アクシブアカデミー神戸三宮校

ブログ

高2生の受験勉強はいつから?<神戸三宮校>

こんにちは

アクシブアカデミー神戸三宮校の朝倉です。

開校して10日近くたちました。

3生高2生とも通ってもらっており、

講師たちも日々研修したり生徒フォローしたりと

少しずつ活気が出てきました。

今日のブログは高2生向けに書きたいと思います。

 

2生は今から受験勉強を始めることが得策!

2生は部活も忙しくなり、定期テストもありなどでなかなか受験勉強できる時間を取れないかとは思いますが

そこがチャンスになっています。

多くの生徒がそのように受験勉強ができないと嘆いているところですので、

そこで意識してやりさえすれば一気に差が付けられますし、

偏差値も1020上がることも非常に多いです!

 

また、理科社会などの偏差値を模試で上げることは非常に簡単ですので、

そのあたりを意識していくなども重要だと思っています。

時間を捻出しようとすると意外にできるものですので

しっかり捻出して勉強を進めてみましょう!

 

2のうちには何を重視していければいいのか

関西の高校生で高2から受験勉強意識しようという生徒は

国公立を目指したいと考えているケースが多いかと思います。

東京に目を向けて早慶を志望している生徒や関関同立を志望している生徒もたくさんいると思います。

その中で高2のうちに何をやっておかなければならないかというと

やっぱり英語です。それも英語のインプットです。

 

単語、熟語、文法、語法などしっかりインプットすることが大切です。インプットには数ヶ月どうしてもかかってしまいます。

3から勉強しようとすると夏ぐらいまではインプットに時間がかかってしまいます。そうすると模試での偏差値はなかなか高まらず勉強しているのに成果出ないなーと落ち込んでしまう生徒が多いです。

 

インプットやってるだけでは成果はでませんので、そこは割り切るしかないんですが、

2のうちからインプットをしっかりやって、高3の春から英語は演習中心でインプットは復習にするということであれば英語力はどんどん高まってきて、偏差値もぐんぐん伸びます。

英語は時間がかかる科目なので理系・文系ともにしっかり高2の間にインプットをやってほしいなと思っています。

 

2でやっておきたい英語以外の科目

私立・国公立で大きく違います。

まず理系、文系関わらず国公立志望であれば数学を進めないといけないです。

数学はどうしても時間がかかってしまい、勉強時間を取られてしまいますので、

英語の次に非常に大事です。

 

ただ、参考書をやれれば理想ですがそうでない場合は学校の授業に沿ってしっかり復習しておくことが大事です。

4STEPやクリアーなどの傍用問題集が学校の授業や定期テストで出てくると思いますので、それを完璧やりきるように学校で進んだところまでを確実こなすことを意識しましょう。

傍用問題集は解説がそこまで丁寧ではないので、

すごくおススメの教材・参考書かというと少し違いますが、

学校の先生などに質問もしやすく、定期テスト対策になるということで

受験勉強を別で時間取るのが難しいということであれば

傍用問題集をしっかりやりきることが大事です。

 

アクシブでも高1や高2の間では学校の数学の授業時間数に合わせて

どれだけ復習しようなどを決めて進めています。

今やっているところを確実に理解していき、長期休暇の間に前年度の数1Aや苦手な範囲を克服するようにしましょう。

レベル的には高いレベルというよりも受験基礎レベルまで高めてほしいと思うので、

少なくとも傍用問題集のA問題などは理解できるようにしてもらえればと思います。

 

私立の理系については基本的には上記の数学がメイン

可能であれば理科の1科目をやりたいところですが

英語や数学をやるということであるとなかなかやりきれないと思いますので、

学校の定期テストで理科をその範囲までマスターして、模試ごとに復習するというのがいいでしょう。

ですので、まずは英語と数学をメインに進めていきましょう。

私立文系は社会もやりましょう!

英語と社会をやるのが大切です。

社会は高210or11月の進研模試から科目として登場するので、

このタイミングで対策をしっかりすると偏差値60以上を取ることも難しいことではありません。

 

進研模試の範囲は学校で進んでいる範囲より前の範囲になりますので、

きちんと把握して、今までやったことをしっかり復習してもらえればと思います。

もし、日本史や世界史を高2になってからあまりやっていなかったり、

定期テストで一夜漬けをして全然覚えてないということでしたら

この進研模試でしっかり復習していきましょう。

 

ここで復習をしっかりやりきれば、

模試ごとに復習するということが容易になり

高い偏差値を維持することができるでしょう。

 

また、古文ももし可能でしたら進めてほしいと思います。

古文の単語や文法を覚えておくだけで

模試での点数アップも期待できますし、

何より学校の授業が意味のあるものになります。

 

単語や文法が入っていなければ学校の授業の効果が半減してしまうので、

こちらも英語同様にインプットを早い段階で進めてもらえれればと思います。

 

高2から受験勉強して国公立や関関同立は十分いける!

高2生について色々書いてきましたが、

高2は偏差値を上げるボーナス期間です。

受験は競争ですので、

周りがやっていないときにやればごぼう抜きできます。

ぜひ、高2の秋のタイミングから受験勉強してもらえればと思います。

何をしないといけないかがわからないということであれば、

無料受験相談にお越しいただければ個別にお伝えいたします。

ぜひ、お越しください!

大学受験の受験相談はこちら

来校しての受験相談は下記をクリック

大学受験の塾ならアクシブアカデミー

会社名 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
TEL 0120-542-250
URL  https://axivacademy.com/
教室