239.14.6
東アジア研究学域全学統一方式(文系)224203.63.4
東アジア研究学域学部個別配点方式(文系型)2542243.7
国際文化学域全学統一方式(文系)2502313.3
国際文化学域学部個別配点方式(文系型)267241.73.3
地域研究学域全学統一方式(文系)226202.14.3
地域研究学域学部個別配点方式(文系型)269230.44.6
国際コミュニケーション学域全学統一方式(文系)255231.14
国際コミュニケーション学域学部個別配点方式(文系型)2862554.2
言語コミュニケーション学域全学統一方式(文系)240202.35.4
言語コミュニケーション学域学部個別配点方式(文系型)2732325.7
2019年度人間研究学域全学統一方式(文系)2131943
人間研究学域学部個別配点方式(文系型)241222.63.1
日本文学研究学域全学統一方式(文系)214197.43.1
日本文学研究学域学部個別配点方式(文系型)260237.43.1
日本史研究学域全学統一方式(文系)225201.43.5
日本史研究学域学部個別配点方式(文系型)283252.94.3
東アジア研究学域全学統一方式(文系)216196.13.2
東アジア研究学域学部個別配点方式(文系型)257231.83.3
国際文化学域全学統一方式(文系)240222.33
国際文化学域学部個別配点方式(文系型)268248.53
地域研究学域全学統一方式(文系)215197.83.2
地域研究学域学部個別配点方式(文系型)272242.83.5
コミュニケーション学域全学統一方式(文系)242223.43
コミュニケーション学域学部個別配点方式(文系型)274253.52.9
2018年度人間研究学域全学統一方式(文系)201185.43.2
人間研究学域学部個別配点方式(文系型)270238.43.5
日本文学研究学域全学統一方式(文系)206186.83.6
日本文学研究学域学部個別配点方式(文系型)281247.94.4
日本史研究学域全学統一方式(文系)215190.74.8
日本史研究学域学部個別配点方式(文系型)301262.65.8
東アジア研究学域全学統一方式(文系)205183.24.7
東アジア研究学域学部個別配点方式(文系型)278237.75.8
国際文化学域全学統一方式(文系)228209.93.2
国際文化学域学部個別配点方式(文系型)277250.13.6
地域研究学域全学統一方式(文系)207186.73.7
地域研究学域学部個別配点方式(文系型)289250.44.4
コミュニケーション学域全学統一方式(文系)226205.83.8
コミュニケーション学域学部個別配点方式(文系型)290258.64.5

文学部は8つの学域に分かれています。3倍〜4倍ぐらいの倍率が多くなっています。その中でも「言語コミュニケーション学域」は2020年度では比較的倍率が高めとなっています。年度別に見ても変化は少なく安定しているのが特徴的です。

 

映像学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度映像学科全学統一方式(文系)228186.98
学部個別配点方式(文系型)235187.47.4
学部個別配点方式(理科1科目型)218191.63
2019年度全学統一方式(文系)218178.26.1
学部個別配点方式(文系型)234189.16.4
学部個別配点方式(理科1科目型)250207.94.8
2018年度全学統一方式(文系)199166.46.1
学部個別配点方式(文系型)238193.27.5
学部個別配点方式(理科1科目型)247206.73.6

映像学部は文系型と理系1科目型の2種類の個別配点方式が用意されています。文系型は6倍〜7倍と高くなっていますが、理科1科目型は3倍〜4倍と比較的低めです。他の学部と比べてみても、倍率が高く難易度が高い学部といえます。

 

経営学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度国際経営学科全学統一方式(文系)233202.16.2
国際経営学科学部個別配点方式(文系型)277254.34.4
経営学科全学統一方式(文系)228201.54.9
経営学科学部個別配点方式(文系型)253215.36
2019年度国際経営学科全学統一方式(文系)223198.64.1
国際経営学科学部個別配点方式(文系型)282259.74
経営学科全学統一方式(文系)220197.53.6
経営学科学部個別配点方式(文系型)259222.35.8
2018年度国際経営学科全学統一方式(文系)213190.94.7
国際経営学科学部個別配点方式(文系型)301263.66.4
経営学科全学統一方式(文系)213184.75.9
経営学科学部個別配点方式(文系型)277229.99.7

経営学部は国際経営学科と経営学科の2学科が設置されています。倍率は3倍〜9倍と幅があるのが特徴的です。倍率がかなり高い年度もあれば低い年度もあり、差が激しくなっています。どちらの学科が人気なのかも年度によって異なっています。

 

