数学のおすすめ参考書

参考書詳細

参考書詳細・使い方・勉強法

『ハッとめざめる確率』(東京出版)

こんな生徒におすすめ

・確率を基礎から学びたい生徒
・確率の解法にいまいちピンときていない生徒

特徴

基礎〜発展まで、確率に特化した問題集

本書は確率を基礎から説明している読み物かつ問題集である。確率の基本的な考え方や、例題を用いた解説、そしてハイレベル演習という演習題まで取り扱っており、基礎から最難関大学レベルまでこれ1冊で対応することが可能だ。確率は多くの受験生が苦手とする分野であるが、本書を学習すれば克服できること必至である。

ユーモアに溢れる親しみやすい解説

擬人化や会話形式の中にみられる冗談など、筆者のユーモア満載の解説は、確率の理解に大いに役立つであろう。ハイレベル演習の解説でさえその形式なので全く飽きない。レベルの割に読み進めやすい1冊である。

確率の問題をビジュアル化

冗談交じりの解説に加えて、イラストや図が多いことも本書の特徴だ。イメージしづらい確率の問題を目に見える形にすることで、ますます理解が深まるだろう。

使い方と注意点

MARCHレベルまでを目指す生徒は第3部までの例題のみ、早慶以上を目指す生徒は全てに取り組もう。
 第3部までに関しては、最初は例題を解いても解かなくても構わない。とにかくしっかり理解しながら読んでいくことが大切だ。ただし、翌日や章を移るタイミングなどに一度解き直して理解度を確認しよう。
 第4部は通常の問題集として、解説を見ずに自力でじっくり取り組む。考えてもわからなければ第3部までを見返し、それでもわからなければ解説を見て丁寧に学習しよう。

データ

No

21040

科目

数学

タイプ

問題集

レベル

2次● 68-100
(例題のみ68-80)

目安時間

例題 63題×25分
演習題 15題×30分

1周突破時間

標35h(例題30h) 
速30h(例題25h)
 遅40h(例題35h)

最低周回数

1

 
数学のおすすめ参考書の参考書一覧を見る