優秀なパーソナルトレーナー陣

あなたを合格に導くトレーナー

生徒と毎週面談・授業をするパーソナルトレーナーは難関大学に合格した現役学生トレーナーです。難関大学に合格した経験を持ち、アクシブの教務ノウハウを学べばプロ講師に負けない指導・アドバイスができます。進路やカリキュラムはプロコーチが担当しますが、過去問や勉強内容の指導や、日々の細かい計画は、アクシブのノウハウをしっかり学び、生徒と年の近い学生講師の方がより良い指導ができるとアクシブアカデミーは考えています。

先生ではなく伴走者

先生と生徒という上下関係ではなく、志望校合格までの道のりを一緒に歩む伴走者として関わっていくことを大事にしています。

合格までの道のりは簡単ではありませんので、1人で歩むのは非常に大変です。伴走者としてパーソナルトレーナーがいることで確実に前に進め、効率よく最短ルートで進んでいくことが可能です。

科目のことだけでなく、受験期の心境までアドバイス

教務ノウハウを学んだトレーナーは科目指導はきちんとできます。それ以上に受験期の心境や勉強のモチベーション維持の方法などを経験からしっかりアドバイスします。年が近い先輩だからこそ、プロ講師とは違ったアドバイスが生徒には好評をいただいています。

30時間以上の研修をしてから指導開始

学生講師は指導ノウハウはプロ講師にはかなわないかもしれません。だからこそ、アクシブのトレーナーは生徒の指導をする前に教務ノウハウや生徒との接し方、スケジュールの立て方などをみっちり30時間以上研修を実施します。

そうすることで、新人講師でも指導がきちんとできるようにしています。研修もなしで面談・授業を進める塾も多いようですが、大学受験の対応はそのようなやり方ではできませんので、しっかりとした研修制度を実施しております。

担任コーチと情報共有するから的確なアドバイスが可能

生徒一人ひとりにはトレーナー以外にプロの担任コーチがついております。カリキュラムなどはトレーナーとコーチとが相談しながら、一人ひとりに合わせたアドバイスを実施していきます。トレーナー1人の意見ではなく、トレーナー・コーチがタッグを組んで確実に成果をだすためのサポートをしていきます。

トレーナーの担当生徒は平均4〜5人なので一人ひとりを細かくサポート

トレーナーが10人も20人も担当していると一人ひとりのサポートが薄くなってしまいます。アクシブではトレーナーの担当生徒は4~5人なので、一人ひとりを細かくサポート可能です。担当生徒が多すぎないことで、生徒一人ひとりの状況をしっかり把握して、プロコーチと相談できるため確実に成果を上げる指導ができるようになります。