政策学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度政策科学科全学統一方式(文系)219200.53.4
学部個別配点方式(文系型)230198.74.9
2019年度全学統一方式(文系)220194.84.4
学部個別配点方式(文系型)2392066.3
2018年度全学統一方式(文系)203180.34.8
学部個別配点方式(文系型)244203.57.7

 政策学部は3倍〜7倍ぐらいの倍率となってます。2018年の個別配点方式では7.7倍と高くなっていますが、2020年度では4.9倍と減少傾向があります。全学部統一方式も倍率が下がっており易化しているということがわかります。

 

総合心理学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度総合心理学科全学統一方式(文系)233200.75.1
学部個別配点方式(文系型)291233.89.9
学部個別配点方式(理科1科目型)233207.15.1
2019年度全学統一方式(文系)237190.610.7
学部個別配点方式(文系型)294235.913.5
学部個別配点方式(理科1科目型)259238.53.1
2018年度全学統一方式(文系)2121825.6
学部個別配点方式(文系型)286246.24.6
学部個別配点方式(理科1科目型)253221.83

総合心理学部の学部個別配点方式は文系型と理系1科目型の2方式があります。文系型は10倍以上の年度もありますが、理科1科目型は3倍〜5倍と差があります。文系型は年々倍率が上がっており難化しているのが特徴です。

 

経済学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度経済学科国際専攻全学統一方式(文系)223195.24.6
経済学科経済専攻全学統一方式(文系)219196.93.8
経済学科経済専攻学部個別配点方式(文系型)188167.83.6
2019年度経済学科国際専攻全学統一方式(文系)222190.96.2
経済学科経済専攻全学統一方式(文系)214188.63.7
経済学科経済専攻学部個別配点方式(文系型)222195.73.2
2018年度経済学科国際専攻全学統一方式(文系)212176.87.7
経済学科経済専攻全学統一方式(文系)210180.78.1
経済学科経済専攻学部個別配点方式(文系型)222194.74.1

 経済学部は国際専攻と経済専攻の2専攻があります。全体的な倍率を見てみると3倍〜8倍と年度によって差があるのが特徴です。2020年度は2018年度・2019年度よりも低くなっており易化傾向が見られます。

 

スポーツ健康科学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度スポーツ健康学科全学統一方式(文系)218189.15.3
学部個別配点方式(文系型)254215.75.4
理系型3教科方式232197.64.4
2019年度全学統一方式(文系)215179.86.6
学部個別配点方式(文系型)253216.44.3
学部個別配点方式(理科1科目型)230204.33.6
2018年度全学統一方式(文系)199173.64.9
学部個別配点方式(理科1科目型)226200.43.4

スポーツ健康学部は3倍〜6倍ぐらいが多くなっています。理系型と文系型の方式がありますが、方式による倍率の差は他学部と比べて小さめです。年度別の倍率は比較的安定しています。

 

食マネジメント学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度食マネジメント学科全学統一方式(文系)2161864.7
学部個別配点方式(文系型)234221.12.4
理系型3教科方式189164.63.7
2019年度全学統一方式(文系)210177.95.3
学部個別配点方式(文系型)261219.66
2018年度全学統一方式(文系)195166.25.2
学部個別配点方式(文系型)248227.32.8

食マネジメント学部は2倍〜6倍と年度や方式によって多少の差があるというのがわかります。2020年は多少下がっていますが、2021年度は倍率が上がる可能性もあります。

 

理工学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度数理科学科数学コース全学統一方式(理系)175158.12.9
数理科学科数学コース学部個別配点方式(理科1科目型)205179.53.6
数理科学科数学コース学部個別配点方式(理科2科目型)258266.92
数理科学科データサイエンスコース全学統一方式(理系)160152.92.3
数理科学科データサイエンスコース学部個別配点方式(理科1科目型)195172.83.2
数理科学科データサイエンスコース学部個別配点方式(理科2科目型)265274.61.9
物理科学科全学統一方式(理系)1671672
物理科学科学部個別配点方式(理科1科目型)195200.91.9
物理科学科学部個別配点方式(理科2科目型)260259.32
電気電子工学科全学統一方式(理系)168157.22.5
電気電子工学科学部個別配点方式(理科1科目型)201187.62.6
電気電子工学科学部個別配点方式(理科2科目型)260245.62.3
電子情報工学科全学統一方式(理系)172158.12.8
電子情報工学科学部個別配点方式(理科1科目型)208189.32.9
電子情報工学科学部個別配点方式(理科2科目型)265243.42.5
機械工学科全学統一方式(理系)166161.62.1
機械工学科学部個別配点方式(理科1科目型)195192.32.1
機械工学科学部個別配点方式(理科2科目型)255252.52.2
ロボティクス学科全学統一方式(理系)172159.12.6
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科1科目型)2081902.9
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科2科目型)259246.32.7
環境都市工学科全学統一方式(理系)173161.62.6
環境都市工学科学部個別配点方式(理科1科目型)207187.22.9
環境都市工学科学部個別配点方式(理科2科目型)254256.92
建築都市デザイン学科全学統一方式(理系)1911644.5
建築都市デザイン学科学部個別配点方式(理科1科目型)224192.24.3
建築都市デザイン学科学部個別配点方式(理科2科目型)288257.83.9
2019年度数理学科全学統一方式(理系)185181.72
数理学科学部個別配点方式(理科1科目型)206203.22
数理学科学部個別配点方式(理科2科目型)257268.91.7
物理科学科全学統一方式(理系)182188.91.7
物理科学科学部個別配点方式(理科1科目型)207228.81.5
物理科学科学部個別配点方式(理科2科目型)2532701.6
電気電子工学科全学統一方式(理系)184179.82
電気電子工学科学部個別配点方式(理科1科目型)221214.22.3
電気電子工学科学部個別配点方式(理科2科目型)259256.72
電子情報工学科全学統一方式(理系)1881782.3
電子情報工学科学部個別配点方式(理科1科目型)225212.12.5
電子情報工学科学部個別配点方式(理科2科目型)259260.81.8
機械工学科全学統一方式(理系)196184.92.3
機械工学科学部個別配点方式(理科1科目型)224215.42.2
機械工学科学部個別配点方式(理科2科目型)277263.62.3
ロボティクス学科全学統一方式(理系)193180.42.3
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科1科目型)221209.52.4
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科2科目型)277258.32.3
環境都市工学科全学統一方式(理系)190182.22.2
環境都市工学科学部個別配点方式(理科1科目型)223215.82.2
環境都市工学科学部個別配点方式(理科2科目型)267265.22.1
建築都市デザイン学科全学統一方式(理系)215185.64.3
建築都市デザイン学科学部個別配点方式(理科1科目型)255221.34.5
建築都市デザイン学科学部個別配点方式(理科2科目型)299267.14.4
2018年度数理学科全学統一方式(理系)1542.2
数理学科学部個別配点方式(理科1科目型)1961922.1
数理学科学部個別配点方式(理科2科目型)273273.32
物理科学科全学統一方式(理系)157151.52.2
物理科学科学部個別配点方式(理科1科目型)2152.1
物理科学科学部個別配点方式(理科2科目型)2642.2
電気電子工学科全学統一方式(理系)1642.7
電気電子工学科学部個別配点方式(理科1科目型)2291963.7
電気電子工学科学部個別配点方式(理科2科目型)266258.62.2
電子情報工学科全学統一方式(理系)1642.9
電子情報工学科学部個別配点方式(理科1科目型)2273.9
電子情報工学科学部個別配点方式(理科2科目型)2662.5
機械工学科全学統一方式(理系)174158.42.9
機械工学科学部個別配点方式(理科1科目型)2453.9
機械工学科学部個別配点方式(理科2科目型)2842.3
ロボティクス学科全学統一方式(理系)1702.9
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科1科目型)2323.4
ロボティクス学科学部個別配点方式(理科2科目型)2802.4
環境都市工学科全学統一方式(理系)1642.8
環境都市工学科学部個別配点方式(理科1科目型)2293.6
環境都市工学科学部個別配点方式(理科2科目型)2872.4
建築都市デザイン学科全学統一方式(理系)188157.65.3

理工学部は2020年度では9つのコース・学科に分かれています。全体的には2倍〜3倍ぐらいが多くなっています。特に建築都市デザイン学科の人気の学科となっており、高い年度では5倍まで上がっています。年度別では比較的安定しているのが特徴です。

 

情報理工学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度情報理工学科全学統一方式(理系)166156.52.3
学部個別配点方式(理科1科目型)236194.54.9
2019年度全学統一方式(理系)192176.72.6
学部個別配点方式(理科1科目型)246215.83.8
2018年度全学統一方式(理系)166143.93.9
学部個別配点方式(理科1科目型)240192.45.9

情報理工学部は全学部統一方式は2倍〜3倍学部個別配点方式は4倍〜6倍ぐらいの倍率となっています。年度別で見ても倍率の変化は少なめで安定しています。

 

生命科学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度応用化学科全学統一方式(理系)171161.82.4
応用化学科学部個別配点方式(理科1科目型)194175.12.7
応用化学科学部個別配点方式(理科2科目型)236229.42
生物工学科全学統一方式(理系)162161.72
生物工学科学部個別配点方式(理科1科目型)191176.12.7
生物工学科学部個別配点方式(理科2科目型)230227.21.9
生命情報学科全学統一方式(理系)164153.52.6
生命情報学科学部個別配点方式(理科1科目型)194169.13.2
生命情報学科学部個別配点方式(理科2科目型)2382163
生命医科学科全学統一方式(理系)177161.92.7
生命医科学科学部個別配点方式(理科1科目型)205169.64.8
生命医科学科学部個別配点方式(理科2科目型)232208.63.6
2019年度応用化学科全学統一方式(理系)193185.72.2
応用化学科学部個別配点方式(理科1科目型)215200.32.7
応用化学科学部個別配点方式(理科2科目型)237238.11.9
生物工学科全学統一方式(理系)192182.12.3
生物工学科学部個別配点方式(理科1科目型)217194.43.5
生物工学科学部個別配点方式(理科2科目型)237239.71.9
生命情報学科全学統一方式(理系)185173.42.5
生命情報学科学部個別配点方式(理科1科目型)211185.33.7
生命情報学科学部個別配点方式(理科2科目型)233231.91.8
生命医科学科全学統一方式(理系)194184.52.5
生命医科学科学部個別配点方式(理科1科目型)2141883.9
生命医科学科学部個別配点方式(理科2科目型)243221.52.6
2018年度応用化学科全学統一方式(理系)1601572
応用化学科学部個別配点方式(理科1科目型)203191.52.4
応用化学科学部個別配点方式(理科2科目型)232242.81.5
生物工学科全学統一方式(理系)159153.52.2
生物工学科学部個別配点方式(理科1科目型)2012.9
生物工学科学部個別配点方式(理科2科目型)2342
生命情報学科全学統一方式(理系)153147.42.3
生命情報学科学部個別配点方式(理科1科目型)1932.6
生命情報学科学部個別配点方式(理科2科目型)2231.8
生命医科学科全学統一方式(理系)163153.22.5
生命医科学科学部個別配点方式(理科1科目型)2052.7
生命医科学科学部個別配点方式(理科2科目型)2512.1

生命科学部は応用化学科・生物工学科・生命情報学科・生命医科学科の4学科がありますが、2倍〜4倍程度となっています。その中でも生命医科学科の倍率が比較的高めです。年度別で見ると倍率は安定しています。

 

薬学部の合格最低点・平均点・倍率

年度学科・専攻・学域方式合格最低点受験者平均点倍率
2020年度薬学科薬学方式185168.12.6
薬学科全学統一方式(理系)1981902.1
薬学科学部個別配点方式(理科1科目型)205182.53.1
薬学科学部個別配点方式(理科2科目型)254250.92
創薬科学科薬学方式152159.61.8
創薬科学科全学統一方式(理系)172178.81.8
創薬科学科学部個別配点方式(理科1科目型)182173.82.3
創薬科学科学部個別配点方式(理科2科目型)245241.31.8
2019年度薬学科薬学方式213199.52.3
薬学科全学統一方式(理系)2081922.7
薬学科学部個別配点方式(理科1科目型)220206.42.6
薬学科学部個別配点方式(理科2科目型)270247.53
創薬科学科薬学方式179184.11.7
創薬科学科全学統一方式(理系)178159.32.9
創薬科学科学部個別配点方式(理科1科目型)197185.12.6
創薬科学科学部個別配点方式(理科2科目型)246270.61.2
2018年度薬学科薬学方式212178.54.1
薬学科全学統一方式(理系)192171.22.9
薬学科学部個別配点方式(理科1科目型)212192.73
薬学科学部個別配点方式(理科2科目型)2722383.4
創薬科学科薬学方式166151.82.5
創薬科学科全学統一方式(理系)179163.52.4
創薬科学科学部個別配点方式(理科1科目型)171169.92
創薬科学科学部個別配点方式(理科2科目型)254246.32.2

薬学部は薬学科と創薬科学科の2学科があります。薬学科は2倍〜4倍の倍率、創薬科学科は1倍〜2倍が多くなっています。薬学部のほうが比較的人気となっていますが、他の学部と比較すると倍率は低めです。

 

関連リンク:立命館大学の対策方法

 

他大学の合格最低点

 

立命館大学対策におすすめのコース

アクシブアカデミーでの立命館大学対策にオススメコースを紹介します。「難関私大コース」では基礎から合格できるレベルまで学力を上げることができるコースとなっています。また、各大学に合わせた対策も行っています。気になる方は下記リンクをご確認ください。

▼アクシブアカデミーの教室情報はこちらから